ぼんちゃんは4年生になり、学校へ行くことだけでなく勉強自体も放棄するように
なりました。
これには私も焦りました。
今もまだ悩み中ですが、今は病院で暇つぶしに夏休みの学習を一通りやっているよ
うです。

(学校の)学習を放棄した理由は幾つか考えられますが、
■書くことが面倒(書けないわけではないけれど)
■算数など教えられた通りに計算しないとやり直しになってしまう
■興味が無い
などなど、たくさんあると思います。

私はその問題の根底にはASD+ディスレクシアの特性とギフテッドの特性が複雑に
絡み合っていて、更に問題を厄介にさせているのでは?と思っています。
とにかく一つ一つ問題をクリアにしていくにはディスレクシアの対処(支援?)は
避けて通れず、しかしながらぼんちゃんの通っている小学校では週に1度しか通級指
導クラスがなく、忙しかったり暇だったりと仕事に波がある私には常に彼をサポート
するにも限界があり…(そもそもディスレクシアの指導方法ってどうしたらいいんだ
ろう?)
ちなみに、こんな記事も。


経済的余裕さえあればイギリスの専門校に入れてやりたいんだけどなぁ…と、今でも
思うことはありますし、ひらがな・カタカナ・漢字・アルファベットを覚えなくては
いけない環境も、支援クラスで個別カリキュラムを組むことも前例がないために難し
いとされる教育の環境も、何とかならないものかと思案中です。

しかし、実際イギリスに留学することのメリットは?
ディスレクシアの生徒が日本だとレベルを落とさねばならない*のに、本人の能力を引
き出すイギリスと日本の教育の違いって?
(*これは主治医の言葉なので実際どうなのかはわからないのですが)
そこで、ディスレクシアでイギリスに留学し、建築家となった藤堂高直さんの本を読ん
でみました。
f0364728_15435265.jpg

こちら。

いや〜…面白かった。
彼はディスレクシアでありギフテッドであると思うのですが(杉山登志郎医師のギフテッド
の本にも登場していますね)、その本人自身による記録という点で、とても興味深かったで
す。
ディスレクシア(またはASD?)の子どもたちの特徴なのでしょうかね、ぼんちゃんと似た
ような部分がたくさんありました。

藤堂さんは理解のない先生にも仲の悪かった同級生にも妥協しない強さがあり、その点は
ぼんちゃんとは大違いです。
(ぼんちゃんもある意味妥協はしていないのですが、彼らの眼前から姿を消すしか自分を守
る術を知らなかった)
それでも、言っていることは同じ↓

”この先生は、生徒を叱れば思った通りの反応をするだろうという前提で生きているらしく”

(ぼんちゃんの不登校の原因は私はまさにコレだろうと考えています。)

藤堂さんのイギリスでの努力を考えると大変なものだったと思いますが、何よりも

”私は日本の価値基準における「普通」ではないし、劣等でもない、けれど
特別でもない、普通なのだ。そう思うようになりました。”

という言葉には涙が出そうになりました。
ぼんちゃんは今現在行き場がなく、熱心な指導の先生が異動となればそこで支援が途切れてし
まう。
よって、中学からは私立に行った方がいいかもしれない…と支援の先生がアドバイスをしてく
れています。

まだまだ暗闇の中をさまよっている私たち。

肝心のイギリスと日本の教育の具体的な違いを書く余裕がなくなってしまいましたが、やはり
合理的配慮”以前に、適切な支援+個性の尊重が彼らには必要かなと思った次第です…





にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by icecream07 | 2016-08-08 18:00 | 本など | Comments(0)

愛を知っているのかな

トロイア戦争を描いた「イリアス」を読んでいた時。

女神テティスが息子アキレウスを救おうと主神ゼウスを訪れる場面があります。
しかし、ゼウスははっきりと返事をせず、また、妻のヘラも良い顔をしません。

そんな場面でぼんちゃんが一言、

「ゼウスがアキレウスを助けないわけがないよ、かつて愛した人の頼みなのだから

005.gif

ぼんちゃんの言葉には時々びっくりさせられます。
多分、日常とのギャップが激しいからだと思いますが。
普段は、なんていうか…モフモフした動物やぬいぐるみが好きだったり、ギャグ漫画を
描いてみたり、ちょっとそんな言葉が出てくるとは思えなかったのですよ。今までは。

ところで、ぼんちゃんは音楽が大好きで、iPodにはお気に入りの曲がたくさん入っています。
たいていは私のよくわからないパンク系のもの(?)だと思います。
中には泣けてしまうので聴けない曲もあるのだとか。
(入れたのに??)
で、iPodに入れるには抵抗があるのか(笑)、よくYouTubeで聴いている曲があります。
それはハウンドドッグのフォルテシモ。
ギャグなのか本気なのかわからなかったけれど、何度も聴いているということは、きっと好き
なんでしょうね。
「愛がすべてさ」って歌ってますしね^_^;


にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
# by icecream07 | 2016-08-08 08:49 | おもしろエピソード | Comments(0)

ディスレクシア

ぼんちゃんは、全く字が書けないわけでも全く字が読めないわけでもないのですが、
文字を覚えること(書くこと)・細かい字を読むことがとても苦手です。
小学2年生の時にLDについても専門である眼科に通い、幾つかの検査の結果、ディス
レクシアと診断されました。
この検査結果をぼんちゃんの長年の主治医にも提出したのですが、主治医はなかなか
信用してくれず(他の医者が診断したから?)、つい先日も
「書きたくないから書いていないだけじゃない?本だって読めてるじゃん。」
と。
時々思います。
ぼんちゃんの世界はとてもとても深く広いのに、そして言葉の感度も高いのに、読め
ないことがどれだけ彼の世界の広がりを妨げているか。
ぼんちゃんはマンガや大きな字・解説本などは読むことができるので、「読めている」
と思われることが多いのでしょう。
しかし、私が彼をディスレクシアだなぁと思うのは、

自分で読む本と私に読み聞かせをして欲しいという本の内容の違い

です。
もっと早く彼の好みがわかっていたら良かったのですが、どうも古典(?)が好きらしく、
最初は聖書を読みたがったので読み聞かせ、その内ギリシャ神話について私が思っていた
よりもはるかに詳しいということに気づき、神統記・イリアスと続いています。
(古事記も好きなようなのですが、私が間に合っていません)
このように読みに関して差があるという点で、私はいつも(なんとかしてあげたい007.gif)と
思いますし、本人がもし問題なく文字を追うことができたら…などと考えることもよくあり
ます。
これについてはまだ私も悩み中です。
なお、2行程度の字幕は読めるようになった+習っていない漢字も読めるようになったという
ことがわかりました。
これは本人が一番びっくりしていて、
「なぜだ!突然漢字が読めるようになってるぞ?」
と、つい昨日(笑)叫んでいましたよ。




にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
# by icecream07 | 2016-08-07 15:43 | ディスレクシア | Comments(0)

小さなおじさん

ぼんちゃんは時々ですが歴史にドキリという番組を見ています。
ちょうど蒙古襲来の回の時のこと。
再度の来襲に備え鎌倉幕府が博多湾に築いた元寇防塁という石の塀があるようなのですが、
今はその一部を見学することができるそうで、
「いつか見に行きたいねー」
なんて話をしたところ、

「いいねぇ。あ!その後、屋台に行くってのはどう?」

と言うではありませんか005.gif



…おっさんかい!(爆)

ぼんちゃんまだ9才なのに〜

「湯のみにお水を淹れて日本酒みたいに屋台で飲んでるぼんちゃんが想像できる…」

と私の友人も爆笑していました(笑)

………………

余談ですが、主治医からはたびたび

「年齢より2〜3才下だと思って」

と言われているのですが(もちろんそういった幼い部分もあるけれど)、ずいぶん年齢が
上に感じる部分もあって、だからこそユニークだし本人も自身に困惑するところがあるの
ではないかなぁなんて私は考えています。




にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by icecream07 | 2016-08-05 17:19 | おもしろエピソード | Comments(0)

はじめまして

小学生の凸凹息子ぼんちゃんのことについて綴っていきたいと思います。

ぼんちゃんがちょっぴり変わった子だなと気づいたのは幼稚園の時。

恥ずかしいのですが、それ以前私は
「この子ひょっとして天才かも?」
と思っていました。
3才の頃には恐竜だけではなくて他の生物についても詳しく(ウルトラマンの怪獣にも
詳しかったし妖怪も詳しかったのですが)、科学博物館に初めて行った時に展示を指差し、
ダイオウイカについて説明をしてくれたりして、ちょっと普通と違うなと感じたからです。
黄色と数字の8が大好きな、不思議な小さい人。

そんな小さな人でしたが、幼稚園の年長さんになった時に登園しぶりが始まりました。
■夜寝つけないこと
■偏食が激しいこと
■とても早口なこと
■友達と遊ばないこと
■黄色と8にこだわること
などなど、様々なことから児童精神科にてアスペルガーの診断がおります。
wisc-3の結果は”やや高め”といったところでしょうか。
(知識だけは19点と最高数値だったので当時びっくりしたのを憶えています。)

その後いろいろありまして(端折りますが)、現在は
アスペルガー+ADHD+ディスレクシア(+ギフテッド(2E)?)
と診断されています。
*ギフテッドは、いろいろいろいろあった末、長年お世話になっている∫君のお母さんのブログ
や他の皆さまのブログを読み、私が勝手に思っているもの
です。

現在ぼんちゃんは小学4年生、担任の先生と合わずに不登校となりました。
そして、登校訓練のために入院中です。
(こちらはまた追々)

ぼんちゃんの特異な学習としては、マンガやゲームと同じように知識を吸収することを
好み(多分本人はマンガやゲームを楽しむことと同じだと思っているはず)、ギリシャ
神話は神統記やイリアスを読み聞かせしても理解できる(楽しめる)程度に頭に入って
います。
*ディスレクシアのぼんちゃんは小説など細かい字の連なりが読めません。なので、本人
はマンガや解説本・インターネット(?)等から様々な情報を得ているようです。
その他、時々驚くような知識を披露してくれます。

今は不登校→入院と不安定(感情性OE大爆発中といったところでしょうか)ですが、
少しずつ凸凹ぼんちゃん日記を綴っていけたらと考えています。

よろしくお願いいたします。

ぼん母。


にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
# by icecream07 | 2016-08-04 14:36 | その他 | Comments(10)