新たな挑戦

まず最初に…
あーちゃんママさんがギフテッドアダルトのカテゴリ申請をされたそうで!
そちらも楽しみです。
ギフテッドというと人並みはずれた能力の持ち主と考えがちですが(当然中にはそんな人も数多くおりましょう…)、基本的には”rainforest mind”(特異な脳神経の持ち主?)と考えると、なるほどと思います。
ブログ内には
もあり、子供たちのこれからを考える時にも役立ちそうです。
私が特に笑ってしまったのは(そして切なくなったのは)、

Do people tell you to lighten up when you are just trying to enlighten them?

Do your intuition and empathy tell you what family members, neighbors, and stray dogs think, feel, or need even before they know what they think, feel, or need?

という質問。
これは随分と悩まされてきた問題で、ぼんちゃんもまた然りです。
その辺りのケアも必要だなと思いました。

***

昨年はちょうど今頃入院をしていたぼんちゃん。
夕暮れ時に、
「僕は夕方って嫌いだな。入院中窓から外を見て、本当に寂しくてつらい気分になったから」
と漏らしていました。

私が発達障害かギフテッドかで悩んだのは、時として発達障害としての指導や治療がギフテッド児には大きな傷になることがあると思ったからです。

病院ではぼんちゃんの精神年齢は幼稚園児程度とされ、不安症が酷くなり、不眠→睡眠薬と抗うつ剤が一時処方されていました。
そんな中、大好きな犬がセラピーで訪れた際に喜び過ぎて周りが見えなくなった?ようで、看護師から厳しく注意を受けました。
ぼんちゃんはとてもショックだったようで、その話は私にせず、次のドッグセラピー前日にたまたま私が面会に訪れた際に、
「お願いだから明日のドッグセラピーは休ませてほしい」
と泣きながら訴えてきました。
理由を聞いても話してくれず、仕方なし看護師さんに尋ねると、
「前回はしゃぎ過ぎて周りを巻き込んでしまいましたので厳しく注意しました。明日はそのコントロールの練習も兼ねて参加してもらいます」
と。
それを聞いたぼんちゃんは更に号泣して、私は私で(なんじゃこりゃ?)と唖然としてしまったものです。

心理士から借りたアスペルガー子育ての本もあまり当てはまらなかったのでそれを心理士に伝えると、
「ギリシャ神話のクイズにこだわっていました」
と言われましたが、そりゃアンタ、私がぼんちゃんの一情報として話したからぼんちゃんに話を振ったんじゃないの〜?と思ったりして。(ほかにもいろいろ詳しいものはあるけど、心理士には話していなかった)

まぁ、これは関係ない話ですが、その本を心理士にお返しした時にちょっとしたお菓子をつけて返したのですが、それについては一切なんのコメントもなく、お礼が欲しいからというわけでは断じてないのですが、人間同士のコミュニケーションの在り方についてつい考えてしまいました。
そうした分野の研究者だろうけど、これは何か私は試されているのかしら?とも。
(受け取る/受け取らない関わらず、そこから世間話が生まれ、互いの距離が縮まり理解が進むこともあるので)

とまぁ、挙げればきりがないのですが、本当にぼんちゃんにとってはつらい体験ばかりさせてしまって、本当に申し訳なかったです。

やたらと

「母子分離ができない」

とも言われ続けてきましたが、フリースクールも2日目から一人で通うようになり、自分自身でギターやドラムレッスンを受ける申し込みをして、とても「母子分離」ができていないとは思えません。
(小学校に戻る際、発達障害により精神年齢が低く、母子分離ができていないので、「学校は必ず行かなければならない場所だ」と教えて下さい、と、私にも学校にも指導が入った)

振り返るといろんなことがありました。
入院して自尊心が低下し、鬱になり抗うつ剤を処方されることほどバカバカしいことはありません。
それゆえ、私は”誤診は深刻”だという考えに至りました。
我が子が発達障害であるなら、それはそれで良いのです。
私はあまりそういった脳の状態にはこだわっていなくて、等身大のぼんちゃんを見てほしい、ただそれだけ。
他のお子さんもそうです。
適切な対応がされず、状態が改善されない(どころか酷くなる)のが怖く、心配でもあります。

前置きがやたら長くなりました。

つらかった一年前は、いきいきとフリースクールに通うぼんちゃんなど全く想像もしていなかったので、私は信じられないような思いでいっぱいです。

そして、新たな挑戦も。

なんと、フリースクールで開催されるかもしれないキャンプ合宿に参加したい、楽しみだ!と金曜日に上機嫌で帰宅したのです。
眠る時が不安MAXで、小学校の林間学校も修学旅行も行かないと決めていたぼんちゃんが、キャンプ合宿!
実現したら、また一つ成長することと思います。

そして、もう一つ。
ついに食べログに口コミ評価を書き始めました。
「一度行ったら遠くからでも何回も通いたくなる店です」
などと書いていて、本当に面白い🤣
年配の男性のようだ、と読んでくれた姉が笑っていました。
文春のコラムみたい。真摯でいいね、と(笑)

新たな挑戦、楽しく取り組んでくれたら嬉しいです!


***

f0364728_00410550.jpg

ぼんちゃん評価のお店は私も大好きなお店です✨






[PR]
by icecream07 | 2017-07-30 23:02 | ギフテッド/2E

僕は僕

長らくギフテッドという言葉と共に語られる”才能”に振り回され、なかなか自分自身のこともぼんちゃんのことも「そうである」とは言い難いと感じていました。
改めて
の記事をいくつか読み、わぁぁああ!と、涙ぐんだり笑ってしまったり。

一つ前の日記で私は美しいものが好き、などと書いていますが、なぜか飛行機が大好きで、特に飛行機事故については細かく知りたい・もっと勉強ができていたらNTSB(アメリカの国家運輸安全委員会)のメンバーになりたかった、というくらいです。
日航機墜落事故について同年代の多くが「圧力隔壁」や「尻もち事故」というキーワードに対して興味を持っていないというのも、わかってはいても驚いたりして。
また、宇宙開発も大好きで、ロシアの宇宙船ソユーズは乗り心地を想像しただけでゾクゾクします。
環境汚染や食品のリスクなども興味深く、ほかにもいろいろあるのですが、どれ一つ取っても”専門家”でないところが残念なところ。
ぼんちゃんは一体何に興味があるんだろう?
海洋生物、ロック、ギリシャ神話、料理、今のところそんな具合です。
親子といえど当然ながら興味の対象は異なり、ぼんちゃんは飛行機やら宇宙は全く好きではありません。

しかし、先日二人同時に見入ってしまった番組がありました。
それはこちら。

研修医三人にベテランの医師、なんだかDr.Houseみたいです。
ホワイトボードに思いつく限りの病名を書き出し、患者に当てはまる症状・当てはまらない症状を検討し、患者の状態や家族の証言などから病気を推理し、検査方法や処置を決定していく、という番組。

最後にベテラン医師が研修医たちに

「目の前の患者さんがもし自分の家族だったら、決して最後まで諦めませんよね?救急の現場でできることは限られていますが、”諦めない”ということが大事です」

とお話され、番組終了となりました。

そこでぼんちゃんがハァと安堵のため息をつき(患者さんの病名が確定し、一命を取りとめた)、

「僕は何の役にも立てないよ!血を見ることができないから医者になることすらできない」

と、医師の言葉に熱くなりながらも自分の不甲斐なさを感じたようで、涙ぐんでいました。

(いや、それよりまず勉強してないと医師は無理^_^;)
とも思いましたが、ぼんちゃんのピュアな心がかわいくて。

ぼんちゃんも勉強しなければなりたい者にはなれない、というのは理解はしているのです。
が、今は漠然としすぎていて、どこから手をつけて良いのかわからないのでしょう。
今はフリースクールでギターだけでなくドラムも習い始めたぼんちゃん。
そして、ギリシア・ローマ古典文学の先生の講義を受講することにも意欲を示しています。
実際に先生に会い、体験を通して自分に必要なことがなんなのかわかる日がくるといいなと思いました。

***

f0364728_13325914.jpg

小説の中に登場する料理やお菓子を作るのも楽しいです。

[PR]
by icecream07 | 2017-07-28 12:10 | ギフテッド/2E

金曜日の夜から今日まで、ぼんちゃんはお父さんと泊まりがけでsatanicに出かけていました。
いつの間にか日本のpunk rockマニアとなったぼんちゃん。
私が聴いてもよくわからない曲をよく知っています。
そして、今日は池袋のサンシャイン水族館へ。
危険な生き物”もうどくてん”を観て、こちらも面白かったようです。
ぼんちゃん3歳の頃は東京にいたので、サンシャイン水族館もよく行きました。
(都内の水族館はほぼ制覇したのでは!)

私は今日はソーシャルワーカーさんとの月に一度の面談日でした。
ぼんちゃんは小学校の授業を久しぶりに受けた後に不眠で大変だったので、学校との繋がりを再度考えるためにスクールカウンセラーさんにも同席していただきました。
担当ソーシャルワーカーさんは私より10歳ほど年齢が若く、ぼんちゃんの好きなインディーズバンド全盛期の頃高校生だったので、ぼんちゃんの趣味を高く評価してくれています笑
「僕が一話すと十返ってくるくらい詳しい」
と。
それを真面目に頷きながら聞いてくださっていたスクールカウンセラーさん😅

いろいろお話しましたが、最終的に
「ぼん君はうっすらと自閉傾向は見られるけれど、アスペルガーではないのでは」
という話になりました。
私は、小学校からぼんちゃんがアスペルガーとして支援優先で見られることに慣れてはいましたが、 本人に合っていない指導も多々あり(たとえば、入学式の時からそうなのですが、「突然席を立ってあちらの扉から外に出たりしてはいけませんよ」とか)、何か腑に落ちないものを感じていたので、紆余曲折はあったものの、自分自身もこれからは別の視点でぼんちゃんを応援していこうと改めて思いました。
(ギフテッド、または、ディスレクシア特有の独特さ?)

ソーシャルワーカーさん・スクールカウンセラーさんともに、フリースクールで出会ったぼんちゃんと仲の良い少年についても同じようなことを言っていました。
無責任なことは言えませんが、じっくり本人と関わることで診断名と異なる印象を受けるのかも?
だとしたら、医師によって診断が異なる可能性もあり、それはより慎重に行われるべきだろうと思いました。


ぼんちゃんは内向的ではないのですが、初対面の人などには警戒心が強いです。
また、先日元高校の古典の先生に会ったのですが、ぼんちゃんは古事記について話をしたかったのにその方がほとんど知らなくて(そして、まともに取り合ってもらえなくて)、憤慨していました。
古典のテクニックではなくて、ぼんちゃんはその世界について話したかったのだと思います。
そういう時のぼんちゃんは、
「なぜこうなったかわかりますか?」
などと、反抗的にわざと難しい質問をして相手を困らせるところがあります😓
たぶん、ですが、病院の心理士に対しても同じことをしたのでしょう。

ぼんちゃんはユニークで不思議な子には変わりないですが、彼の大切にしているものを私も尊重し、ぼんちゃんの成長を見守りたいと思います。




[PR]
by icecream07 | 2017-06-19 22:57 | ギフテッド/2E

ぼんちゃんがこんなサイトを見つけてきました。


このサイトは何らかの事情で飼うことができなくなったり保健所に保護されている動物の里親探しのサイトです。

ぼんちゃんはペットショップで犬や猫に会うことも大好きですが、飼うならばペットショップで”買う”のではなく、里親になってあげたいと考えています。

残念ながら我が家は夫が潔癖症なので実現しそうもないのですが…

*******

私の感じたASD/ADHDの療育とギフテッドのOEに関する対処の違いをぼんちゃんの例を挙げ、具体的に書いてみます。

入院中、ぼんちゃんの病院ではドッグセラピーの時間がありました。
ぼんちゃんは大の動物好きですから、苦しい入院生活の中でドッグセラピーは唯一楽しみにしていた時間でした。
遊びに来た犬は、ゴールデンレトリーバーとダックスフント。
そこでぼんちゃんは喜び過ぎて、看護師によると”他者を巻き込んだ”ため、厳しく叱られたのだそうです。
これは翌月のドッグセラピーの前日まで私は知りませんでした。
面会に訪れた私にぼんちゃんが泣きながら、
「明日のドッグセラピーは参加したくないから、看護師さんに伝えて欲しい」
と訴えてきて、初めてことの顛末を知りました。
看護師は厳しく、
「感情コントロールも必要な練習なので、参加は強制です」
と、泣いているぼんちゃんに言い放ちました。
私はその時、こうした心の動きを無視したものが療育なのか、と思いました。
そして、その感情コントロールに成功したらポイントが加算され、カード(ご褒美=強化子)が与えられます。

さて、この療法(ABAを用いているとのことでした)はぼんちゃんにとって奏功したでしょうか。

答えは、NOです。

ぼんちゃんは心を閉ざし、病院の犬とは仲良くしたくないと反抗的な態度セラピーに参加するようになりました。

この場合、どうしてあげたら良かったのでしょうか。


を書かれているGRさんがギフテッドのOEとその対処法について書いて(訳して)下さっています。
その感情性OEの対処法として、

・感情の激しい人は、「動揺するあまり自制がきかなくなったり身体的な症状が出ることがある」ということを知らない場合がある。そのような身体的または感情的な反応を予知する術を教え、彼らにそれらに対し備えさせると良い。頭痛、手に汗握る、胃痛など、感情のストレスに対する身体的なサインが認識できるよう協力してあげよう。そのサインを知り、早いタイミングでそれを察知して行動することにより、感情的な状況になったとき上手く対処できるようになり、自制心を失うということはなくなるだろう。

とあります。

これを読むだけでも、喜びの感情の激しさが現れた場合、それを障害特性と一括して”療法を施す”のではなく、自己の感情を知る良い機会であったはずです。
としたならば、

*感情の激しさは決してマイナスではない
*しかし、犬や周りにいる人間が驚く場合があるため、今後ソフトに接することが大事である

と落とし込まねば、ぼんちゃんにとっては逆に
”ドッグセラピー(または動物と触れ合うこと)は感情を殺さねばならない嫌な時間である”と、感じること自体がダメであると強化されるかもしれない”
という、真逆のことが起こりかねませんでした。
(影響は目に見えないため、いつかふと芽を出すかもしれませんが)

このように、”常に他者を巻き込む”わけではないぼんちゃんのようなタイプの行動について、私はまず、
原因と対策
を練ることが大切だと考えています。
良い悪いではなく、ぼんちゃんの動物好きという部分は肯定しつつ、大好きな犬を含め周囲に気を配るのが大事だと理解できるように伝えればスムーズです。

私は障害特性に対する療育/学習方法とギフテッド特有のOEに対する対処は明確に別物だと考えています。
時にそれがトラウマとなる危険さえあるため、慎重にならざるを得ません。

[PR]
by icecream07 | 2017-01-30 15:06 | ギフテッド/2E

感受性(感情性OE)

ぼんちゃんの感情の起伏の激しさを考えた時、私はそれが障害によるものなのか何なのか、よくわかりませんでした。
(今でもよくわかってはいないのですが…)

ぼんちゃんが11ヶ月の頃、私の歯の手術のために断乳をしたのですが、「ここよ、ここよ」という絵本を読むと、最後のオラウータン親子の絵(赤ちゃんオラウータンがお母さんに抱きついている)を見て、困ったように笑って、その内悲しげにワンワン泣いていました。

ぼんちゃんはお話を始めたのが早い方で、1才半で既に「眩しい〜」
と両手で目を隠したりしていたのですが、それ以前から言葉を介さなくとも意思の疎通ができていると私は感じていました。
って、これは多くのお母さんが感じられていることかもしれませんが、なんというか…赤ちゃんとはこうも激しく意思表示をするものなのか!と、いつもヘトヘトでした。

その内穏やかになるかしら、と思っていたのですが、それは今でも変わりません。

お正月に私の実家に行った際(私は仕事で行けなかった)、ぼんちゃん従姉妹のSちゃん3才が帰りたくないと駄々をこねるといけないからと、Sちゃんが帰る時に一緒に車に乗り、近くを一周したのだそうです。
一周して帰ってきた時、なんと赤ちゃんのように大泣きしていたのはぼんちゃんだったというオチ!
ちょうど電話をした時は大泣き真っ最中。
本当にエーンエーン!と泣いていたのでびっくりしました😱

そんなぼんちゃんですが、感受性豊かな部分が苦手とされる共感性に活かされることがあります。

ぼんちゃんは困っている人や動物への支援を見かけると放っておくことができません。
先日は突然、
「ホームレスの人たちへ、お年玉から食べ物の寄付をしたい」
と、自ら支援団体を見つけてきて、カップ麺や缶詰等を1人で全て用意し、送付リストを作り、箱詰めまでしました。
私はぼんちゃんのそういう”いてもたってもいられない”といった気持ちと行動力が大好きです。
また、今回は大切なお年玉から食べ物を用意しました。
そんな時のぼんちゃんは、普段の面倒臭がりで吝嗇(に、見える…私の前では。)ぼんちゃんとは大違いです。
これもまた、ぼんちゃんの生きがいの一つなのでしょう。

f0364728_22352479.jpg



それらを感情性OEと言ってよいのかわかりませんが、とにかく”激しく悲しみ、激しく喜び、激しく共感する”ぼんちゃんです。
(痛みも、音も、いろんなものが激しく感じられるようで、特にCMの真似は特徴を掴みながらも本物よりもちょっぴり大袈裟なので、いつも大笑いしてしまいます)


[PR]
by icecream07 | 2017-01-20 21:43 | ギフテッド/2E

凹支援だけではなくて

ぼんちゃんは小学1年生の一年間は市で行っていた療育に通っていました。

物を貸したり借りたり
挨拶を覚えたり
ありがとう・ごめんねの場面を作ってみたり

今思い返すと、幼稚園の頃から特にそれで困ったことのないぼんちゃんにとって、その療育が必要だったのかどうかわかりません

また、国語(読解)や道徳が得意だったので、そうした場面の応用(類推)もきいたのかもしれません。

2・3年では小学校の通級指導に通い、漢字九九や協調運動障害の練習(力加減等)をしてきました。

手厚い支援を受けてもなお、ぼんちゃんの心は晴れません。

それどころか、4年生で気の合わない担任になった途端に不登校となってしまいました。

ぼんちゃんにとって、ボールが優しく投げられたというのは褒められて嬉しいこととはまた異なります。
また、昇降口で足が止まってしまった時に「”休憩ルーム”でパニックがおさまるのを待ちましょう」というのは侮辱されたように感じるようで、更に怒りで肩を震わせ「人の気持ちを何もわかっていない」と涙をいっぱい溜めてこちらを睨んでいます。

学校は(病院も)ぼんちゃんにとっては凹支援によって凹を自覚せねばならない場所であり、そのたびに心が死んでいく(ぼんちゃんによると)場所であるのでしょう。
ぼんちゃんの深く広い内面世界は発達障害特有のものとされ、話す相手もおりません。

どうして10才の男児がこんな孤独を味合わなければならないのでしょうか。

そんなぼんちゃんを理解してくれる先生がいたらなぁ…

と、時々思います。
凸支援があったとしたならば、気持ちも安定するのではないかしら。

[PR]
by icecream07 | 2017-01-13 23:09 | ギフテッド/2E

今朝は一時間目が体育だったからか、登校できていないぼんちゃん。
冬休みからの三連休明けということもあり、登校は厳しいかもしれないとは思っていましたが…

体育は、ぼんちゃんにとって心配事がたくさんある授業の一つ。

着替え→時間がかかる
グラウンドまたは体育館に行くのが遅れる→既に授業が始まっている
4年生になってほとんど出席していないため、最後の列に組み込まれている→馬跳びなど、背の高いクラスメイトと組まなければならない

などなど。
普段ならそうした懸念があったとしても何とかやり過ごすことはできるのですが、休み明け最初の授業となると不安が強くなりすぎて、授業に参加できなくなってしまいます。

2時間目だけは出席するというので、先ほど送って行ったところ。
体育に参加せず、保健室等で過ごしてもいいんだよ、と言ってみたけれど、それは絶対に厭なのだと泣いていました。
この繊細さと黒か白かといった思考、本人のつらさを考えると胸が痛みます。

*****

どこかにぼんちゃんが安心して楽しく通える学校はないだろうか?と、私は常に考えているような気がします。
また、ぼんちゃんのことを理解して下さる医師はいないのかしら、とも。

このところ、ギフテッドの支援や教育の話題が盛んに出ています。
そんな中、きらりママさんが新たに親の会を立ち上げて下さいました。
ギフテッド(さらに、ぼんちゃんには様々な障害があり、欧米でいうところの2Eであろうと考えています)の親御さんは上記のように思い悩み、そして孤独を感じることもしばしばあるのではないかと思います。
そんな親御さんが集まって、情報を共有し、子育ての苦労やお子さんたちの特異な才能について自由に語る場を作っていただいたことは非常に有難いことです。
教育や福祉の活動は利潤にはフィットしないだろうというようなことを仰った方を以前お見かけしましたが、私も同感です。
誰がリーダーというわけでもなく、自由に・対等に語る場があるというのは、特異なお子さんをお持ちの親御さんにとって(ギフテッドたるや?の)良い学びの場となるのではないでしょうか。
目的に沿った柔軟な思考は、新たな道を切り開いていく大きな力の源になると思うのです。

私は子供に突出した能力がある場合、それを伸ばしてあげることは凹支援と同等かそれ以上に大切なことだとずっと思っていましたし、今もそう考えています。
思い悩み、ブログを立ち上げた時にアメリカのギフテッド情報を発信し、声をかけてくれたのがあーちゃんママさんでした。
親バカで参りましょう、という言葉に背中を押してもらい、今に至ります。
ぼんちゃんのIQに関してはwisc3を1回、wisc4を2回受けていますが、それぞれ下位検査の結果がバラバラなので、ある程度の目安として見ています。
とにかく、コンディションによって変わりやすいぼんちゃんですので、あくまでも目安です。
実際目の前にいるぼんちゃんは”普通の”勉強が突出してできるわけではありませんが(説明が難しいのですが、嫌いな割にできる方です)、教えれば応用のきく子です。
実際、懸念していた4年生の授業の遅れも冬休みの間に塾からいただいたプリントをやり取り戻すことができました。(漢字以外)
それでも学校へ行くべきか…と考えてしまうのは、社会性の勉強と友達との付き合いがあるからです。
何よりも、本人が周りと同じでありたいという強い希望があり、私は将来的に(今もですが)それが彼自身を苦しめるのではないかと不安を抱いています。
※ぼんちゃんは学校では「意欲ある生徒」ではないため教師からも見過ごされるタイプの子どもだろうと思います。

そんなわけで、長年の研究とその成果が積み上げられているアメリカのギフテッド教育のあり方を学ぶことは有意義であると思いますし、せっかくその教育が「一定の成果があげられている」(ぼんちゃんの心理士による)ならば、形を変えず日本の教育に取り入れればいいのにと思います。
それが等身大の自分を理解し、意欲に繋がるならば、なおのこと。

ディスレクシアに関しては、日本はイギリスから30年40年も遅れているといわれています。
オックスフォードの大学院を卒業し、BBC Japanの記者である加藤裕子さんのブログでもそれに関し言及されていました。
同窓の中にかつてディスレクシア支援を受けられていた方々がいらっしゃったそうで。
今の日本では考えられないことだと思います。
(支援方法どころか、専門家自体少ない)

ダラダラと書いてしまいましたが、私としてはブログ・親の会等で共有した情報を元に、子どもに適した環境作りができたらいいなと考えています。

[PR]
by icecream07 | 2017-01-10 08:27 | ギフテッド/2E

LD児の特徴としてワーキングメモリーの凹みがみられると、その関係性が指摘されているブログなり
論文などを目にする機会が多いです。
これはLD児に限らず、ADHDの子たちにも言えることでしょうか。

ギフテッド・LD発達援助センターさんのブログにもそのようなことが書かれていて、ふと考えてしま
いました。
と言うのも、ぼんちゃんはワーキングメモリーと処理速度が高かったからです。
新たに検査を受けたのでまた結果がわかれば対処できるかもしれませんが…
(今回はK-ABCも受けています)

聴覚の短期記憶も視覚の短期記憶も得意な方だと思うのですが、いざ実生活となると、ほどんと生かさ
れていないような。
板書も必死なのに。。。不思議。

ぼんちゃん、どういう風に世界が見えているんだろう?

とにかく、検査を受けたのは小学1年生の時だし、検査日は多動が激しく途中から動き回りながら答え
たと結果に書かれていたため、また結果は変わってきているかもしれないです。


にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村




[PR]
by icecream07 | 2016-09-15 15:54 | ギフテッド/2E