偏食について

夏休みですが…

ぼんちゃんはスクールだし、
夫は仕事。

私もなんだかんだと雑用があり(そのほかにもいろいろと)、結局慌ただしく過ごしています。

昨日は夫とランチの時間がタイミング良く合ったので、久しぶりに行きたかった食堂へ行けました。

メニューは、
ズッキーニとナスのキッシュ
自家製マヨネーズのマカロニサラダ
ナスの煮浸し
自家製ピクルス
玉ねぎと人参のスープ
雑穀米

いつも食べたいなぁと思ってメニューを眺めている食堂。
ぼんちゃんが野菜や酢を使用した料理をほとんど食べられないため、一緒に訪ねることができず、お預けとなっていたのです。
ただ、ぼんちゃんの場合は味そのものも大事なんですが、お店の雰囲気や料理に寄せる期待によっては食べられることもあり、ぼんちゃん自身の狭い範囲での理想がある(高い)んだろうな〜とも思ったりしています(-_-;)

毎日のお弁当も、食事の支度も一苦労です。
白米に発芽玄米を混ぜて炊いたら、大泣きしてしまったり。

白米の話で思い出しましたが、父も白米しか食べられず、戦後日本が貧しい時代、元海軍兵士であった祖父が上官のお宅を訪ねた際、晩ご飯を食べて行きなさいと誘って下さり、祖父は「もし白米じゃなかったら息子が食べられない。しかし、そんな失礼なことは上官には絶対に言えない!」と、青ざめたことがあったそうです。
(当時のことを考えると、実家は田舎にあるとはいえ、農家ではなかったため、白米を用意するのも大変だっただろうなぁと思います)
幸い、上官のお宅で白米を出してくださって事なきを得たそうですが、時に子供が偏食(嗅覚・味覚過敏などにより)であると、どう説明してよいか悩む場面もあります。

私も、仲良くしていただいているお鮨屋さんからお誘いを受けたことがあり、どう説明しようか?と悩んだことがあります。
仕事がきっかけでお知り合いになった方で、ぼんちゃんが産まれた時もお祝いをいただいていたので、いつかは連れてご挨拶に…と思いながらも、延ばし延ばしとなっていました。
ご近所のお鮨屋さんなら良いのですが、予約を取ることも難しいお店で、お客さんも一流…かどうかは知りませんが、私たちにはかなり敷居が高いお店。
そんな場所で、
「食べられないです」
なんてことになったら恐ろしい!と、躊躇していました。

しかし、いざ訪ねてみると、
「子供の頃から酢が旨い旨いと言って食う奴はほとんどいない」
やら、
「食べられそうならコハダを握ってみるよ」
と、声をかけてくれて、ぼんちゃんもリラックスしたようで、かなり酢の効いた酢飯もコハダも「おいしい!」と、目を丸くして、驚きながら頬張っていました。
また、ぼんちゃんはイクラが大好きなのですが、
「お母さん、もらっていい?」
と、私のイクラに手を出そうとしたら、
「それはお母さんに握ったイクラだからダメ!」
とピシッと注意して下さって、ぼんちゃんは「しまった!」とバツの悪そうな顔をしていたのですが、そのあとなんと、3〜4回もぼんちゃんのためにイクラを握ってくれたのです。
「食べたかったら、ちゃんと自分で言うんだよ。握ってやるから」
と。

こんな有難い経験のおかげで、ぼんちゃんの世界が少し広がりました☺️
食べられないことは、時として自分がつらいだけではなく、罪悪感に苛まれ、パニック発作の予期不安のようにその場を避ける傾向にあるのでは…とも思います。
挑戦を恐れないよう温かく見守って下さったお鮨屋さんには感謝しきりです。

まだまだぼんちゃんには食べられないものが多いのですが、少しずつ良い体験を重ね、食の世界にも広がりがあるといいなと思いました。

***


f0364728_13241766.jpg

友人からのプレゼント。
フランス製のカゴをいただきました。
スワッグなどを入れて飾っています。

[PR]
by icecream07 | 2017-08-22 13:13 | その他 | Comments(0)

お返事


私が指摘したのは、

公の場での他者(他国)に対しての侮辱/差別行為はいかなる場合であろうと駄目だ

ということです。

自身の思い通りにならないからと言って、相手(国)に負の烙印を押すのは当然なことなのでしょうか。

もし私がイギリスのEU離脱について専門に調べており、メルケル首相及びドイツ政府が冷徹であると結果的に考えたとしても、ナチスを持ち出すことはないでしょう。

なぜなら、それだけセンシティブな問題だからです。

長くお返事を書いて下さったのに恐縮ですが、論点がずれていたように思いましたので、再度書かせていただきました。

***

もう一点。

私も一個の人間です。
あーちゃんママさんとは長年仲良くさせていただいていますが、

信者

ではありませんので、そろそろ私のことも対等な立場でみていただきたいものです。

私があなたを差別主義者であると感じるのは、賛同者以外に対し、蔑みの言葉を当たり前のように使用するからです。

今一度、ご自身の書いた文章を読み返してみて下さい。


[PR]
by icecream07 | 2017-08-17 21:52 | その他 | Comments(2)

差別主義者

ぼんちゃんの話とはズレるのですが…

先日(昨夜、か)、NHKスペシャルで731部隊について踏み込んだ取材番組が放映されました。
私はまだ見ていないのですが、録画できたので、見るのが今から楽しみです。
楽しみというと語弊がありますが、人間の良心についてとても興味があるため、なぜあのようなことが起こり得たのか、知りたいという欲求が強いのです。

8月は戦争を振り返る季節…そんな番組も多く放映されていますね。
ちょうど先週、これまたNHK BSでミルグラム実験についての番組が放映されていたので、こちらもまた見たばかり。

とあるブログで

”そして、他のヨーロッパ諸国。。。。ドイツ、最悪ですよ!!

 

やっぱり、ヒトラーを支持するだけの国民性があるんですね。

 

個人をみたら、勤勉なドイツ人が多いので嫌いではありませんが、イギリスのEU離脱についての、ドイツの底意地の悪さというか、陰険さは、ナチスドイツさながらのサディストぶりを発揮しております。”


などとレイシストさながらの発言をよみ、心底驚いてしまいました。


これ、日本で言うならば、


「さすが、かつて人間を『丸太』と呼び、様々な人体実験の”道具”とした、サディステックな国民性」


ってことと同義ですよね?


個人的には、イギリスの国民投票でBREXITが選択された事実をみるに、ドイツのメルケル首相が「今まで通り(EUは離脱するが、関税同盟など単一市場の享受は継続)などという虫の良い話はない」というのは至極当然のように思うのです。


それをあたかも


底意地悪い

ナチスドイツさながらのサディステックな


などと現ドイツ(政府)がいまだナチスドイツの影を引きずっているような、読者に偏った情報を与えていることに、私は思わず呆れてしまいました。


その批判の仕方について、私は呆れたのです。


自分の意に沿わないゆえに、政府・国民単位で批判するその姿勢。

ナチスドイツとの決別を厳しく取り締まり、反省を続けるドイツ国民全体への最大の差別&侮辱発言。


そんな差別発言をなんの躊躇もなく公開できる神経は、正直理解しかねます。


私はイギリスのEU離脱も本当に残念に思っており、現実的なメルケル首相の発言に関しては心の底から、


当たり前!


という思いが強いです。


こうした問題は私情と切り離して考えるべきです。

何もかもが自分の希望する通りにはならないのだから。

その鬱憤を晴らすために、それを一括りにナチスドイツと絡めて”国民性などと形容すべきではないですね。


事実は事実ですが、原因は別の(イギリス国民の)部分にあるのです。


…正直、そんな差別主義者によるギフテッド論は恐怖でしかありません。

人間は肌の色や国籍や、過去の国の過ちから判断されるべきではありません。

今どうであるか、が、重要だと思うのです。


今眼前にいる子供に必要なことは何なのか


それを考えることは果たして差別となるのでしょうか。


ちょっと考えれば、理解できることではないかと思います。


[PR]
by icecream07 | 2017-08-14 22:52 | その他 | Comments(13)

私のことなど

発達障害とギフテッドについて考えていて、ふと思ったことがありました。
実は私はぼんちゃんを産んだあとに頭が混乱してしまい、抑うつの状態になってしまった時期があります。
パニック発作が出てしまったのもぼんちゃんが2才になる頃。
しかし子供の成長は待ったなし、なんとか生活を維持しなければと、精神科を訪れました。
そこで若い男性医師と話をして、なぜか知能検査を受けることになりました。
たぶん、私の言動から発達障害だと思ったんでしょうね。
で、結果、
「あなた発達障害だから治らないよ。僕は3月で異動だから、今後どうするかは自分で決めてね〜」
と言われたのです。
前々から自分のことを周りとは少し違う(馴染めない)と思っていたので、私はやはり発達障害だったのかと納得したものの、このまま抑うつの状態が続いたらマズイと考え、いろいろと調べ、都内の病院で徹底的に治療をすることに決めました。
(発達障害だからこの状態が治らないということはないだろうと、一縷の望みをかけて。私は転換性障害=ヒステリーを患うまで悪化してしまい、脚が動かなくなったり腰痛で歩けなくなったり、当時は散々でした)

都内の病院の医師は動機づけ面接の専門医。
動機づけ面接法とはこんなものらしいです。

そこで私は一年ほど入院・通院治療をしたのですが、半年ほど経った頃、”お母さん”のような医師に、
「以前の病院で発達障害と言われたのですが、その対処としてはどうしたら良いのでしょうか」
と相談をしたら、先生が笑って、
「あなたはただのうっかり者よ。障害というようなレベルじゃないから」
と言われ、その時は目の前の治療に専念することにしつつも、心のどこかで、
(では私は一体何者なんだろう?)
という問いが続いていました。

ぼんちゃんと国立科学博物館や水族館など激しく通っていたのはその頃(ぼんちゃん3才)です。
ぼんちゃんは恐竜だけでなく生物全般に興味を持ち、また、様々な怪獣が登場するウルトラマンが大好きで、ふる〜いもの(タロウとか)から新しいものまでよく観ていました。

話が逸れましたが、ある日ストンと”生きるとは何か”ということが腑に落ち、自宅へ戻ることを決断できるまで回復したことに自分でも気づきました。
(きっと動機づけがうまくいったのでしょうね)

しばらく元気に暮らし、ぼんちゃんも幼稚園の年中さんから通うか保育園かと悩んでいた6年前の3月。
東日本大震災が起こりました。
最初はまだ良かったものの、私は日増しに調子が悪くなり、3〜4ヶ月後、特大級のパニック発作に見舞われたのです…

仕方なし、近所の精神科に救急で診てもらい、しばらくまた通うことになりました。
私は再度、
「やっぱり発達障害だから調子を崩しやすいのかもしれない」
と思うようになっていました。
そこで再検査をすることになったのですが、

「障害ではありません」

という結果が出たのです。

しかし!!

その後ぼんちゃんにアスペルガー症候群(現:広汎性発達障害)の診断が下り、ぼんちゃん医師からも、
「子供がそうである場合、親も傾向はあるから。お母さんも発達凸凹」
と言われ、妙に納得していました。


が。


精神科医によって全く違う診断、これは怖いことでもあるなと今は考えています。

私の幼い頃はぼんちゃんより酷くて、保育園のお昼寝がどうしても嫌で脱走を繰り返し、ついには部屋に鍵が付けられたくらいです。
今なら即検査→ADHDと診断されていたかもしれません。
しかし、実は幼いながらも
なぜ眠りたくないのに眠らなくてはならないのか
他人と隣り合わせで眠るなんて落ち着かないし嫌だ
という気持ちでいっぱいだったんですよね。
そんな私を
「神経質ねぇ」
と母は何度も笑い(悪意はないのだろうけど)、小さいながらも私は自分が恥ずかしい存在だと思い、悲しい気持ちでいっぱいでした。

現在の私は、というと、40年かけてようやく自分らしい生き方を見つけられて、自分を大きく見せたり卑下したりということもなく、フラットに自己表現ができるようになったように思います。
うっかり者なのは相変わらずですし、片付けは苦手だけど、何かを作り上げることは大好きです。

こんな私ですが、ひょっとしたらギフテッド脳の持ち主なのかもしれません。
絶対に体(脳)によくないとわかってはいるけれど、生きること自体刺激が強すぎて、ベンゾジアゼピンとは縁が切れません。(と考えると、これも嗜癖なのかも)

特に際立った才能はないけれど(あるいはあったかもしれないけれど?笑 )、今の自分に満足できているというのは幸せなことなのかもしれません。

そんなわけで、ぼんちゃんには自分が何者であるのか?と思い悩むことなく、自由に、幸せに育ってほしいと願っています。

***

f0364728_16114231.jpg

パイを作りました。
ぼんちゃんの大好きなイギリスのパイです。
私が好きなことは、再現したり、美しいものを見たり、食べたり、集めたり、撮ったり。



[PR]
by icecream07 | 2017-07-25 14:56 | その他 | Comments(4)

このところ実家の件で大きな悩みがあり、ぼんちゃんのことを第一に考えてあげたいけれど、なかなかそれができないでいます。
他人任せとなっている今、こんな状態で果たして良いのかと焦るばかり。。。
フリースクールや塾、そして学校の先生や私や夫の知人友人に助けられながら、本人は楽しく過ごしています。
私ができるのはおいしいごはんを作ることくらい。
と思っていたら、ぼんちゃんが太ってしまったので😱本人もいささかマズイと思ったらしく、今は間食をやめ、ご飯は一膳・よく噛んで食べるダイエットを始めました。
成果が出ると良いのですが!

ところで、実家の悩みというのはかれこれ12年前から心配してきたことで、ついにそれが明るみに出て対処を迫られることになったのですが(要は会社経営がうまくいっていない)、当の本人たち(父母と弟夫婦)にはその実感がないようで、私は精神的に休まる時がありません😭
自分もそうなのかもしれませんが、実家の家族とは同じ日本語を話しているのに通じないことが多々あり、そのたびにASDの文字が頭をよぎります。
昨日も父に仕事の件でメールを送ったのですが、全く関係のない返事が返ってきて、情けなく悲しい気持ちでいっぱいです。
(姉と弟からは母の日の花が届いたが、おまえはよこさないのかと!)
自分に不都合なこと・答えられないことには黙り、妙な逆切れをするのが特徴で、それはASDのみというより家庭環境の影響が大きいのだろうと思います。
まぁ…私も同じ家庭で育ったわけですが(涙)

まるでリア王のよう。

家を出た私(小姑)がギャアギャアうるさく言ってくるという風に受け止められかねないので、本当に悩ましい問題です。
そして、ぼんちゃんも似たような気質があるため、やはり自分の行動の責任をきっちり取ることや他人と自分の関係を客観視する力を培うことは大切だなと改めて思いました。

なにやらヘビーな内容になってしまいましたが、今はぼんちゃんのことだけでなく、自分の仕事と実家の問題で精神的にとても厳しいです。
早く落ち着くといいな…


[PR]
by icecream07 | 2017-05-11 08:15 | その他 | Comments(2)

心の成長とシーバー病

すっかりご無沙汰してしまいました。
年明けにぼんちゃんの完全不登校を決めてから、自分の仕事がかなり危うくなっていることに気づき、全力で巻き返しを図っていたら自由時間が全くなくなっていました💦
今も仕事が危いのは継続中ですが、なるようになれ!と、開き直っていたりして。

ぼんちゃんですが、いろいろと考えた末、4月からフリースクールに通うことになりそうです。
ぼんちゃんの大好きな動物もいて、バンド機材一式揃っているフリースクール。
ぴったりです。
おまけに、就労支援でカフェも経営しているので、お料理教室まで開いてくれているという。
ぼんちゃんも今から通うのを楽しみにしています。

今は思春期真っ盛りで私から離れたい気持ちも強く、屁理屈ばかりこねるので、強く叱ってしまうこともしょっちゅうあります。
ですが、かわいいことには変わりなく、不器用ながらも成長しているんだなぁと思うとぎゅっと抱きしめてあげたくなります。(たいてい嫌がられるので、ほどほどにしないと!)
勉強は相変わらず塾だけです。
習っていないこともちょっと教えればすぐできるから大丈夫、と先日も先生からお話があったので、今はこれでいいかなと思っています。

そして体の成長。
ぼんちゃんは歩き方がおかしくて、体幹が鍛えられていないからかな?などと思っていたのですが、踵が痛くて歩けないと言い始めた時にはさすがにどこか異常があるのかも😱と不安になり、病院へ行くことにしました。
結果は成長痛!
シーバー病というのだそうです。
膝は聞いたことがあったのですが、踵は知らなかったのでびっくりしました。

こうして心も体も成長しているんですね。
本人はとても大変な中にいることだろうと思います。
普段より感情的で、24時間付き合っている私も時々疲れてしまいますが…
それでも、春らしく、新たな道へ進むことができたらいいなと思っています。(ぼんちゃんも私も!)

(しかし、フリースクールにしても仕事にしてもやらなきゃならないことが山積みで、部活動か何かみたい🌀)

[PR]
by icecream07 | 2017-03-25 10:31 | その他 | Comments(4)

初恋

最近(ぼんちゃんはもしかして恋をしているのかも?)と感じる時がたびたびあります。
お相手は、先日LIVEを観に行き、お話をしたTさん。
TさんのCDをかけると
「あっ」
と嬉しそうに声をあげたりして。

ぼんちゃんがおみくじを引いたら大吉だったのですが、そこに
「旅、良。連れに気をつけよ」
と書いてあり、Tさんが国内を旅する時にぼんちゃんを連れて行きたいと言ってくれたことを思い出し、
「連れに気をつけなさいって、Tさんのことかなぁ(//∇//)\」
などと、一人うきうきしています。
Tさんと私の共通の友人もその姿を見ながら、
「気持ちが溢れている感じだね笑」
とあたたかく見守ってくれています。
Tさん…私の2才年下なので、ぼんちゃんのかなり年上です。
年齢は関係ないのでしょう。
あるいは、自分のよき理解者としてのTさん、同じスピリットを感じられたTさんに憧れがあるのかもしれません。

LIVEでは、ビクトル・ハラの『平和に生きる権利』をTさんの作詞でカバーしていました。
美しい詞です。

項垂れながら生きる権利を
戸惑いながら立ちすくむ権利を
踏みつぶさないで 臆病な僕を
ただ生きていたい あなたと

あなたを愛し生きる権利を
両手を伸ばし歌う権利を
守り抜くこと 抱き眠ること
過ぎ行く夏に誓う

ぼんちゃん、いろんなことを思ったのでしょうね。
また夏に会えるようなので、楽しみにしているぼんちゃんと私です。


[PR]
by icecream07 | 2017-02-15 20:11 | その他 | Comments(6)

心動く夜

昨晩、ひょんなことからLIVEに行くことになった私とぼんちゃん。

なぜ私たちがLIVEに行くことになったかというと、LIVE会場である友人のカフェに行った際、そのアーティスト(Tさん)がちょうどランチを取っており、友人が私たちを紹介してくれたから。
Tさんはぼんちゃんの大好きな宮崎駿さんの映画で声優を務めたこともあり、LIVEに行きたい…でも通常のLIVE会場とは異なる小さなお店で静かな曲を聴くのは不安…とぼんちゃんは悩んでいました。

Tさんはぼんちゃんとたくさんお話をしてくれました。
不登校の話や旅の話など。
最後に、

「今日LIVEに来るか来ないかは君次第だよ。来てみて『やっぱり違った』と帰ることもできる。でも、来なきゃ良いか悪いかもわからないんだ。」

と悩むぼんちゃんの背中を押してくれたのです。

LIVEはTさんの素敵な演奏と歌声、そしてあたたかく楽しいお話で、私もぼんちゃんもしみじみ感動してしまいました。
(小さな時は寝つけない子供で、あまりに酷い時は『真夜中のパーティ』と称して蝋燭を立ててアイスクリームを家族みんなで食べたお話、悪夢に悩まされたお話…。ぼんちゃんはうんうんと聴いていました)

*******

静かだけども心に大きく響くような出来事のあった日というのは、その反動が凄まじいです。
気持ちが昂ぶっているのか、なんなのか。
大泣きして寝ました。

その後、Tさんからメッセージが届きました。
国内を旅するときにぼんちゃんを連れて行きたいと。
ありがたいですね。
親としてはいろいろ心配ですけどね💦
ぼんちゃんはもっと自由に生きて、自由に表現をしても良いのかもしれません。

[PR]
by icecream07 | 2017-01-22 15:27 | その他 | Comments(4)

ぼんちゃんと二人旅

年末年始お仕事だったので、お休みに静岡県の伊豆に行ってきました。
私の目的は温泉。
ぼんちゃんの目的はアニマルキングダムでカピバラと触れ合うこと。

f0364728_22401311.jpg

ぼんちゃんは怖がりなので、仕方なく露天付きの部屋に泊まりました。

f0364728_22452506.jpg

目の前は海。
素晴らしく美しい日の出にテンション上がります。

f0364728_22465857.jpg

早朝散歩のあと、稲取の漁協朝市に。

f0364728_22490878.jpg

そして、ぼんちゃんの旅のメイン、カピバラと戯れるの巻。

f0364728_22505680.jpg

ところで、ガゼルの喧嘩?
ぼんちゃんが
「これはレアだぞ!」
と。


f0364728_23005276.jpg

結構歩いたのに、まだ昼の12時。
ということで、熱川バナナワニ園へ。
食虫植物のウツボカズラについてぼんちゃんが説明してくれました。

f0364728_23034406.jpg

お昼も海の幸を食べたかったのに、なぜかホットサンド。
ここからぼんちゃんと険悪なムードに。
(ぼんちゃんは食べるとなんでも甘く感じるというミラクルフルーツを食べ、レモンにかぶりつきご機嫌。「これで酢を克服できるかもしれない!」と。とほほ…)

私はお椀型をした美しい休火山”大室山”を見たかったのに、それは却下。
次は一人旅にしよう021.gif

ドライブ中ぐーすか寝ていたぼんちゃん。
わざわざ立ち寄った長岡の温泉饅頭の老舗黒柳でパチリと目が覚めます。

f0364728_23113060.jpg


癒されに行ったはずが、なんだか疲れました😅
明日から仕事なので、近所のスーパー銭湯に行き癒された私(苦笑)
何をやっているんでしょう。
ぼんちゃんも同じだった様子。
私たち、旅の相性があまり良くないかも!(笑)

とはいえ、かわいらしい動物や珍しい植物、美しい景色を見ることができたので、良しとしましょう。

今ぼんちゃんは反抗期(?)でほんと大変なんですけど、また落ち着いて一緒に旅行ができるといいなぁと思いました。


[PR]
by icecream07 | 2017-01-08 22:52 | その他 | Comments(6)

まず最初に…
デジャビュかと思いましたが、またHiromiさんがあーちゃんママさんに突っかかっているようで。
あーちゃんママさん、どうか気になさらずに。
3年前に度肝を抜かれた記事があって、Hiromiさんは消されてしまったけど(無責任だわ)私はスクショを残してあったので読み返してました。
…怖いかしら^_^;
なぜスクショなど撮ったのかはわからないけど、何かあった時のためにと残したのでしょう。
たとえば、今回のように。
当時は別のママへの批判で、壮大な誤読の上、私はいったいどれだけご自分の意見を押し付ければ気がすむのかしらと思ったものです。
他人を批判して、カテゴリが荒れたらブログを消して去るって無責任ですし、論じるにしてももう少し穏やかにできないものかとも思いました。
今回、あーちゃんママさんだけでなくあーちゃんのことまでHiromiさんが書かれていたので、やはりそれはNGだろうと私も思い、ちょっと書かせていただきました。
カテゴリ参加していないので微力ではありますが、あーちゃんママさん、5年前にひっそりと始めたブログから掬い取って下さったこと、そしてぼんちゃんにとって何が最適なのだろう?と考える機会を与えて下さったこと、感謝しています。


************

さて、本題です。
ぼんちゃんは宇宙に興味はありません。
宇宙に興味があるのは私。
と言っても難しい話は残念ながらわからないので、ナショジオや雑誌を観たり読んだりする程度です。
最近ナショジオで放送されていた「MARS火星移住計画」がとても興味深かったです。


2016年のドキュメンタリーと2037年のフィクションを織り交ぜた構成で、素人にもとてもわかりやすい。
ドキュメンタリーでスペースX社のファルコン9が無事軟着陸を成し遂げた映像には涙が出そうになりました。
それにしても、宇宙飛行士たちのその知性と精神の強靱さにはいつも驚かされます。
当たり前なんですけど…私と同じ人間とは思えない(笑)
以前読んで面白かった本もご紹介。


コロンビア号爆発によって地球に帰還する手段を失った3名の宇宙飛行士を描いたノンフィクションです。
米ロ間の宇宙開発の歴史もわかりますし、ISSでの生活もわかります。
宇宙開発に興味のある方にはオススメです。

いつか火星に移住できる日がくるのでしょうかね。
ホーキング博士も地球外を目指すべきと言っていたように思います。
生きているうちにそれを見ることはできないかもしれませんが、こういう話はワクワクしますね。

[PR]
by icecream07 | 2016-12-22 08:53 | その他 | Comments(24)