洞察力

フリースクールでの面談後、ソーシャルワーカーさんとスクールカウンセラーさんが小学校の先生方にぼんちゃんの様子をお話して下さいました。

校長先生
教頭
担任
養護教諭
通級指導の先生

たくさんの先生方がお話を聞いてくださったようです。
というのも、ぼんちゃんの小学校では今のフリースクールに通っているのはぼんちゃんが初、そして、間にソーシャルワーカーさんが入るのも初!とのことで。

ソーシャルワーカーさんは30代前半の男性です。
彼はぼんちゃんの好きなアーティストを学生時代に好きだったようで、ぼんちゃんがそのジャンルの音楽にとても詳しいので感心(というか尊敬というか)してくれており、「子供だからって舐めんなよ」というようなことを丁寧に小学校の先生にお話してくれたようです。

ぼんちゃんは10歳ですが、以前も書いたように人の内面を読み取る力があり、それに対してものすごく正直です。
たとえば、今年赴任してきた養護教諭。
一見気さくで優しそうなんですが、ぼんちゃんは
「あの人、(善人の)仮面がズレちゃってて、中身が丸見えで苦手」
と、ソーシャルワーカーさんに話していたようです。
確かに、実はプライドが高そうで、怒鳴りはしませんが自分の意見に賛同しないとカッとなるところがあり、私も内心面倒だなぁと思っていました。。

そして…なんとソーシャルワーカーさん、それをそのまま先生方にお伝えしたようで。
「ぼん君はまだ子供ですけど、大人と同じようによく見ているし、アスペルガーという診断はおりていますが、教科書通りのそれではないので、ぼん君自身をみてあげて下さい」
とも。

なぜかわからないのですが、4年生の時の担任に対するぼんちゃんの非難も学校の先生方は”私の意見”だと思っていたようなのですよね。
「お母さんがそう言ってるだけだろう」
と。
ですので、ソーシャルワーカーさんは思い切って”ぼんちゃんは本質を見抜いていますよ”とお伝え下さったのでしょう。

これから養護教諭に会いづらくなった私ですが、そうでもしないと伝わらない事実だから仕方ないですよね。
(でも。どうしよう😂)

子供騙しのような手はぼんちゃんには通じません。
その代わり、人間として尊敬できる先生に出会った時は急激に良い方向へと突き進んでいきます。
O先生然り。
今ぼんちゃんに会わせたい古代ギリシャ・ローマ時代の専門の先生がいます。
もう少ししたら、その先生の講義も申し込んでみようと思います。



[PR]
by icecream07 | 2017-07-21 14:15 | 登校-不登校 | Comments(1)

今日はフリースクールでの面談がありました。
O先生
私と夫
ソーシャルワーカーさん
スクールカウンセラーさん
皆でぼんちゃんの様子を共有し、それをまたソーシャルワーカーさんとスクールカウンセラーさんが学校へお話して下さるとのことでした。

まず、O先生から。
*ぼんちゃんがギターを習いたいということで、ミニギターを購入しました(!)
*最初は不安で自分を大きく見せようとしていたけれど、今はフラットになり、優しさも見えるようになりました

ソーシャルワーカーさんから。
*「学校に魅力が感じられないのは、苦手な先生が隣のクラスにまだいること」とのこと
*子供と話しているような気がしません、と

私たちからの不安
*運動が嫌いで食べることが好きなので太り過ぎが心配です(切実)
*勉強をやりたがらないので、将来が不安です

O先生はこう仰いました。
「本人が必要だと気づかなきゃ勉強はやらないし、他にやりたいことがあるならそれでいいんじゃないですか?まだ小学生だし、やりたいことが何なのかもわからない時に無理やりやらせる必要はないでしょ。うちに来てる子は中学まで何にも勉強やらなかった子達が通信制の高校に入った途端勉強しだすから面白いよ、ホント。ま、お母さんが不安なのはわかるけど」

これは、その時を待て、ということかしら。

今までぼんちゃんに厳しかった夫も、
「今ぼんちゃんがギターをやりたい、挑戦したいと言ってるんだから、まずはそれでいいと思うよ。彼にとって初めての挑戦だし、初めて尊敬できる大人(O先生)に出会えたんだから」
と、今日の面談後意見が変わってました。
たぶん、夫はO先生の言葉に安心したんでしょうね。
私はせっかちなので、ぼんちゃんを信じて待つことが必要なのかもしれません…

f0364728_23560861.jpg

ところで、三連休には東京へ行ってきました。
夜はラクレットチーズを楽しめる店に行きたいというぼんちゃん。
しかし、良さげなお店はお休みで、あとはバーくらいしか私にはわからず…
さすがに小学生とバーは行けないので、飲茶屋さんに変更しました。
飲茶屋さんでぼんちゃんは大好きな小籠包を注文。
食べ方を伝授してくれました(苦笑)

f0364728_23574310.jpg

そして、5月にオープンしたばかりのモンストのお店へ。
ぼんちゃんは子供にしては情報通なので面白いです。

そうそう。
スパイラルビルの中の素敵なお茶屋さん、櫻井焙茶研究所にも行ってきました。
ぼんちゃんはえらく気に入って、
「ここは尊敬すべきお店だね。あの人たち(スタッフの方々)の心が素敵。」
と、翌日も行きたいと言っていました。
「今日もあそこに行こ!お茶のコースを頼みたい!」と。
なんだか愉快…
美しいものや、スタッフの皆さんの美しい所作に惚れ込んでしまったんでしょうね。


[PR]
by icecream07 | 2017-07-19 23:31 | おもしろエピソード | Comments(2)

嬉しいことと複雑なこと

まず嬉しい話から。

ぼんちゃんですが、自発的にギターを習いたいとフリースクール主宰のO先生に申し出ることができました。
O先生はレッスン中ぼんちゃんに、
「最終目標はオフスプリング*ね」
と話したらしく、ぼんちゃんはもうやる気満々です(笑)
(*アメリカのパンクバンド)

ぼんちゃんは不安症?完璧主義?なので、そういった”何かに挑戦する'ということに対してものすごく消極的です。
ですので、この変化はとても嬉しい!
夫も「これは初めてのことじゃないか?」と驚いていました。
期待にも弱いので、そっと見守りたいと思います。

で、複雑なこと。
私事ですが、先日美容院に行ったら…
なんと…

円形脱毛症があるとーーー😱😱😱

ここ数ヶ月死ぬほど忙しく、トラブルもあり、心労からでしょうかね。
帰宅して見たら大きくてびっくりしました。
でも怖いのは、忙し過ぎて、つらいとか苦しいといった感情がほとんどなかったこと。
ああ、恐ろしい…
円形脱毛症っていきなり一部分きれいに丸く禿げ上がっているので、ダム穴みたいで本当に怖いです。
早く髪が伸びますように(涙)

いつも喜んだり嘆いたりの連続です。
穏やかに生きたい!

[PR]
by icecream07 | 2017-07-12 00:51 | フリースクール | Comments(4)

先日、フリースクールのコンサートが開かれました。
コンサート、というより、Live!です。
フリースクールの生徒たちと先生やスタッフ、そして本物のアーティスト(多くの方が聴いたことのある元有名バンドの方や、かなりコアな伝説級の方まで)が参加され、一緒にLiveを行なったわけです。

その子供たちののびのびと演奏する様子!

皆が皆、音楽に興味があるとは思えないのですが、生徒たちの演奏の完成度の高さにはびっくりしてしまいました。
棒立ちで(!)演奏するバンド、そして、ぽっちゃりしていてとてもギターを弾くようには見えない中学生男子の素晴らしいギター。

みんな、フリースクールに通うようになってから楽器を覚えたのだそうです。
「プロ(本物)に教わるってこういうことなんだなー」
と感心してしまいました。

ちなみに、小学校へそのチラシを配ってもらえないかと面談の際にお渡ししたのですが、「教師たちには配るけど、学校に置けるかどうかはわからないから。ごめんねー」と、フレンドリーそうで実はかなり保守的な養護教諭に言われ、私は
(だからぼんちゃんが学校嫌いなんだって一生この人は気づかないんだろうなぁ)
と、心の中で悪態をついてしまいました。
一応、名目は福祉系のコンサートだったので、近所の野球チームの募集などと一緒にされたあたりカチンときましたね💢
”ルール”なんでしょうけど。

それはさておき、バンドでベース&ドラムを演奏していた高校生。
彼は通信制で高卒認定を既に取っているのだそう。

小学6年生からうちに通っているけど、こうして高卒認定も取れるしねぇ…彼は学校が嫌いなだけで、勉強できなかったわけじゃないから。いろいろ道はあるよねぇ」

と、フリースクール主宰のO先生に励まされました。
彼は今、フリースクールのカフェでバイトもしているようです。

とにかくゆるい場所(フリースクール)ではあるけれど、ぼんちゃんが時間の管理ができるようになったことや忘れ物などがほとんどなくなった(荷物が少ないってのもありますが)ことは、私としては心が安定している証なんだろうなと思いました。
ぼんちゃんが生まれて10年、今が一番キラキラしています。
そしてこれからもそれが続くといいなと思いました☺️

f0364728_00593417.png

完全に音楽好きな少年です。

[PR]
by icecream07 | 2017-07-06 00:24 | フリースクール | Comments(4)