不登校後の、初登校

ぼんちゃん、1時間だけですが、登校し始めました。
この2年半頑なに「学校へはもう行かない」と言っていた子が、学校へ用事があっても絶対に車から降りなかった子が、自ら歩いて登校し始めたのです。
なんだか泣けてきちゃうなぁ。

登校に至るまでには、ギリシア神話講座の先生を始め、何かと顔を出してくれていた担任の先生や、ぼんちゃんが勉強をしたい!と目覚めた時からそれに付き合い伴走をしている夫など、たくさんの人たちの協力がありました。
また、担任の先生がかつて仲の良かった友達だけにぼんちゃんがまた登校することを話し、それにより、先週のお休みの日に彼が家を訪ねてきてくれました。
すっかり声変わりをした二人。
学校の近況など、いろんなことを教えてくれたようです。

今のところ算数の授業だけを受けているぼんちゃんですが、自宅で6年生までの算数の基礎は終えているので、皆無邪気に「学校に来てなかったのに何で解けるんだよ!?」と驚いてくれたようです。
また、担任の先生の算数の授業のテンポが良いようでした。
「このまま速く進んでくれたら最高なんだけどなぁ」
なんて言ったりして。
この調子(ヤル気)で今後も先取りをしていけたら良いのですけど…

今後学校で学ぶ時間が増えていくのかこのままなのかはわかりませんが、今はそっと応援をしてあげていきたいなと思っています。

f0364728_23310706.jpg

不登校後の初登校のあとは、お蕎麦屋さんへ。
緊張の初日でしたし、その後興奮気味に話していたからか、お蕎麦屋さんでは疲れがどっと出ていたようでした。
2日目の今日はあっさりしたもので、帰宅後お昼を食べたあとは普段通りに自主学習を進め、随分逞しくなったものだなと思いました😊

[PR]
by icecream07 | 2018-11-28 23:03 | 登校-不登校

フリースクール卒業

今日は、先日間違えたギリシア神話の講座を無事受講できました。
新幹線→JR→地下鉄を乗り継ぎ会場まで行くのですが、毎回私だとJR→地下鉄で迷うのに、ぼんちゃんは迷わず移動できるようになっており、ホッとしています。親子で方向オンチだと思っていましたが、退化しつつある私とは違い、ぼんちゃんは(方向オンチではあると思うのですが)まだまだ記憶力も良く、羨ましいです。

フリースクールのその後ですが、いろいろ先生ともお話した結果、今月で退所し、少しずつ小学校へ戻る準備をすることになりました。
不登校から入院、そしてそこからのフリースクールと、ぼんちゃんがゆっくりと休める場を提供して下さった事は本当に感謝しています。
しかし、卒業の時が来たということですね。。
また、ぼんちゃんも夏すぎからぐんと成長し、身長が伸びて私と同じくらいになったり、声変わりをしたり、まさに体も心も思春期突入で、スクールのスタッフさんたちの何気ない一言が気になったり、ぼんちゃん自身不機嫌な態度を取ることもあったりと(自宅でもそうですが)、当然ながら"ザ・優等生"ではなかった事は確かです。そんな状況の中、ぼんちゃんは同年齢の子たちからありがたいことに慕われ、それによりスタッフさんの他の子供たちへの指導が難しくなってしまったようなのです。と言っても、ぼんちゃん自身がリーダーになりたいと望んでいたわけではなく、それにまだまだ皆を引っ張っていくには幼い部分(不機嫌を表に出してしまったり)が多々あって、こうした結果になってしまいました。
フリースクール最後の日があまりにも突然で寂しくもあるのですが、本人も反省しているし、何より(誤解なのか何なのか判然としないままですが)ぼんちゃんが傷ついていたので、今はこの道が吉と進んでみようと思っています。

同時に新たな一歩もあり、なんと今週から1時間、小学校の授業を受ける事になりました。
先週担任の先生が来てくれた時も算数のわからなかった箇所を質問し、担任も快くじっくりと教えてくれました。
しかし、先生が帰られたあと、ぼんちゃんは「お腹が痛い…」とトイレに行き、吐き気もすると。
どうやら、急に不安に襲われたようです。
果たして無事登校できるのか…
私たちも心配しているのですが、今のところ本人が挑戦してみたいと言っているので、可能な限りサポートしていきたいと思います。
f0364728_16344438.jpg

昨日は夫の誕生日&結婚記念日でした。
しかし、夫はLiveに行き不在。
仕事の打ち上げを兼ねて、ぼんちゃんと二人で居酒屋で乾杯しました。
(奇妙な親子と思われたに違いない💦)

[PR]
by icecream07 | 2018-11-26 15:39 | 登校-不登校

障害がある子もない子も、全ての子供が(望めば)適切な配慮のもと、通常学級で学ぶ機会を得られる、という、2010年に文科省が方向性を示した教育理念。
日本にはギフテッドという概念はないので、そのような子供たちもそこに含まれるのだと思います。


適切な配慮、これは昨年施行された障害者差別解消法において、現場(学校)にもやっと「困難を抱える子供たちが無理なく教育を受けられるように配慮しましょう」ということが義務付けられました。
また、今年2月施行の教育機会確保法により、ホームスクールは認められなかったものの、従来の”学校復帰が大前提であった不登校対策”が、フリースクールなどでの多様な学び方が認められ、今に至ります。
(これは加計問題で一躍有名となった前川元事務次官の功績でありましょう)

というわけで、表面上、今の日本には、

どの子供たちも適切な配慮のもと、等しく学ぶ機会がある

わけです。

しかし、現実問題として、現場の先生方の理解(勉強)不足や、その原因でもあるような気がする先生方の負担を考えると、インクルーシブ教育は実現可能なのか?とすら思います。

ぼんちゃんの小学校の場合、ディスレクシアの正式な診断書を持っていたのはぼんちゃんだけだったのと、通級指導の先生が熱心な方だったので、比較的簡単にiPadの使用などが認められました。
しかし、その活用法については通常学級の先生はわからず(当然ですが)、週1時間の通級指導の時間に、先生と私とぼんちゃんで活用法を探る、という結果でした。
そして、ぼんちゃんの不登校、熱心な通級指導の先生の異動などがあり、結局今は学校とフリースクールの間にソーシャルワーカーさんが入って下さって、一応の籍は小学校にある、という状態です。

ところで、義務教育の間は2回ほど知能検査を受ける機会があると思います。
ぼんちゃんも2年生か3年生の時に受けた記憶があります。
その結果が良かったので、当時の担任の先生が驚いて、私に報告してくれました。

ぼんちゃんは、ポテンシャルはあるのだと思います。
しかし、通常の学び方ではうまくいきません。
現場も困惑、私たち親も困惑、病院は頼りにならず。
そして、文科省の素晴らしい”インクルーシブ教育理念”も今のところ、うちの場合は頼りになっていません。
…一応、いろんな配慮をしてくれたのですが。

となると、インクルーシブ教育を提唱するならば、やはり具体的に個々の子供たちの状態を知るということは教育上必須となるのではないか、と私は思うのですが、それって差別的行為なんでしょうかね…

なんてことを思いました。

[PR]
by icecream07 | 2017-09-01 08:43 | 登校-不登校

洞察力

フリースクールでの面談後、ソーシャルワーカーさんとスクールカウンセラーさんが小学校の先生方にぼんちゃんの様子をお話して下さいました。

校長先生
教頭
担任
養護教諭
通級指導の先生

たくさんの先生方がお話を聞いてくださったようです。
というのも、ぼんちゃんの小学校では今のフリースクールに通っているのはぼんちゃんが初、そして、間にソーシャルワーカーさんが入るのも初!とのことで。

ソーシャルワーカーさんは30代前半の男性です。
彼はぼんちゃんの好きなアーティストを学生時代に好きだったようで、ぼんちゃんがそのジャンルの音楽にとても詳しいので感心(というか尊敬というか)してくれており、「子供だからって舐めんなよ」というようなことを丁寧に小学校の先生にお話してくれたようです。

ぼんちゃんは10歳ですが、以前も書いたように人の内面を読み取る力があり、それに対してものすごく正直です。
たとえば、今年赴任してきた養護教諭。
一見気さくで優しそうなんですが、ぼんちゃんは
「あの人、(善人の)仮面がズレちゃってて、中身が丸見えで苦手」
と、ソーシャルワーカーさんに話していたようです。
確かに、実はプライドが高そうで、怒鳴りはしませんが自分の意見に賛同しないとカッとなるところがあり、私も内心面倒だなぁと思っていました。。

そして…なんとソーシャルワーカーさん、それをそのまま先生方にお伝えしたようで。
「ぼん君はまだ子供ですけど、大人と同じようによく見ているし、アスペルガーという診断はおりていますが、教科書通りのそれではないので、ぼん君自身をみてあげて下さい」
とも。

なぜかわからないのですが、4年生の時の担任に対するぼんちゃんの非難も学校の先生方は”私の意見”だと思っていたようなのですよね。
「お母さんがそう言ってるだけだろう」
と。
ですので、ソーシャルワーカーさんは思い切って”ぼんちゃんは本質を見抜いていますよ”とお伝え下さったのでしょう。

これから養護教諭に会いづらくなった私ですが、そうでもしないと伝わらない事実だから仕方ないですよね。
(でも。どうしよう😂)

子供騙しのような手はぼんちゃんには通じません。
その代わり、人間として尊敬できる先生に出会った時は急激に良い方向へと突き進んでいきます。
O先生然り。
今ぼんちゃんに会わせたい古代ギリシャ・ローマ時代の専門の先生がいます。
もう少ししたら、その先生の講義も申し込んでみようと思います。



[PR]
by icecream07 | 2017-07-21 14:15 | 登校-不登校

今日、ぼんちゃんは3・4時間目と給食まで学校で過ごしました。
今算数は図形の授業なのですが、ぼんちゃんは図形問題が大好きなので(と、最近話してくれました)自ら授業に出席したいと!
3時間目の算数で楽しく過ごせたので、4時間目も。
そして、給食まで食べてきました。
友達とも何事もなかったかのように仲良く話していたらしく、それはそれで私も嬉しいです。

無理して学校に行く必要はありませんが、楽しいならば何よりです。

フリースクールに通うようになってから安定して塾にも通えており、更には図形問題が大好きだなんて!
本当に、今まで「勉強大嫌い」だったんですよ。

たぶん、毎日学校に通うという感じにはすぐにはならないだろうし、この先もならないかもしれませんが…
ぼんちゃんがぼんちゃんらしく、生き生きとしてくれていたらいいなぁと願うばかり。

明日は、NZの元中学教師の方とランチをします。
ディスレクシアとギフテッドプログラムについてお話して下さるようです。
今からとても楽しみです😊



[PR]
by icecream07 | 2017-06-14 23:22 | 登校-不登校

フリースクール!

先週の金曜日からフリースクールに通い始めたぼんちゃん。
初日は私の送り迎えで行ったのですが、月曜日の今日は一人で電車に乗って通うことができました。
いきなり一人じゃ心配かなぁとも思いましたが、それもまた練習と。
また、本人がスクールに行くのをとても楽しみにしていて、一人で通うことにも抵抗ないようでした。

環境が適しているとここまで変わるんですね。
(まだわからないですが…💦)

今日は疲れ切って帰宅しましたが、明日も行くのが楽しみだということなので、やはり手続きをして良かったです。

それにしても、保育園・幼稚園・小学校と通ってきて、

「月曜日が楽しみだー!」

なんて、初めて聞きました。
登園・登校渋りがない日でも、朝や日曜の夜は鬱々としていましたから。。

しばらくはフリースクールに通ってもいいかな…なんて考えてしまいます。
今年は担任の先生が熱心で優しくて、お休みの日までぼんちゃんに会いにきてくれます。
悩むところですが、学校自体元々合っていたわけではないので、まずはぼんちゃんファースト!で、生き生きと活動できる場を選びたいと思います。



[PR]
by icecream07 | 2017-04-24 22:36 | 登校-不登校

生きやすい場所へ

ぼんちゃんのフリースクールの(とても面倒な)手続きも終わりに近づき、早ければ来週から通う練習が始まります。
ソーシャルワーカーさんとの面談もあったのですが、超人的読み取り能力をお持ちの方で、私の拙い言葉から的確にぼんちゃんの状態を理解してくれて、良き理解者を得られたことに感激しています。
また、私たちの住む地域の学校の先生方のLD含む発達障害への理解がほとんど進んでいないこと・フリースクールに通う子供たちの担当ソーシャルワーカーさんたちが門前払いであることも知り、担任と通級指導の先生(この春異動となってしまいました)と最後の面談時に私が渡した資料をもとに話そうとした際、担任からそれを遮られたということも納得したのでありました…

私も少し前までは学校に通った方が良いのかと悩んでいましたが、フリースクール見学後の今ではすっきりサッパリその思いもなくなり、ぼんちゃんの生きやすい場所へ通えばいい!と考えが変わりました。

型にはまった勉強は相変わらず嫌いです。
週に一度の塾に行くのも嫌がる日があるのですが、それでも先週は算数の小テストで満点を取ってきました!
元通級指導の先生の
「私がこんなこと言っちゃいけないんだけど、ぼん君にとって学校って意味があるのかな〜って思うときがあって。」
という言葉を思い出します。
もちろん、学校は勉強だけでなく社会性を学ぶ場でもあると思うのですが、それならばフリースクールで十分学べそうです。

”生きやすい場所”というのはぼんちゃんの親である私自身も長年悩み続けてきたことなので、最終的にそんな場所をぼんちゃんが自身で見つけていける力を養うことも大切なのかもしれないと思っています。

私にとっての自分が自分でいられる場所というのは、無理して誰かに迎合したり(我儘という意味ではなく、自分の意志を持つこと)、人間関係において苦手な策略を練る必要もなく、ただただ自分に嘘をつかず意志のままに生きることだと思っています。
当然のことのように思うかもしれませんが、あからさまにそれらを表明する必要はなく、一個の人間としての他者がいて自分がいる、それを念頭に、たとえ笑われても滑稽でも強い意志のもとで一度きりの人生を生き抜くのが私にとっては生きやすいようです。

今流行りの「忖度」「人間関係においての策略」というのが昔から大嫌いで、やはりNOと言うべきことははっきりNOと言いたい、などという事案があったので、ついそんなことを書いてしまいました。

ともあれ、ぼんちゃんも自分が大切にしていることは大切に、失敗をおそれず強い意志で突き進んでいってほしいものです。

[PR]
by icecream07 | 2017-04-17 09:30 | 登校-不登校

どうも同時に多数のことをこなすことに困難が有るようで>私💦

前回の日記のお返事もできておらず、すみません〜!

ぼんちゃんは元気です。
学校に行かず元気にしているとのことで、あっさり投薬だけでなく診察も打ち切りとなったぼんちゃんです。

学校にフィットさせるためだけの診察や投薬だったの??
教育委員会に訴えて学校を変えていくのもお母さんの仕事だと。
どれだけ頑張ればいいのよ〜
しかも、専門家の後ろ盾無しに!
そもそも、現場でたくさんの迷える子供たちを診ていながら、そうした適切な対処・支援の研究を進めていないor教育者向けに発表しないなんてラベリングの意味がないんじゃ?
と、疑問だらけ。

これからどうするか悩んでいるうちに時間だけが過ぎていきます。

ひとまず仕事等が落ち着いたら、またゆっくりお返事や日記を書きたいと思います!

[PR]
by icecream07 | 2017-02-05 12:28 | 登校-不登校

登校やめました

いろいろ悩んだ末、ぼんちゃんは親公認の(?)不登校児となりました。
担任は一生懸命理解しようとしてくれてはいますが、やはり現段階では全くぼんちゃんと合わず、先週も教室まで辿り着けなかったぼんちゃんに、
「このままだとまた入院になっちゃうのよ。わかる?」
などと言うので、私はヒヤヒヤしていました😱
(心配しての言葉なんでしょうけれど、なぜかいつもぼんちゃんが一番言われたくない言葉を掛けてくるのです…)
また、ぼんちゃんではありませんが、ある特定の児童を罰として机ごと廊下に出して叱っているようで(既に2回も)、ぼんちゃんはそれにも恐れおののいていました。

誰にも非難されず家にいることを許されたぼんちゃんは上機嫌です。

将棋を指し、
ゲームをやり、
音楽を聴いて、
ニュースをチェックし、
散歩をし、
将棋を指し、
ゲームをやり、
huluを視聴し、

というような一日。
私は暇ながらも仕事はあるため、常に相手ができるわけではありませんが、楽しそうです。

ところで、凸支援も必要だなんて書いたわけですが、ぼんちゃんの凸って一体なんだっけ?と、悩んだ私。
そんな時にrobo君ママさんにいただいたお返事を読み、ああ!その通りなのかもしれない!と励まされました。
それは、知的探究心。
テーマに一貫性がないため、なぜこんなに興味があっちゃこっちゃいってしまうんだろう!と心配していたのですが、それだけ様々なことに刺激を受けているのだろうと思いましたし、タイミングに合わせてそれらを深く掘り下げてあげることも彼にとっては刺激になるかもしれないなと思いました。

今日は病院だったので、主治医に当分学校を休む旨を伝えました。
主治医は僕の意向とは異なると。
そこで勇気を出して、
「登校しようとすると不調になってしまうのは発達障害の問題だけでなくギフテッドでもあることによる複合的な問題なのではないでしょうか?」
と聞いてみました。
すると、主治医は
「知的に高い発達障害の子の大半はそうだよ」
と。
しかし、
「文科相からインクルーシブ教育(通常級において一人一人のニーズに合わせた教育)の通達が出たばかりだから、僕は専門家もいないのにそれは不可能だろうと思っているけど、なんとか今の学校とうまくやっていかないとこの先も通えなくなるんじゃない?」
というようなことを仰っていました。
なんだか矛盾しているような気がしますが😓
とりあえず主治医も「校長含め指導法が良くないから教育委員会に言いなよ」と言っていましたが、いきなりこんな話をしても理解されるわけがないので、少しずつお話していこうかなと思っているところです。

[PR]
by icecream07 | 2017-01-17 20:19 | 登校-不登校

今日は登校はしたけど、授業は受けられず帰ってきました。

昨日はテストを受けてきて、2時間で帰宅。
手応えを感じられたようで上機嫌でした。
そして、夕方から塾。
今朝も「友達と遊ぶ約束をして帰ってくるかも」と言っていたのに、登校中突然「行きたくない…」と足が止まってしまいました。

勉強勉強勉強…で疲れた

と、本人は言っています。
が、今宿題は本読み以外ほぼゼロ、冬休みは2学期までの復習プリントを一日2枚だけ(それで冬休みが台無しになった!と)。

多分、コツコツ勉強するのが向いてないのでしょう。
あと、報酬(テスト結果など)が早く欲しい人。
別に100点じゃなくても良いのです。
私の予想するところ、80点程度なら「さぁ次行こう!」という感じです。
ゲームと同じ。
すぐに結果が欲しい。
毎日の授業が退屈で仕方ない。
でも見直しも嫌。

あー困った。

お父さんは体育会系の人なので、根性論で攻めてきます。
不登校などもってのほか。
将来を憂う気持ちはよくわかるのですが、自分と他人は別人である、ということがわからないのかしら。

どちらもカーッとするところはよく似ています。
せめて大人であるお父さんは怒らず冷静に話をして欲しいです~_~;


[PR]
by icecream07 | 2017-01-13 09:02 | 登校-不登校