偏食について

夏休みですが…

ぼんちゃんはスクールだし、
夫は仕事。

私もなんだかんだと雑用があり(そのほかにもいろいろと)、結局慌ただしく過ごしています。

昨日は夫とランチの時間がタイミング良く合ったので、久しぶりに行きたかった食堂へ行けました。

メニューは、
ズッキーニとナスのキッシュ
自家製マヨネーズのマカロニサラダ
ナスの煮浸し
自家製ピクルス
玉ねぎと人参のスープ
雑穀米

いつも食べたいなぁと思ってメニューを眺めている食堂。
ぼんちゃんが野菜や酢を使用した料理をほとんど食べられないため、一緒に訪ねることができず、お預けとなっていたのです。
ただ、ぼんちゃんの場合は味そのものも大事なんですが、お店の雰囲気や料理に寄せる期待によっては食べられることもあり、ぼんちゃん自身の狭い範囲での理想がある(高い)んだろうな〜とも思ったりしています(-_-;)

毎日のお弁当も、食事の支度も一苦労です。
白米に発芽玄米を混ぜて炊いたら、大泣きしてしまったり。

白米の話で思い出しましたが、父も白米しか食べられず、戦後日本が貧しい時代、元海軍兵士であった祖父が上官のお宅を訪ねた際、晩ご飯を食べて行きなさいと誘って下さり、祖父は「もし白米じゃなかったら息子が食べられない。しかし、そんな失礼なことは上官には絶対に言えない!」と、青ざめたことがあったそうです。
(当時のことを考えると、実家は田舎にあるとはいえ、農家ではなかったため、白米を用意するのも大変だっただろうなぁと思います)
幸い、上官のお宅で白米を出してくださって事なきを得たそうですが、時に子供が偏食(嗅覚・味覚過敏などにより)であると、どう説明してよいか悩む場面もあります。

私も、仲良くしていただいているお鮨屋さんからお誘いを受けたことがあり、どう説明しようか?と悩んだことがあります。
仕事がきっかけでお知り合いになった方で、ぼんちゃんが産まれた時もお祝いをいただいていたので、いつかは連れてご挨拶に…と思いながらも、延ばし延ばしとなっていました。
ご近所のお鮨屋さんなら良いのですが、予約を取ることも難しいお店で、お客さんも一流…かどうかは知りませんが、私たちにはかなり敷居が高いお店。
そんな場所で、
「食べられないです」
なんてことになったら恐ろしい!と、躊躇していました。

しかし、いざ訪ねてみると、
「子供の頃から酢が旨い旨いと言って食う奴はほとんどいない」
やら、
「食べられそうならコハダを握ってみるよ」
と、声をかけてくれて、ぼんちゃんもリラックスしたようで、かなり酢の効いた酢飯もコハダも「おいしい!」と、目を丸くして、驚きながら頬張っていました。
また、ぼんちゃんはイクラが大好きなのですが、
「お母さん、もらっていい?」
と、私のイクラに手を出そうとしたら、
「それはお母さんに握ったイクラだからダメ!」
とピシッと注意して下さって、ぼんちゃんは「しまった!」とバツの悪そうな顔をしていたのですが、そのあとなんと、3〜4回もぼんちゃんのためにイクラを握ってくれたのです。
「食べたかったら、ちゃんと自分で言うんだよ。握ってやるから」
と。

こんな有難い経験のおかげで、ぼんちゃんの世界が少し広がりました☺️
食べられないことは、時として自分がつらいだけではなく、罪悪感に苛まれ、パニック発作の予期不安のようにその場を避ける傾向にあるのでは…とも思います。
挑戦を恐れないよう温かく見守って下さったお鮨屋さんには感謝しきりです。

まだまだぼんちゃんには食べられないものが多いのですが、少しずつ良い体験を重ね、食の世界にも広がりがあるといいなと思いました。

***


f0364728_13241766.jpg

友人からのプレゼント。
フランス製のカゴをいただきました。
スワッグなどを入れて飾っています。

[PR]
# by icecream07 | 2017-08-22 13:13 | その他

お返事


私が指摘したのは、

公の場での他者(他国)に対しての侮辱/差別行為はいかなる場合であろうと駄目だ

ということです。

自身の思い通りにならないからと言って、相手(国)に負の烙印を押すのは当然なことなのでしょうか。

もし私がイギリスのEU離脱について専門に調べており、メルケル首相及びドイツ政府が冷徹であると結果的に考えたとしても、ナチスを持ち出すことはないでしょう。

なぜなら、それだけナイーブ(注・カタカナ語)な問題だからです。

長くお返事を書いて下さったのに恐縮ですが、論点がずれていたように思いましたので、再度書かせていただきました。

***

もう一点。

私も一個の人間です。
あーちゃんママさんとは長年仲良くさせていただいていますが、

信者

ではありませんので、そろそろ私のことも対等な立場でみていただきたいものです。

私があなたを差別主義者であると感じるのは、賛同者以外に対し、蔑みの言葉を当たり前のように使用するからです。

今一度、ご自身の書いた文章を読み返してみて下さい。


[PR]
# by icecream07 | 2017-08-17 21:52 | その他

ぼんちゃんの話とはズレるのですが…

先日(昨夜、か)、NHKスペシャルで731部隊について踏み込んだ取材番組が放映されました。
私はまだ見ていないのですが、録画できたので、見るのが今から楽しみです。
楽しみというと語弊がありますが、人間の良心についてとても興味があるため、なぜあのようなことが起こり得たのか、知りたいという欲求が強いのです。

8月は戦争を振り返る季節…そんな番組も多く放映されていますね。
ちょうど先週、これまたNHK BSでミルグラム実験についての番組が放映されていたので、こちらもまた見たばかり。

とあるブログを読んでいたら、

「現ドイツ政府・メルケル首相がナチスドイツにそっくりである」


というような、レイシストさながらの発言をよみ、心底驚いてしまいました。


これ、日本で言うならば、


「さすが、かつて人間を『丸太』と呼び、様々な人体実験の”道具”とした、サディステックな国民性」


ってことと同義ですよね?


個人的には、イギリスの国民投票でBREXITが選択された事実をみるに、ドイツのメルケル首相が「今まで通り(EUは離脱するが、関税同盟など単一市場の享受は継続)などという虫の良い話はない」というのは至極当然のように思うのです。


それをあたかも


現ドイツ(政府)がいまだナチスドイツの影を引きずっているような、読者に偏った情報を与えていることに、私は思わず呆れてしまいました。


その批判の仕方について、私は呆れたのです。


自分の意に沿わないゆえに、政府・国民単位で批判するその姿勢。

ナチスドイツとの決別を厳しく取り締まり、反省を続けるドイツ国民全体への最大の差別&侮辱発言。


そんな差別発言をなんの躊躇もなく公開できる神経は、正直理解しかねます。


私はイギリスのEU離脱も本当に残念に思っており、現実的なメルケル首相の発言に関しては心の底から、


当たり前!


という思いが強いです。


こうした問題は私情と切り離して考えるべきです。

何もかもが自分の希望する通りにはならないのだから。

その鬱憤を晴らすために、それを一括りにナチスドイツと絡めて”国民性などと形容すべきではないですね。


事実は事実ですが、原因は別の(イギリス国民の)部分にあるのです。


…正直、そんな差別主義者によるギフテッド論は恐怖でしかありません。

人間は肌の色や国籍や、過去の国の過ちから判断されるべきではありません。

今どうであるか、が、重要だと思うのです。


今眼前にいる子供に必要なことは何なのか


それを考えることは果たして差別となるのでしょうか。


ちょっと考えれば、理解できることではないかと思います。


[PR]
# by icecream07 | 2017-08-14 22:52 | その他

東京日帰り旅行

全く寒暖の差についていけず(主に室内の)、このまま平均気温が年々上がっていくとしたら、、、と、今から戦々恐々です。
気圧にも弱いので、天気(異常気象)に命を奪われそう!
ところで、これってどうなんでしょう。
あーちゃんママさんはお読みになったのかしら…
私の英語力ではトンデモ本の類かどうかもわからないのですが、私もぼんちゃんも神経系はじめ諸々弱く、とても気になりました。

****

先日東京へ行ってきました。
姪っ子ちゃんが英語の夏期プログラムに参加していて、姉が仕事だったので、そのお迎えと、姉の仕事が終わるまで一緒に遊んでいるというシッター係です。
シッター係は正味3時間でしたので、その前にぼんちゃんも大好きな友人とランチ&お茶✨
そして、最後はぼんちゃん希望の猫カフェへ。

おかしかったのが、表参道を歩いていたら、首から

「結婚相手募集」

と下げている人が立っており、ぼんちゃんがすかさず

「恋のヒッチハイクだね!」

と(笑)

恋もしたことないだろうに、おっかしー🤣
ぼんちゃんの言語センスって、なんだか私は好きです。
曲でも書いてみたらいいのに(笑)

姪っ子かーこちゃんと合流してからは終始お兄さんをしてくれて、まだ4才のかーこちゃんが
「かーこはね、ぼんお兄ちゃんが大好きなの」
と話してくれたりして。
多感な年頃のぼんちゃんは本当に嫌そうな顔をしていましたが。

その後は姉と京橋にあるLAVAROCKというお店で合流。
溶岩石で肉・魚・野菜などをグリルしてくれるお店で、とてもおいしかったです。

f0364728_01110823.jpg

姉のお誕生日だったので、一緒にお祝いもできて、楽しく充実した一日となりました。

そうそう、紳士なぼんちゃん。
姉がお店でイアリングを片方落としてしまったらしく、ビルの出口で気づいて焦っていると、
「僕が聞いてくるよ!」
と、お店のスタッフさんに聞いて、探し出してきてくれました。

また、姉のお誕生日ということで、サプライズのデザートプレートを提案してくれたのもぼんちゃんです。
そんな話を自宅でしていた際に、現実的な夫が、
「欲しいものじゃなかった場合嬉しくないだろうから、本人に聞いたら?」
などと言って、ぼんちゃんから
「サプライズの意味がわかってないねー」
と注意されてました(笑)

(そう。結婚以来サプライズプレゼントは一切なし。つまらない〜)

ぼんちゃんは太っているし、お顔もイケメンとは言い難いけど(ごめん)、中身は超イケメンです。

*****

再現料理。ちょっぴりアレンジ編。
これはかいなん鶏飯。
茹でた鶏モモ肉が苦手なので、皮なしムネ肉を使ってます。
(通常は鶏モモ肉)
目玉焼きも合います。パクチーがあればなお最高!

f0364728_01152484.png





[PR]
# by icecream07 | 2017-08-07 00:50 | おもしろエピソード

新たな挑戦

まず最初に…
あーちゃんママさんがギフテッドアダルトのカテゴリ申請をされたそうで!
そちらも楽しみです。
ギフテッドというと人並みはずれた能力の持ち主と考えがちですが(当然中にはそんな人も数多くおりましょう…)、基本的には”rainforest mind”(特異な脳神経の持ち主?)と考えると、なるほどと思います。
ブログ内には
もあり、子供たちのこれからを考える時にも役立ちそうです。
私が特に笑ってしまったのは(そして切なくなったのは)、

Do people tell you to lighten up when you are just trying to enlighten them?

Do your intuition and empathy tell you what family members, neighbors, and stray dogs think, feel, or need even before they know what they think, feel, or need?

という質問。
これは随分と悩まされてきた問題で、ぼんちゃんもまた然りです。
その辺りのケアも必要だなと思いました。

***

昨年はちょうど今頃入院をしていたぼんちゃん。
夕暮れ時に、
「僕は夕方って嫌いだな。入院中窓から外を見て、本当に寂しくてつらい気分になったから」
と漏らしていました。

私が発達障害かギフテッドかで悩んだのは、時として発達障害としての指導や治療がギフテッド児には大きな傷になることがあると思ったからです。

病院ではぼんちゃんの精神年齢は幼稚園児程度とされ、不安症が酷くなり、不眠→睡眠薬と抗うつ剤が一時処方されていました。
そんな中、大好きな犬がセラピーで訪れた際に喜び過ぎて周りが見えなくなった?ようで、看護師から厳しく注意を受けました。
ぼんちゃんはとてもショックだったようで、その話は私にせず、次のドッグセラピー前日にたまたま私が面会に訪れた際に、
「お願いだから明日のドッグセラピーは休ませてほしい」
と泣きながら訴えてきました。
理由を聞いても話してくれず、仕方なし看護師さんに尋ねると、
「前回はしゃぎ過ぎて周りを巻き込んでしまいましたので厳しく注意しました。明日はそのコントロールの練習も兼ねて参加してもらいます」
と。
それを聞いたぼんちゃんは更に号泣して、私は私で(なんじゃこりゃ?)と唖然としてしまったものです。

心理士から借りたアスペルガー子育ての本もあまり当てはまらなかったのでそれを心理士に伝えると、
「ギリシャ神話のクイズにこだわっていました」
と言われましたが、そりゃアンタ、私がぼんちゃんの一情報として話したからぼんちゃんに話を振ったんじゃないの〜?と思ったりして。(ほかにもいろいろ詳しいものはあるけど、心理士には話していなかった)

まぁ、これは関係ない話ですが、その本を心理士にお返しした時にちょっとしたお菓子をつけて返したのですが、それについては一切なんのコメントもなく、お礼が欲しいからというわけでは断じてないのですが、人間同士のコミュニケーションの在り方についてつい考えてしまいました。
そうした分野の研究者だろうけど、これは何か私は試されているのかしら?とも。
(受け取る/受け取らない関わらず、そこから世間話が生まれ、互いの距離が縮まり理解が進むこともあるので)

とまぁ、挙げればきりがないのですが、本当にぼんちゃんにとってはつらい体験ばかりさせてしまって、本当に申し訳なかったです。

やたらと

「母子分離ができない」

とも言われ続けてきましたが、フリースクールも2日目から一人で通うようになり、自分自身でギターやドラムレッスンを受ける申し込みをして、とても「母子分離」ができていないとは思えません。
(小学校に戻る際、発達障害により精神年齢が低く、母子分離ができていないので、「学校は必ず行かなければならない場所だ」と教えて下さい、と、私にも学校にも指導が入った)

振り返るといろんなことがありました。
入院して自尊心が低下し、鬱になり抗うつ剤を処方されることほどバカバカしいことはありません。
それゆえ、私は”誤診は深刻”だという考えに至りました。
我が子が発達障害であるなら、それはそれで良いのです。
私はあまりそういった脳の状態にはこだわっていなくて、等身大のぼんちゃんを見てほしい、ただそれだけ。
他のお子さんもそうです。
適切な対応がされず、状態が改善されない(どころか酷くなる)のが怖く、心配でもあります。

前置きがやたら長くなりました。

つらかった一年前は、いきいきとフリースクールに通うぼんちゃんなど全く想像もしていなかったので、私は信じられないような思いでいっぱいです。

そして、新たな挑戦も。

なんと、フリースクールで開催されるかもしれないキャンプ合宿に参加したい、楽しみだ!と金曜日に上機嫌で帰宅したのです。
眠る時が不安MAXで、小学校の林間学校も修学旅行も行かないと決めていたぼんちゃんが、キャンプ合宿!
実現したら、また一つ成長することと思います。

そして、もう一つ。
ついに食べログに口コミ評価を書き始めました。
「一度行ったら遠くからでも何回も通いたくなる店です」
などと書いていて、本当に面白い🤣
年配の男性のようだ、と読んでくれた姉が笑っていました。
文春のコラムみたい。真摯でいいね、と(笑)

新たな挑戦、楽しく取り組んでくれたら嬉しいです!


***

f0364728_00410550.jpg

ぼんちゃん評価のお店は私も大好きなお店です✨






[PR]
# by icecream07 | 2017-07-30 23:02 | ギフテッド/2E