アスペルガー

ぼんちゃんがアスペルガーと診断されてから5年たちます。
また、座っていてもぞもぞ動いたり、頭の中が大忙しだったり、不注意があったり…と、ADHDもあり、ディスレクシアとの診断もあるので、様々な障害を抱えている状態です。

風変わりな子供だけど、まだ4年生だからか、
「この安定感(笑)」
「キャラが立ってる」
等同級生のお母さんたちから面白がられて言われることが多く、友達との大きなトラブルもなかったため、どちらかというと私はADHD・ディスレクシアの問題を感じてました。(とはいえ、アスペルガーの特徴ももちろんありますし、悲しいけれど風変わりなぼんちゃんのことを嫌がるお母さんたちもいます…)


f0364728_20163108.jpg

おっさんくさいぼんちゃん、6才の頃。
大学を卒業したばかりのお兄ちゃん・お姉ちゃんに幼稚園の女子のことを聞かれて戸惑うぼんちゃんの様子。

・・・・・・

心理士から「アスペルガー症候群子育て200のヒント」という本を紹介されました。
その中で、
”特定の話題にこだわる”
という特徴が書かれていました。
私が
「これはあまりないですかね」
と言うと、
「そうですかね。検査の時もギリシャ神話のクイズを出そうとしていましたよ」
と言う心理士。
えー!
それは私からの情報で心理士の先生がぼんちゃんに尋ねたからじゃない?と思いましたが、その時も頭の回転がのろい私は帰宅後からモヤモヤしっぱなし💧

*特定の話題にこだわり、話のテーマを変えない
*他の人がうんざりしている(怖がっている)素振りを見せていても気づかない
*会話を(不安等から)自分中心にしきろうとする

というのは、私たちが見ている時も、他の人といる時も、あまりないことです。(多分…)

たとえばぼんちゃんは生物のことはたいてい詳しく知っているのですが、その情報は心理の先生には伝えていなかったので、ゆえにその話題は出していないと思います。
質問されたら、「相手も興味があるのかな?」と判断して話し出す可能性はありますが。
特に相手が大人だと知っていて当たり前と考えている節があるため、クイズを出したんじゃないかしら。
で、ただ検査のために尋ねただけだと内容に興味はないわけですので、先生にとっては特定の話題にこだわる人という印象になるんじゃないかと思いましたが、どうなんでしょう。

友達同士のやり取りでもそういった”こだわり”によるトラブルは見たことがなく、また、大人との会話でも共通の話題があれば楽しくやり取りしているし、一方的に喋るわけでも知識をひけらかすわけでもないので(会話中本人が知っていることを話すことは確かにあります。ピザの話や生き物の話など。それが”ひけらかす”ことだというなら当てはまるかな)、私の知っているぼんちゃんとはイメージが異なると、なんだか悲しくなってしまいました。

このお母さんは障害を受け入れ難いのだろう、と思われていそう。
そんなことは全くないのだけど。
(また被害妄想かしら💦)

アスペルガーって…そんな型通りではないから大変なんですよね。
と、思うのですが。



[PR]
by icecream07 | 2016-09-29 20:00 | アスペルガー | Comments(6)

授業参観と。

授業参観に行ってきました。
国語の授業で、ぼんちゃんは世界の言葉について調べたことをまとめていました。
「イタリア語とアラビア語の違いについて」
という内容でしたが、最後の感想で苦戦しているようでした。
結局感想を書けず、次回に持ち越しとなりました。
なぜアラビア語を選択したんだろう。
週末に聞いてみようと思います。
また、カタカナで書かれたイタリア語とアラビア語の違いが音として認識できていなかったようで、その部分も違いを表すのが大変だったようです。
↑音として認識できなかったのではなくて、例えば「こんにちは」と「Hello」のような当たり前の違い(それも厳密には違うのかもしれませんが)ではなく、別のことを書きたかったのだそう。
アイデアをすぐさま書き記すことができないのはフラストレーションが溜まるだろうなと思いました。

授業中は相変わらず姿勢保持が難しいらしいのですが、それらができたら授業数を増やしてもらえる=退院が早くなるとのことで、彼なりに一生懸命座っていました。

休み時間はもう一人のクラスメイトと大富豪を楽しんでいました。
クラスメイトは今のところその彼だけです。

その後、私は病院に行き主治医と面談。
最近のぼんちゃんの様子を伺い、そして前回の検査の件を尋ねました。
主治医がえっ?と驚いて担当心理士に連絡をしてくれたのですが、心理のPCとレポート用PCは別なので検査結果は間違っていないとのことでした。
「調子が悪いと10や20はガクッと下がることはあるから」
と。
そうなのか。

ぼんちゃんの授業の様子を見て、やはり文章をまとめるのが大変なんだなと思いました。
音声で入力したものを後から書き写す、というやり方が良いのかもしれません。






[PR]
by icecream07 | 2016-09-28 10:31 | ディスレクシア | Comments(2)

週末

いろいろあった週も終わり。
この間は病院からの説明にびっくりしましたが、目の前にいるぼんちゃんは以前からのぼんちゃんと変わっておらず(当たり前ですが)。

病院には一応生年月日の間違いは報告しました。
週明けお返事がいただけるかわかりませんが、今までのやり取りを思い返してみても、どんより…な気分になったりして。
大学病院だからか、研究対象でしかないような対応に私は戸惑ってばかりです。
アスペルガーだから気持ちのやり取りの上で恥の概念がない(発達していない)んじゃないかと思われていたり。
行動が幼稚だからでしょうか。
気の毒…

f0364728_17454443.jpg


なんの気なしに選んだグラスを見て、
「ありがとう〜、イッカクかわいい016.gif
と喜ぶぼんちゃん。
イッカクはツノじゃなくて歯なんだよ、と教えてくれました。
(知識は留めることはできるけど、アウトプットや応用は…)

昨日は父の親友が彼の会社の元従業員さんとその方の娘さんと一緒に、ぼんちゃんをランチに連れ出してくれました。
父の親友以外は初対面だし心配したのですが、よく行くショッピングモールに行ったようで、ぼんちゃんがお店の案内をしてくれたと感心してくれました。
そういうところは幼稚ではないんだなぁ。
不思議な人。
帰りに父の親友の携帯から連絡があり、私が
「いい子ちゃんにできたかな?」
とつい言ってしまい、それが車内でみんなに聞こえていたため、ぼんちゃんに後で叱られました。
恥の概念も年齢相応に発達しているように思います。
というか、私が危険?^_^;



[PR]
by icecream07 | 2016-09-25 17:25 | その他 | Comments(4)

よくわからない…

wisc 4の結果が出たのですが、VCIはやや・その他各20ずつぐらい下がっていました。
大きく下がっていたのと、耳からの情報を覚えることが難しいとあり、耳からの情報は比較的強いと思っていたので(聴覚優位)、なんだか信じられないでいます。
情報を与えるためにイラストを用いること、というのも今まで行ったことがなくて。
あと、ストラテラを入院前から服用することになり、それが影響しているのかなと、とても不安です。


f0364728_23285586.jpg

それと、生年月日が間違ってました…
ぼんちゃんは平成18年12月生まれ。
平成15年6月3日って。
結構大きな間違いのような気もしますが>_<

まぁ、下がっていてもぼんちゃんはぼんちゃんで変わりないわけですが、ギフテッドレベルではないし、ちょっと様子を見ようと思います。
(2Eで読んでくれていた方、ごめんなさい!)

あと、退院したら転院しようと思います…


[PR]
by icecream07 | 2016-09-21 23:25 | 入院 | Comments(2)

宿題嫌い

ぼんちゃんは4年生になって全く学校の勉強をしていないので、病院の自習時間に溜まりに溜まったZ会をやればいいかと渡してあります。
一冊だけ。
(4月号…)

今日電話があった時に、Z会の問題集はやれてる?と尋ねると、
「あっ、両さん読んでて終わらせるの忘れちゃった!」
と。
こち亀がついに最終回ということで、読み返していたのでしょう。
そして、だんだん声が暗くなります。
「今日いやなことばっかりだった…」
とか。

そういえば学校の宿題も取り掛かるまで1時間くらい大泣きして15分程度で終わらせるなど、謎の行動を取っていたぼんちゃん。
そう簡単に問題集に取り組むわけないか。

自習時間用に勉強道具を持たせて下さいとのことだったので用意したのですが(溜まっていただけだけど)、まさか自習時間にマンガが読めるとは知りませんでしたよ。

こちらは内心焦ってしまうのですが、しばらくはぼんちゃんのペースに合わせるか…と思っているところです。
(いつも思うのだけど、絶対泣いてる時間より宿題時間の方が短いのに、なぜ泣くんだろうなぁ)








[PR]
by icecream07 | 2016-09-20 23:03 | ぼんちゃんの学習 | Comments(0)

お気に入りの店

ぼんちゃんが病院へ戻って行きました。
寂しい…
ですが、ぼんちゃんはもっと寂しいだろうから、私も頑張らなくては。

入院してから、いろいろとコントロールすることができるようになりました。
たとえば、ゲーム。
一度始めると止めるのが難しく、私は(このままこの子は廃人になってしまうんじゃ…)と心配でした。
が、今では時間を守って遊ぶことができています。
これは大きな進歩です。
気持ちの切り替えも以前より早くなったように思います。

さて、週末はぼんちゃんお気に入りのイタリアンのお店に行ってきました。
頑張っているご褒美です。
そんなおいしいものが大好きなぼんちゃんのくだらない話。。

お店を訪れると、若い奥さんがぼんちゃんに話しかけて、今にも吹き出しそうでした。
なぜなら、ぼんちゃんが年齢相応でないからです(汗

「このピザがお気に入りなんだよね?」
と奥さんがぼんちゃんに話しかけると、
「これ以外食べたことないから。迷ったんだけど、結局いつものにしちゃって。」(いつもの。笑)
「何と迷ったの?」
「パルマ産生ハム。次はそれにしてみようかなぁ」
「まぁ!味覚が大人ですねぇ!」
といった具合。

f0364728_18421934.jpg

ああ、可笑しい。
払うのは私たちなんですが、、、ぼんちゃんの常連感がすごい。
帰り際、シェフが(かっこよくシャイなお兄ちゃんです)わざわざ顔を出して、笑顔でぼんちゃんを送ってくれました。
そんな笑顔、私は見たことないな!

f0364728_18460179.jpg

実は知人の甥っ子さんのお店なのですが、知人からも
「甥っ子からぼん君が面白いと聞いてますよ」
とお話がありました。

前回姉がぼんちゃんをそのお店に連れて行ってくれたのですが、その時にぼんちゃんはいかにそのお店が好きか熱弁し、そして通級の先生にもネットで検索して勧めましたとご夫婦に話したようで、奥さんから
「小さな宣伝マン」
と呼ばれていました。

もう一軒お気に入りのお店があるのですが、そちらでもかわいがってもらっているぼんちゃん。
多分、お店の人にいかにおいしいか料理の感想を熱く伝えるからじゃないかと思います。
あと、誰それにも勧めましたよ、とか…苦笑

小さな宣伝マンというか、ほんと、言動がおじさん!
きっとおじさんになってもこれは変わらないんだろうな〜042.gif
たまにいますもんね、そういう方…










[PR]
by icecream07 | 2016-09-19 18:27 | おもしろエピソード | Comments(0)

素読とサポート

私がいいなぁと思って読んでいる京都北白河の山の学校”やまびこ通信”に良い記事があったことを思い出しましたのでシェアします。


まず論語を音読する。
そして、その後、自らの経験に引き寄せて言葉を解釈していく。

これは文字と音、そしてその意味も同時に頭に入っていくので、ディスレクシアの子どもたちにも有効ではないかなと思いました。
また、遠い昔の人々が綴った文であれど、想像を巡らせるだけで自らの周囲にも似たような出来事があると知るのは大きな発見ではないかしら。

それが、文字を追うことの醍醐味でもあって。

以前のブログにも載せたかもしれない、ぼんちゃん幼稚園か小1の時の落書き。
f0364728_14165529.jpg

「吾輩は猫である」をいきなり綴っています。
これは読み聞かせで印象深かったのでしょう。
音と文字が合っていませんが。

f0364728_14182357.jpg

俳句。
俳句を声に出して幾つか覚え、自分もと詠んでいました。
こちらも小1の時。
これに返歌を下さった知人がおりました。
「ぼんちゃんの ちょうちょ見る目の まっすぐさ」

f0364728_14244070.jpg

こちらも小1の時。塾の練習問題です。
”12ぽ”など普段言わないのに、書いています。

(あと、当時算数は普通にできると思ってました。)

過去の写真を整理していたら、ここ2年ほどのぼんちゃんのこうした写真が皆無で、ほとんどサポートできていなかったことを痛感しました。
素読を通して読みの練習もいいかもしれないな…と新たなサポートを考えているところです。
(私相手だと面白がらないかもしれませんが…)

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村




[PR]
by icecream07 | 2016-09-18 13:59 | Comments(2)

これからのこと

今日は久しぶりに地元小学校の通級の先生に会ってきました。
そこでお話した、これからのこと。
先生からはこんな提案が。

ぼんちゃんタイプの児童は個別カリキュラムでの学習が本当は向いているので、本人さえ承知すればこれから中学2年まで支援クラスに籍を置き、中学3年で普通クラスに戻り成績を付けてもらって(※支援クラスでは内申点が付かないため)、高校受験と。

心配なのは、登校と内申点。
テストの点数だけで判断されるならば、頑張ればなんとかなるかも?
(英語・数学が危険か)
でも、内申点ってそれだけではないはずです。
そして、今でも学校に行くだけで大変なので(これは不登校前から)、毎日の部活が始まる中学でまともに通えるのかという心配も。

それならば、今から頑張って高校まで上がれる私立を選んだ方が良いかもしれないなぁとも思います。
支援はないですけど。

または、通うことに執着しなくても良いかも?

今通っている学校からの連絡で、授業時間を4時間に増やしたら指示が通りにくくなった、とありました。
本人に聞いたら、強烈に眠くなり、まともに話が聞けないのだそう。
実はこれ、宿題やZ会に取り組んでいる時にも時々見られました。
つまらなくなると全てをシャットダウンしてしまいます。
脳がそれらを拒否している場合は一体どうしたらいいんでしょう。

もう少し成長したら変わる部分も出てくるのかな…
今は先のことを考えると、とても不安になります。














[PR]
by icecream07 | 2016-09-16 22:31 | ぼんちゃんの学習 | Comments(2)

LD児の特徴としてワーキングメモリーの凹みがみられると、その関係性が指摘されているブログなり
論文などを目にする機会が多いです。
これはLD児に限らず、ADHDの子たちにも言えることでしょうか。

ギフテッド・LD発達援助センターさんのブログにもそのようなことが書かれていて、ふと考えてしま
いました。
と言うのも、ぼんちゃんはワーキングメモリーと処理速度が高かったからです。
新たに検査を受けたのでまた結果がわかれば対処できるかもしれませんが…
(今回はK-ABCも受けています)

聴覚の短期記憶も視覚の短期記憶も得意な方だと思うのですが、いざ実生活となると、ほどんと生かさ
れていないような。
板書も必死なのに。。。不思議。

ぼんちゃん、どういう風に世界が見えているんだろう?

とにかく、検査を受けたのは小学1年生の時だし、検査日は多動が激しく途中から動き回りながら答え
たと結果に書かれていたため、また結果は変わってきているかもしれないです。


にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村




[PR]
by icecream07 | 2016-09-15 15:54 | ギフテッド/2E | Comments(4)

子供でも「人間」だ

先ほどぼんちゃんから夜の電話がありました。
※ぼんちゃんは今入院中です。
その際、ぼんちゃんがテレフォンカードの残り数が気になっていたので、看護師さんに予備のカードがあるか聞いてみたら?と私が提案し、ぼんちゃんが聞きに行きました。
改めて電話に出たぼんちゃんが悲しそうに、
「予備のが一枚あったけど、看護師さんに『それが何?』って言われたんだけど…」と。

私たち大人のやり取りの中で、何か質問されて

「それが何?」

って突然言いますかね?
と言うか、だいたい状況を把握していたら(この場合、ぼんちゃんは電話をしていたのだから)、言わんでしょう。
状況を把握できなかったなら仕方ないですが。
というか、看護師が状況把握できなかったら怖いですけど。
「それが何?」と言われたら、私だったら嫌味の一つも返すところですが、ぼんちゃんは悲しくなるだけ。

相手が子供だからと、エラソーな大人の多いこと。
担任教師の宿題を忘れた子供に対しての

「先生は騙されました!」

も、アンタそれ彼氏や友達に「アタシは騙されました!」って言うのかね?と、つい思ってしまいますよ。
騙されたなんて彼氏や友達に言ったら怖いだろうよ。
騙されたなんて突然言われたら重くて怖いっての!

子供に発言する際には、相手が大人であった場合を考えて発言すると良いかもしれないですね。
あなたそれ、友人や夫や恋人に普通に言ってんですかね?って、私はそう思いますよ。
前述の看護師も、多分私にはいきなり「それが何?」なんて言わないと思います。
だって失礼だもん。

確かにSSTはぼんちゃんタイプの子らには大切だと思いますが、いわゆる定型も多種多様で、たびたび私は考えてしまいます。

ああ、ほんとに腹立たしかった!







[PR]
by icecream07 | 2016-09-11 22:42 | 入院 | Comments(2)