発達障害と食事

昨夜、前の日記の「足首ぐるぐる」と「片足立ち」のことを考えていて、あれだけのちょっとした刺激でぼんちゃんの調子が少し良くなった姿を見て、偶然かもしれないけれどやり続けてみようかな…と思い始めました。

というのも、論理パズルがすんなり解けた事も驚きでしたが(Z会の同じような問題をついこの間放棄したばかりだった)、病院からの夜の電話でも声が明るかったからです。
毎回自宅から病院に戻った日は涙声になってしまうぼんちゃんが”普通”だったのには驚きました。

まぁ、偶然かもしれませんが、運動、それも普段使われず凝り固まった部分を重点的に動かしたことで運動野が活性化され、脳の血流が良くなったからかもしれません。
それによりセロトニンが増え、ADD的にも不安障害的にも効果があったのではないかしら…
(なんて、考えすぎか)

そんなぼんちゃんの小さな変化で思い出したのが、またまた玄米のこと。
玄米にはセロトニン合成には欠かせない成分が含まれているため、せめて一食だけでも玄米にした方が良いのかも?と思いました。

と、いろいろ調べていたら、on dyslexiaのもじこさんも書かれていました。




以前も書いたことがあるかもしれませんが、私は数ヶ月だけ玄米食にしたことがあり(肉類なし・野菜と小魚のみ)、その時期は鎮痛剤や抗不安薬等の薬を断つために実験的に行ったのですが、これがかなり効果があったのです。
人生で初めて体が軽いと感じ、冷静でいられる上に、文字もすんなり頭に入っていく感覚。
が、引越しのドタバタと直後の東北の震災で(勝手に)自分が忙しくなり、手のかかる玄米食から遠ざかってしまっていました。
※おかず作りが面倒だった
夫も調子が良かったらしくて、たびたび玄米食にしてくれと言われていたのですが、ぼんちゃんが食べなかったら面倒だなぁなんて思って先延ばしにしていたんですよね。
自分も今また薬を必要としていて、まぁこの先も薬を使って悪いわけではないけれど、症状はマイルドにしたい…と思っているのなら、再度トライしてみても良いかも?

なお、以前の玄米食お試し期間は脳に効果ありの成分がどうこうではなく、単純に気管支喘息で苦しんでいたらしい祖父が玄米食で調子が良かったので私もやってみようというような動機で始めたものでした。

ぼんちゃんの諸々にも良さそうだし、早速今週末からトライしてみようと思います。
(私たちは今夜から)







[PR]
by icecream07 | 2016-10-11 12:25 | その他 | Comments(0)

週末

いろいろあった週も終わり。
この間は病院からの説明にびっくりしましたが、目の前にいるぼんちゃんは以前からのぼんちゃんと変わっておらず(当たり前ですが)。

病院には一応生年月日の間違いは報告しました。
週明けお返事がいただけるかわかりませんが、今までのやり取りを思い返してみても、どんより…な気分になったりして。
大学病院だからか、研究対象でしかないような対応に私は戸惑ってばかりです。
アスペルガーだから気持ちのやり取りの上で恥の概念がない(発達していない)んじゃないかと思われていたり。
行動が幼稚だからでしょうか。
気の毒…

f0364728_17454443.jpg


なんの気なしに選んだグラスを見て、
「ありがとう〜、イッカクかわいい016.gif
と喜ぶぼんちゃん。
イッカクはツノじゃなくて歯なんだよ、と教えてくれました。
(知識は留めることはできるけど、アウトプットや応用は…)

昨日は父の親友が彼の会社の元従業員さんとその方の娘さんと一緒に、ぼんちゃんをランチに連れ出してくれました。
父の親友以外は初対面だし心配したのですが、よく行くショッピングモールに行ったようで、ぼんちゃんがお店の案内をしてくれたと感心してくれました。
そういうところは幼稚ではないんだなぁ。
不思議な人。
帰りに父の親友の携帯から連絡があり、私が
「いい子ちゃんにできたかな?」
とつい言ってしまい、それが車内でみんなに聞こえていたため、ぼんちゃんに後で叱られました。
恥の概念も年齢相応に発達しているように思います。
というか、私が危険?^_^;



[PR]
by icecream07 | 2016-09-25 17:25 | その他 | Comments(4)

カチンとくるのか…

これはちょっと前の話になります。

教育者からの不適切な対応などで苦しんでいるお子さんたちについて綴られたブログを読んでいると、私もついぼんちゃんのことを考えてしまって、とても悲しくなります。。

以前、発達障害児や不登校児の支援に携わっている人からこんな言葉を聞いたことがあります。
それは、

「口達者なアスペルガーの子たちには正直カチンとくることも多い」

ということ。

確か、ぼんちゃんが担任教師と合わないと相談した時のことです。
多分、その方は担任教師だけを批難できないと、そのような文脈で上のようなことを仰ったように記憶しています。

日本ではギフテッドの概念がありませんので、もしかしたらですが、その「カチンとくる」中にギフテッドや2Eの子たちがいてもおかしくないなと、そう思いました。

しかし、です。
仮に「カチンとくる」ことが事実だとしても。
教育者は教育のプロフェッショナルであるはずで、そしてそれ以前に大人なのだから、そして心を傷めたり不登校になっているのは師弟であり(って古いか)子供なのだから、やはり私は教育者に対しての擁護は難しいと思っています。

カチンとくるのはなぜなのか。
彼らのソーシャルスキルの低さがそうさせるのか、はたまた、優秀過ぎて生意気に感じるのか。
喋り方が気にくわないのか。
話す内容が気にくわないのか。

教育者の何気ない一言で、何気ない仕草一つで、傷ついているのは子供たちなのに。

もちろん、腫れ物に触るように扱って欲しいと言っているわけではありません。
たとえ相手が子供であろうと、たとえ相手が発達障害だろうと、一個の人間として接して欲しいと、私は思うんですよね。

…そう考えると、そのあたりはその人の人間観による部分がとても大きいように思います。

ところで、一連のドラマや映画を見る前に、夏目漱石の「野分」を読みました。
読みながら、ギフテッドの内面とはこんな感じなのかなと思いましたし、”ごく普通の賢い人”との対比が面白く感じました。
青空文庫で読めるので、まだ読んだことがないという方がいらっしゃいましたら、ぜひ。














[PR]
by icecream07 | 2016-08-28 20:01 | その他 | Comments(2)

ぼんちゃんとの週末

ぼんちゃんが病院に帰って行きました。
ぼんちゃんを送り届けると毎回ドッと疲れが出て、横になっています。
多分、なんで入院させてしまったんだろうと、毎回毎回思い悩むからだと思います。
でも、少し前を振り返ると友達と遊ぶことすら拒否していたので、以前のように遊べるようになったというのはかなりの前進です。
昨夜は地域の夏祭りで、仲の良い友達数人とお祭りを楽しんでいました。

「もう人の目なんて気にしない!」

と言って出掛けたぼんちゃん。
担任教師との間でよっぽど嫌なことがあったんだろうなと再度思いましたが、病院という荒療治の末、まだ担任教師の方がマシと思うようになったようです。
どちらも私には(まだ)悩みのタネですが…

ところで、週末は2人で映画「シン・ゴジラ」を観に行きました。
映画鑑賞はぼんちゃんの趣味の一つ。
最近では一人で観ているのですが、シン・ゴジラは私も観たかったので一緒に観ました。
シン・ゴジラは所々震災や原発事故を思い出してしまう場面も多くて、ゴジラよりもあの政治家(矢口)の方が非現実的に見えてしまいましたよ。
(その点、強烈な風刺映画と言えましょう。)

f0364728_21555328.jpg

ぼんちゃんのお土産。
相変わらず好きなのね。
ゴジラなど観たこともなかったのに登場怪獣についていろいろ説明してくれて…どこで知るのか、またしても不思議に思ったのでした。




にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by icecream07 | 2016-08-21 21:19 | その他 | Comments(0)

ぼんちゃんのイトコ

ぼんちゃんには3才になるイトコのAちゃんがいます。
私の姉の子なのですが、いろいろと気になることがあるようです。
たとえば、大きな音が苦手だったり。(掃除機は大の苦手)
集団の中で浮いていたり。
妙なこだわりがあったり。
そして、64ピースのパズルを完成させたり、平仮名も書いてごらんというと、拙いながらも書いてみたり。

f0364728_15515611.jpg

こんな感じですけども。
「さ」だそう。

ぼんちゃんは文字には全く興味を示さなかったけれど、Aちゃんは文字を理解しているみたい。
姉はぼんちゃんが生まれた時からずっと可愛がってくれているので、いろいろと思うこともあるのでしょうね。

お盆休み、ぼんちゃんから離れないAちゃんが可愛くて仕方なかったです。
ぼんちゃんもAちゃんの前ではお兄さん顔でした(*^^*)

私たち姉妹はそれぞれ一人しか子供がいなくて、何ていうか…子供の特異な部分は親の勘でしかなく(うちの場合、明らかな障害以外は)、とにかく今は

なんだか子育てが大変…

という感じでしかありません。







にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村


[PR]
by icecream07 | 2016-08-15 21:40 | その他 | Comments(0)

はじめまして

小学生の凸凹息子ぼんちゃんのことについて綴っていきたいと思います。

ぼんちゃんがちょっぴり変わった子だなと気づいたのは幼稚園の時。

恥ずかしいのですが、それ以前私は
「この子ひょっとして天才かも?」
と思っていました。
3才の頃には恐竜だけではなくて他の生物についても詳しく(ウルトラマンの怪獣にも
詳しかったし妖怪も詳しかったのですが)、科学博物館に初めて行った時に展示を指差し、
ダイオウイカについて説明をしてくれたりして、ちょっと普通と違うなと感じたからです。
黄色と数字の8が大好きな、不思議な小さい人。

そんな小さな人でしたが、幼稚園の年長さんになった時に登園しぶりが始まりました。
■夜寝つけないこと
■偏食が激しいこと
■とても早口なこと
■友達と遊ばないこと
■黄色と8にこだわること
などなど、様々なことから児童精神科にてアスペルガーの診断がおります。
wisc-3の結果は”やや高め”といったところでしょうか。
(知識だけは19点と最高数値だったので当時びっくりしたのを憶えています。)

その後いろいろありまして(端折りますが)、現在は
アスペルガー+ADHD+ディスレクシア(+ギフテッド(2E)?)
と診断されています。
*ギフテッドは、いろいろいろいろあった末、長年お世話になっている∫君のお母さんのブログ
や他の皆さまのブログを読み、私が勝手に思っているもの
です。

現在ぼんちゃんは小学4年生、担任の先生と合わずに不登校となりました。
そして、登校訓練のために入院中です。
(こちらはまた追々)

ぼんちゃんの特異な学習としては、マンガやゲームと同じように知識を吸収することを
好み(多分本人はマンガやゲームを楽しむことと同じだと思っているはず)、ギリシャ
神話は神統記やイリアスを読み聞かせしても理解できる(楽しめる)程度に頭に入って
います。
*ディスレクシアのぼんちゃんは小説など細かい字の連なりが読めません。なので、本人
はマンガや解説本・インターネット(?)等から様々な情報を得ているようです。
その他、時々驚くような知識を披露してくれます。

今は不登校→入院と不安定(感情性OE大爆発中といったところでしょうか)ですが、
少しずつ凸凹ぼんちゃん日記を綴っていけたらと考えています。

よろしくお願いいたします。

ぼん母。


にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村
[PR]
by icecream07 | 2016-08-04 14:36 | その他 | Comments(10)