自主学習

冬休みに入りました。
ぼんちゃんにはほとんど宿題が出ていません。
塾からは2学期までのプリントがどっさり届いているのですが、やる気配もありません。
その代わり、(今のところ)提出義務のない”自主学習”だけは張り切って作っています。

ぼんちゃんが書いているのは、絶滅危惧種とその原因について。
iPadの音声入力で作成しています。

「ニホンカワウソ…」
「乱獲…」

などといった言葉が聞こえてきます。
なんだか面白い。

こういうのは熱心に取り組むのになぁ。

今日も「塾のプリントやったの?」と私に聞かれ、ガックリうなだれるぼんちゃん。
宿題もちゃんとそばについてみてあげないといけないので、忙しい年末は大変です。








[PR]
by icecream07 | 2016-12-23 23:03 | ぼんちゃんの学習 | Comments(4)

4年生の勉強

先日担任と通級指導の先生とお話してきました。
不登校の間は全く勉強していませんし、入院中も1ヶ月ほどはまず通う練習だったため、4年生の学習はあちこち習得できていない部分があります。
先日も少数の割り算で大丈夫かしらと心配になったばかり。
on dyslexiaのもじこさんのブログを読み返し、苦肉の策で答えを導き出そうとする姿勢はディスレクシアならではなのかしらとも…
一番の悩みは漢字。
学校からは、冬休みの間に漢字ドリルを完成させて下さいとのお話がありました。
今も書き取りはやっていますがほとんど覚えていないため、ただ写しているだけの状態です。
道村式漢字カードをお願いしたので、冬休みの間は「まず唱えて覚える」をやってみようと思います。
溜まりに溜まったZ会の教材も活用しています。
国語を見ていると、漢字は壊滅的ですが、読解はよくできていると思います。
しかし、これが算数の文章題になると止まってしまう。
2年生の時にこれに気づいたのですが、それは今も変わらずです。
私が音読すると、しばらく考えて「そういうことか」と。
文脈のない文章ほど理解が厳しいようです。

通級指導もなくなり、支援クラスを断った手前、この先どうなるのか不安。
来週は長くお休みしていた塾の先生と面談なので、相談してみようと思います。

[PR]
by icecream07 | 2016-12-11 08:48 | ぼんちゃんの学習 | Comments(2)

ASDの特性かな…

ここへきてガツーンとASDの頑なさを実感しています。
また、指示通りの悪さor気持ちを集中させることの難しさ。
少人数ならばそれが目立つこともないのでしょう。
塾と学校での評価が分かれるのはそういうことかと改めて思い、悩んでしまいました。

今朝は登校したくないと泣いてしまい(パニックですね)、通級指導の先生がお迎えに来てくれました。

f0364728_09084254.jpg

たくさん文句を書いて、紙をやぶり、登校していきました。

本人はプライドもあるのだと思います。
(今まで算数は得意だと思っていたし、結果も良かったので…最終的には、ですが。習得の方法が謎すぎます)
ただ、勉強だけの問題ではないというか、頑なさやその他が邪魔をすることもあるので、私たちも個別指導が良いかもしれないなと思い始めたのですが、本人を納得させるのは一苦労です。

うーん、本当に悩んでしまう。

いつもこんな嵐のような我が家。

[PR]
by icecream07 | 2016-12-05 09:02 | ぼんちゃんの学習 | Comments(4)

少数の割り算

今日は病院へ。
このまま来週も安定していたら本退院です。

病院隣接の学校の先生が地元小学校の算数の授業を見に来てくれました。
その時のお話。

5.4÷3

少数の割り算の授業で、ぼんちゃんが謎の解き方をしていたそう。

まず、5-3=2 1回
そして、2.4-0.3=2.1 2.1-0.3=1.8…0.3-0.3=0.3 8回
答:1.8

f0364728_22221020.jpg

このような解き方をしていて、他の子供たちが普通に割り算を筆算で解いて、代表の子が黒板に書いている間も解いていたと。

支援クラスの話がまた出ていたので、
「普通に解いたらつまらないから、新しい解き方を見つけようと思ってやっていただけだし」
と、ぼんちゃんは泣き出してしまいました。

私は答えが理解できている上で解いていると思うので、地元小学校の先生と話してみますね、と伝えました。

地元小学校の通級指導の先生にお話してみると、
「せっかくわかっているのに正しいやり方ができないのはもったいないから、本当は支援クラスで正しい式を学ぶのが良いのだけど…いずれは、国語も支援クラスで基礎を学んで欲しい」と仰ってました。

なんとなくですが、ぼんちゃんに正しい計算方法を無理やり教え込もうとするとますます算数嫌いになりそうな予感。
国語もなぁ…

どうしたらいいんだろう。






[PR]
by icecream07 | 2016-12-02 22:05 | ぼんちゃんの学習 | Comments(10)

昨日の続きです。

あーちゃんママさんとりかこさんにコメントをいただいて、いろいろ考えてしまいました。
親である私たちがその本質を理解していないと、ぼんちゃんが本質を理解しているか否か判断がつかないな…と。
筆算の時も書き方に集中してしまったので答えを書くにまで至らず(泣いてしまった)、気の毒でした。
泣かないまでも、学校でも書きた方がわからず書けなかったのだと思います。
多分、病院併設の学校で(偶然にも)自由に書くことができて、先生がそれに気づいてくれたので、私もようやく「理解できていなかったわけじゃないのか」と気づくことができました。

学校(夫や私も…)→形式にこだわる
ぼんちゃん→必要以上に家庭では勉強しない

という悪循環の中、

ぼんちゃん=算数障害説

が浮上しました。

理解できないと大変だということで支援クラスを勧められているのですが、また話し合いをする必要がありそうです。

改めて、あーちゃんママさん、りかこさん、ありがとうございます。

***

ところで、昨日はマラソン大会でした。
試験登校4日目、本人が走る気満々だったので参加しました。
そうはいっても完走は厳しいかもな…と思っていましたが、なんとか走りきり、私はよく頑張ったなぁと涙が出そうに…
しかし、帰宅してから、
「お母さん、応援の時に『頑張って〜!』って、腕を前に出し過ぎ」
と、冷たく言われる始末。
そんなに出していたかしら(笑)

走った後は疲れが出て指示通りが悪かったようで(ぼーっとして判断が鈍ってしまったみたい)、集合写真を撮影する際帽子とマスクを外すのを忘れていたら、担任から

「写真に写らない場所に行く?」

とみんなの前で怒られたのだそうです。
私が問題だと思っているのはそういった脅すような言い方で、ぼんちゃんは
「写らない場所に行きたいわけじゃなくて、疲れて忘れちゃっただけなのに」
と言ってました。

担任は余裕がなく、ぼんちゃんに限らず当たり散らしているのかもしれません。
夜、
「ぼんくんはお家で何か言っていますか?」
と突然電話がきましたが、その確認だったのかしら。。

[PR]
by icecream07 | 2016-12-02 10:39 | ぼんちゃんの学習 | Comments(2)

何よりの言葉

今日はお蕎麦を食べに行きました。
ぼんちゃんは迷いに迷い、鴨せいろと出汁巻きを注文。
これに熱燗をつけても不自然ではありませんでした(笑)
あーおじさんみたいで面白い。

***

ぼんちゃんは勉強(特に算数)が嫌いですが、昨日
「無理して筆算を書かなくても、答えがわかったらそれでいいよ」
と言ってみたところ、嬉しかったようで、算数のお話を初めてしてくれました。
ぼんちゃんは面積の問題が好きなのだそう。
ちょっと変わった形のものや、スイスの国旗のようにクロスにくり抜かれている部分を除いた面積を求めるのが楽しいと。
これは、f君のお母さんに感謝せねば。
そういったこと(筆算を用いず頭で計算をする)は一つの能力であるとf君のお母さんが言ってくれたよ、というのが嬉しかったのでしょう。
あと、数学脳かもよ?という言葉。
算数が楽しいなんて、初めて聞きました。
単純なのかしら?笑
いや、モチベーションが上がったのでしょうね、きっと!

ぼんちゃんはダイヤモンドの原石のようで(というのは、多くの親御さんがお子さんに対し思っていることかもしれません)、なんとなくキラリと輝くものを持っているような気がしてきたのですが、それは私が無意識にぼんちゃんに期待しているがための幻想かも?と何度も自問してきました。
(今でもそう思ってはいるのですが。)

図形の問題は通級指導の先生から理解ができるか心配と言われてきた単元だったため、私は「楽しい」という言葉をぼんちゃんから聞くことができて本当に嬉しく思いました。

しかし、↑のように、ぼんちゃんは何ができて何ができないのか、本当にわかりづらいです。
といいますか、学校の学習でできないことは漢字・ローマ字くらいで、よくよく考えると(どっぷりゲーム&YouTubeにばかり浸っているわりに)できているのに全体的にできない印象になっているのは書字及び文章が壊滅的なのと、話が通じにくい時があるからでしょうか。

モチベーションを低下させているのは、知らず識らず既存の学習方法にとらわれている私たち親の責任かもしれません。

ぼんちゃんがぼんちゃんらしく楽しく学習できたらいいな…と思います。
(ところで、今日の宿題は”割り算の筆算”でした。もうやり方覚えたからいいよ、と、マス目に沿って式を書いていくぼんちゃん。通級指導の先生からやり方を教わったのだそうです)













[PR]
by icecream07 | 2016-11-30 22:03 | ぼんちゃんの学習 | Comments(4)

理科のノートより

今日から試験登校が始まりました。
「今日みたいな日は体温調節が難しい」
と言いながら、半袖に上着を羽織っていくぼんちゃん。
寒そうです。
でも、きっと本人にとっては過ごしやすいのでしょうね。
明日はいきなりの期末テスト。
まだ試験登校中なので、皆と同じクラスで受けるそうです。

***

理科の5mm方眼ノートにびっしりと、一生懸命まとめられたページがありました。
星座の歴史やストーリーについて調べたようです。

一角獣。

一角獣のモデルは架空生物です。
一角獣の姿は馬のような形で額に一本のツノが出ています。この一角獣の血を飲むと不老不死になれる、ツノで作った杯で酒を飲むとどんな病気でも治ってしまう。
また、中世には一角獣は足が速く凶暴なため捕まえられない動物。しかし、一角獣は処女には好んで近づいてくるため、処女をおとりにして捕まえるという伝説もありました。そのことから、中世の美術品には一角獣を描いた絵画がたくさんあります。

検索してまとめたようです。
文章がまとまっていないのは、途中で忘れてしまうからか。
しかし、処女をおとりにって。
「君、なんのことかわかってんの?」
と聞くと、
「女の人でしょ」
と、恥ずかしそうに(笑!)

これらがびっしりと、ほぼ平仮名で書かれていました。

イルカ座についても書いてましたが、そちらはまた後日にでも…



[PR]
by icecream07 | 2016-11-28 21:09 | ぼんちゃんの学習 | Comments(2)

算数

ぼんちゃんが割り算ができないと悩んでいた私なのですが、今通っている小学校の先生とお話をして、できないというわけではないのかなぁ…と考えてしまいました。

ぼんちゃんはかけ算の時も独自の計算方法で計算しており、計算の過程を記していないことがよくありました。(桁の大きなかけ算でも、です)
割り算も同じで、筆算を書きなさい、という問題が書けません。
その代わり、こちらもまた答えだけを書いていたそうで、
「どうやって答えを出したのか書いてみて」
と先生が言うと、正しい筆算の形ではないけれど、求め方はほとんど一緒だと言っていました。

頭の中に黒板があるのね、と仰って下さった方がいました。
そうなのかもしれません。


[PR]
by icecream07 | 2016-11-24 12:13 | ぼんちゃんの学習 | Comments(4)

宿題嫌い

ぼんちゃんは4年生になって全く学校の勉強をしていないので、病院の自習時間に溜まりに溜まったZ会をやればいいかと渡してあります。
一冊だけ。
(4月号…)

今日電話があった時に、Z会の問題集はやれてる?と尋ねると、
「あっ、両さん読んでて終わらせるの忘れちゃった!」
と。
こち亀がついに最終回ということで、読み返していたのでしょう。
そして、だんだん声が暗くなります。
「今日いやなことばっかりだった…」
とか。

そういえば学校の宿題も取り掛かるまで1時間くらい大泣きして15分程度で終わらせるなど、謎の行動を取っていたぼんちゃん。
そう簡単に問題集に取り組むわけないか。

自習時間用に勉強道具を持たせて下さいとのことだったので用意したのですが(溜まっていただけだけど)、まさか自習時間にマンガが読めるとは知りませんでしたよ。

こちらは内心焦ってしまうのですが、しばらくはぼんちゃんのペースに合わせるか…と思っているところです。
(いつも思うのだけど、絶対泣いてる時間より宿題時間の方が短いのに、なぜ泣くんだろうなぁ)








[PR]
by icecream07 | 2016-09-20 23:03 | ぼんちゃんの学習 | Comments(0)

これからのこと

今日は久しぶりに地元小学校の通級の先生に会ってきました。
そこでお話した、これからのこと。
先生からはこんな提案が。

ぼんちゃんタイプの児童は個別カリキュラムでの学習が本当は向いているので、本人さえ承知すればこれから中学2年まで支援クラスに籍を置き、中学3年で普通クラスに戻り成績を付けてもらって(※支援クラスでは内申点が付かないため)、高校受験と。

心配なのは、登校と内申点。
テストの点数だけで判断されるならば、頑張ればなんとかなるかも?
(英語・数学が危険か)
でも、内申点ってそれだけではないはずです。
そして、今でも学校に行くだけで大変なので(これは不登校前から)、毎日の部活が始まる中学でまともに通えるのかという心配も。

それならば、今から頑張って高校まで上がれる私立を選んだ方が良いかもしれないなぁとも思います。
支援はないですけど。

または、通うことに執着しなくても良いかも?

今通っている学校からの連絡で、授業時間を4時間に増やしたら指示が通りにくくなった、とありました。
本人に聞いたら、強烈に眠くなり、まともに話が聞けないのだそう。
実はこれ、宿題やZ会に取り組んでいる時にも時々見られました。
つまらなくなると全てをシャットダウンしてしまいます。
脳がそれらを拒否している場合は一体どうしたらいいんでしょう。

もう少し成長したら変わる部分も出てくるのかな…
今は先のことを考えると、とても不安になります。














[PR]
by icecream07 | 2016-09-16 22:31 | ぼんちゃんの学習 | Comments(2)