お久しぶりです

ずいぶん久しぶりの投稿となってしまいました…
思っていたよりも仕事が忙しくなり、全く身動きが取れなくなってしまったのです。
(ありがたいことですが)

一つ、とても興味深い文章を見つけましたので、個人的なメモを兼ね、シェアしたいと思います。

「トマス・アクィナス 理性と神秘」山本芳久著 岩波新書 より引用

アリストテレスが述べているように、人間精神は、最初は、「何も書かれていない書字版(tabula rasa)」のようなものである。だが、知性と感覚-視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚-という認識能力を兼ね備えていることによって、人間は、自らの精神を認識を通じて次第に豊かなものとしていくことができる。(略)
そのことは、認識能力を有さない他のものと比較してみると分かりやすい。たとえば、石には「経験」を積むということはない。別の言い方をすれば、石には「世界」が開かれてくるということはない。(略)
人間の場合には、それ(五感などの感覚的世界の経験)だけではない。「知性」によって「すべての可知的な形相を受容する」-宇宙万物の在り方を知的に認識する-ことができる。これが「魂はある意味においてすべてのものである」というアリストテレスの言葉の意味するところのものだ。
それに対して、「すべてを観たまう者(神)を観る者、その者の眼に入らないものがあろうか?」というグレゴリウスの言葉は、天国において顔と顔を合わせて神を直視している至福者たちの在り方を捉えたものである。(略)
愛に満ちた魅力的で熱い語り口ではあるが哲学的な基礎づけを伴っていないグレゴリウスの言葉と、冷徹に人間精神の可能性を哲学的に分析しているアリストテレスの言葉が絶妙な仕方で結び合わされることによって、トマスは、熱烈な宗教性と冷徹な哲学的認識とが相互浸透する魅力的な世界を読者に開示することに成功しているのである。

これは、中世において最大の神学者であり哲学者でもあったトマスの文章を解説した箇所ですが、グレゴリウスの(キリスト教徒にとっては)耳に心地よい(だが、宗教性に傾いており、具体的な肉付けがされていない)言葉に対し、アリストテレスを引用することにより、つまりはこういうことなのですよ、と読者に開示しただけでなく、更にグレゴリウスの言葉を熱狂的で感覚的なものから更に高次のものへと引き上げることに成功しています。

言葉というものはとても難しく、その表層の部分から感じ・考え、喜んだり悲しんだり熱狂したりということもあろうかと思いますが、やはり分析をするということは面倒がらずにするべきだなぁと改めて思いました。

なぜなら、その言葉…概念…は、誰のものでもなく、放たれた瞬間から公となるのだから、様々な視点より議論を重ね、その言葉自体をより豊かにしていくことは我々にとっても有益であると思うからです。

別の興味から手に取った本でしたが、山本芳久先生の解説から言葉(概念)についてのトマス・アクィナスのまさに神業のような偉業に舌を巻きつつ、身近なことであれ、それらを掘り下げていく鍛錬を積もうと改めて考えさせられました。


[PR]
by icecream07 | 2018-02-06 08:41 | 本など

ギフテッド、2Eについて

遅ればせながら、「才能の見つけ方 天才の育て方」を読みました。
2E(twice exceptional )については確かに間違っており、

2つ以上の分野で高い能力を持つ子ども

ではなく、

ギフテッド+何らかの障害(我が家の場合ですとASD・ADHD・Dyslexia)

です。

とはいえ、ギフテッドとは何者なのか?という点では(日本においては)画期的な書であったかなと思いました。
私はギフテッド=天才と訳すること(訳?)にはかなり違和感があるので、それに関しては非常に残念と言いますか、より一層(出来杉君的な)誤解を生みかねないため、ギフテッドが「親の願望」と日本の一般社会において受け止められる危険を孕んでいるタイトルだと思いましたよ。

ところで、ギフテッドの非同期的発達に関しての例がぼんちゃんそのままで、なるほどなぁと思いました。


f0364728_22591179.jpg


ぼんちゃんはただいま9才ですが、写真の本を読んでます。(読み聞かせですが)
神統記についてはパンドラのパの字も出てこないのですが、そのいきさつ(確かプロメテウスだかヘラクレスの箇所。よくわからない私は忘れました)を説明してくれて、へぇ〜と思ったものです。

ギフテッドの子どもたちは様々な分野で特異な才能を発揮すると思うのですが、ぼんちゃんはどうやら古典文学(歴史?)のようです。
国立博物館の古代ギリシャ展も行きましたが、自分のわかる範囲で説明してくれて、私はとても楽しかったです。
考古学も楽しそうだと展示を見た後言っていましたよ。
(それにしても、上野とぼんちゃんは縁が深く、きづけば3才の頃から通いつめてます)

にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村

[PR]
by icecream07 | 2016-08-10 23:10 | 本など

ぼんちゃんは4年生になり、学校へ行くことだけでなく勉強自体も放棄するように
なりました。
これには私も焦りました。
今もまだ悩み中ですが、今は病院で暇つぶしに夏休みの学習を一通りやっているよ
うです。

(学校の)学習を放棄した理由は幾つか考えられますが、
■書くことが面倒(書けないわけではないけれど)
■算数など教えられた通りに計算しないとやり直しになってしまう
■興味が無い
などなど、たくさんあると思います。

私はその問題の根底にはASD+ディスレクシアの特性とギフテッドの特性が複雑に
絡み合っていて、更に問題を厄介にさせているのでは?と思っています。
とにかく一つ一つ問題をクリアにしていくにはディスレクシアの対処(支援?)は
避けて通れず、しかしながらぼんちゃんの通っている小学校では週に1度しか通級指
導クラスがなく、忙しかったり暇だったりと仕事に波がある私には常に彼をサポート
するにも限界があり…(そもそもディスレクシアの指導方法ってどうしたらいいんだ
ろう?)
ちなみに、こんな記事も。


経済的余裕さえあればイギリスの専門校に入れてやりたいんだけどなぁ…と、今でも
思うことはありますし、ひらがな・カタカナ・漢字・アルファベットを覚えなくては
いけない環境も、支援クラスで個別カリキュラムを組むことも前例がないために難し
いとされる教育の環境も、何とかならないものかと思案中です。

しかし、実際イギリスに留学することのメリットは?
ディスレクシアの生徒が日本だとレベルを落とさねばならない*のに、本人の能力を引
き出すイギリスと日本の教育の違いって?
(*これは主治医の言葉なので実際どうなのかはわからないのですが)
そこで、ディスレクシアでイギリスに留学し、建築家となった藤堂高直さんの本を読ん
でみました。
f0364728_15435265.jpg

こちら。

いや〜…面白かった。
彼はディスレクシアでありギフテッドであると思うのですが(杉山登志郎医師のギフテッド
の本にも登場していますね)、その本人自身による記録という点で、とても興味深かったで
す。
ディスレクシア(またはASD?)の子どもたちの特徴なのでしょうかね、ぼんちゃんと似た
ような部分がたくさんありました。

藤堂さんは理解のない先生にも仲の悪かった同級生にも妥協しない強さがあり、その点は
ぼんちゃんとは大違いです。
(ぼんちゃんもある意味妥協はしていないのですが、彼らの眼前から姿を消すしか自分を守
る術を知らなかった)
それでも、言っていることは同じ↓

”この先生は、生徒を叱れば思った通りの反応をするだろうという前提で生きているらしく”

(ぼんちゃんの不登校の原因は私はまさにコレだろうと考えています。)

藤堂さんのイギリスでの努力を考えると大変なものだったと思いますが、何よりも

”私は日本の価値基準における「普通」ではないし、劣等でもない、けれど
特別でもない、普通なのだ。そう思うようになりました。”

という言葉には涙が出そうになりました。
ぼんちゃんは今現在行き場がなく、熱心な指導の先生が異動となればそこで支援が途切れてし
まう。
よって、中学からは私立に行った方がいいかもしれない…と支援の先生がアドバイスをしてく
れています。

まだまだ暗闇の中をさまよっている私たち。

肝心のイギリスと日本の教育の具体的な違いを書く余裕がなくなってしまいましたが、やはり
合理的配慮”以前に、適切な支援+個性の尊重が彼らには必要かなと思った次第です…





にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by icecream07 | 2016-08-08 18:00 | 本など