嬉しいことと複雑なこと

まず嬉しい話から。

ぼんちゃんですが、自発的にギターを習いたいとフリースクール主宰のO先生に申し出ることができました。
O先生はレッスン中ぼんちゃんに、
「最終目標はオフスプリング*ね」
と話したらしく、ぼんちゃんはもうやる気満々です(笑)
(*アメリカのパンクバンド)

ぼんちゃんは不安症?完璧主義?なので、そういった”何かに挑戦する'ということに対してものすごく消極的です。
ですので、この変化はとても嬉しい!
夫も「これは初めてのことじゃないか?」と驚いていました。
期待にも弱いので、そっと見守りたいと思います。

で、複雑なこと。
私事ですが、先日美容院に行ったら…
なんと…

円形脱毛症があるとーーー😱😱😱

ここ数ヶ月死ぬほど忙しく、トラブルもあり、心労からでしょうかね。
帰宅して見たら大きくてびっくりしました。
でも怖いのは、忙し過ぎて、つらいとか苦しいといった感情がほとんどなかったこと。
ああ、恐ろしい…
円形脱毛症っていきなり一部分きれいに丸く禿げ上がっているので、ダム穴みたいで本当に怖いです。
早く髪が伸びますように(涙)

いつも喜んだり嘆いたりの連続です。
穏やかに生きたい!

[PR]
by icecream07 | 2017-07-12 00:51 | フリースクール | Comments(4)

先日、フリースクールのコンサートが開かれました。
コンサート、というより、Live!です。
フリースクールの生徒たちと先生やスタッフ、そして本物のアーティスト(多くの方が聴いたことのある元有名バンドの方や、かなりコアな伝説級の方まで)が参加され、一緒にLiveを行なったわけです。

その子供たちののびのびと演奏する様子!

皆が皆、音楽に興味があるとは思えないのですが、生徒たちの演奏の完成度の高さにはびっくりしてしまいました。
棒立ちで(!)演奏するバンド、そして、ぽっちゃりしていてとてもギターを弾くようには見えない中学生男子の素晴らしいギター。

みんな、フリースクールに通うようになってから楽器を覚えたのだそうです。
「プロ(本物)に教わるってこういうことなんだなー」
と感心してしまいました。

ちなみに、小学校へそのチラシを配ってもらえないかと面談の際にお渡ししたのですが、「教師たちには配るけど、学校に置けるかどうかはわからないから。ごめんねー」と、フレンドリーそうで実はかなり保守的な養護教諭に言われ、私は
(だからぼんちゃんが学校嫌いなんだって一生この人は気づかないんだろうなぁ)
と、心の中で悪態をついてしまいました。
一応、名目は福祉系のコンサートだったので、近所の野球チームの募集などと一緒にされたあたりカチンときましたね💢
”ルール”なんでしょうけど。

それはさておき、バンドでベース&ドラムを演奏していた高校生。
彼は通信制で高卒認定を既に取っているのだそう。

小学6年生からうちに通っているけど、こうして高卒認定も取れるしねぇ…彼は学校が嫌いなだけで、勉強できなかったわけじゃないから。いろいろ道はあるよねぇ」

と、フリースクール主宰のO先生に励まされました。
彼は今、フリースクールのカフェでバイトもしているようです。

とにかくゆるい場所(フリースクール)ではあるけれど、ぼんちゃんが時間の管理ができるようになったことや忘れ物などがほとんどなくなった(荷物が少ないってのもありますが)ことは、私としては心が安定している証なんだろうなと思いました。
ぼんちゃんが生まれて10年、今が一番キラキラしています。
そしてこれからもそれが続くといいなと思いました☺️

f0364728_00593417.png

完全に音楽好きな少年です。

[PR]
by icecream07 | 2017-07-06 00:24 | フリースクール | Comments(4)

この不安定な天気についていけないのか、単に風邪なのか、体があまりに重いのでお休みをしています。
ぼんちゃんもかなりハードスケジュールだった最近。
二週間に3回もフェス&ライブに行き、それでもとても元気です。(フェスはお父さん担当、ライブは私)
ライブは以前も観に行った(ひょっとしてぼんちゃんの初恋?の)方のライブ。
今回はギターの方も一緒で、帰り際に
「ギター、とてもカッコ良かったです」
とその方に伝え、知人である主催者から
「ぼんちゃんの言葉にとっても喜んでたよ」
とメッセージをもらいました。
かなり渋い演奏だし、ぼんちゃんが日頃聴いているパンクとは全くジャンルが異なり政治性の強い(そして、やや)前衛的な音楽なのですが、何か響くものがあるんでしょうね。
イントロからどの曲かもすぐわかり、改めて耳が良いんだなと思いました。

だいたい楽しいイベント後はげんなりして学校を休みがちだったぼんちゃんですが、翌日もさっさと支度をして、9時には「行ってきまーす」と家を出て行きます。
今は帰宅は5時近いのですが、毎日楽しそう。
しつこいようですが、自発的に支度をして、自発的に出かけて行くぼんちゃんを見るのは初めてなので、私も夫も本当に驚いています。

ただ、私たちにも不安がないわけではありません。
フリースクールは18歳までいることができ、カフェも何店舗か経営しているので、そちらでの就労支援もあります。
しかし、果たしてぼんちゃんはそれでいいのかなぁ…と。
まだ先のことですから(そして、フリースクールもまだ行き始めたばかり)思い悩んでも仕方ないのですが、学校よりも魅力的な場所を知り、ますます学校から遠のいてしまうかも?などと悩んでしまうのですよね。
なぜそこまでフリースクールがぼんちゃんにとって魅力的かというと、私が予想するに、運営者の先生のマインドとぼんちゃんのマインドが似通っているからだと思います。
音楽や映画という共通する趣味はもとより、政治的な思想、困っている人(社会的弱者)への思い、など。
そうした熱い想いを抱いていながらもうまく表現のできないぼんちゃんにとって、フリースクールの先生はまさに”先生”なんだと思います。
ぼんちゃんが小学校に戻れない理由の一つとして、そうした思想が学校の根底にないこと(当たり前ですが)もあるのかなと思います。

この間森村誠一の「人間の証明」のドラマを観て、その話をお客さんとしていたぼんちゃんですが(ぼんちゃんはドラマを観て大泣きをしてしまった。赤ちゃんみたいに!)、そこへ居合わせた担任の先生が「人間の証明」を知らず、なんとなくシラっとした雰囲気になってしまいました。
つまりは、そういうことかな、と思っています。

[PR]
by icecream07 | 2017-06-27 09:39 | フリースクール | Comments(2)

ぼんちゃんがフリースクールに通い始めて1ヶ月近く経ちました。
まだ午後の3時間だけですが、少しずつリズムができてきて、何より自発的に通うことができているので私は正直驚いています。
歩くのが嫌いなぼんちゃんですが(そのため、不登校になってから丸々と太りました)、今は毎日駅まで15分歩き、電車に乗って、フリースクールまでまた徒歩10分、そしてまた同じように帰ってきます。

そしてついに自発的にダイエットも始めました。
(間食をやめる等ですけど)

月木は調理実習があり、モンサンミッシェル風オムレツとジャガイモとサーモンのガレット、そしてクレープを作ったそうです。
また、結晶作りも挑戦していて、先週失敗してしまったようですが、新たに再チャレンジしており、それも楽しみにしています。

たぶん、自由時間は漫画を読んだりゲームをしているんだと思いますが、心が安定し始めると他もやってみようという気持ちになるようで、嫌がって休む日もあった塾もフリースクールから直行するようになりました。

塾のポイントでもらった図書券で買った料理本です。

f0364728_00012937.jpg

基礎的な知識も学べ、なかなか良いセレクトではないでしょうか。

目に見えて状態が良くなり、やる気に満ち溢れているので、私としてはフリースクールを選択してよかったなぁと思っています。



[PR]
by icecream07 | 2017-05-24 23:51 | フリースクール | Comments(4)