2016年 09月 16日 ( 1 )

これからのこと

今日は久しぶりに地元小学校の通級の先生に会ってきました。
そこでお話した、これからのこと。
先生からはこんな提案が。

ぼんちゃんタイプの児童は個別カリキュラムでの学習が本当は向いているので、本人さえ承知すればこれから中学2年まで支援クラスに籍を置き、中学3年で普通クラスに戻り成績を付けてもらって(※支援クラスでは内申点が付かないため)、高校受験と。

心配なのは、登校と内申点。
テストの点数だけで判断されるならば、頑張ればなんとかなるかも?
(英語・数学が危険か)
でも、内申点ってそれだけではないはずです。
そして、今でも学校に行くだけで大変なので(これは不登校前から)、毎日の部活が始まる中学でまともに通えるのかという心配も。

それならば、今から頑張って高校まで上がれる私立を選んだ方が良いかもしれないなぁとも思います。
支援はないですけど。

または、通うことに執着しなくても良いかも?

今通っている学校からの連絡で、授業時間を4時間に増やしたら指示が通りにくくなった、とありました。
本人に聞いたら、強烈に眠くなり、まともに話が聞けないのだそう。
実はこれ、宿題やZ会に取り組んでいる時にも時々見られました。
つまらなくなると全てをシャットダウンしてしまいます。
脳がそれらを拒否している場合は一体どうしたらいいんでしょう。

もう少し成長したら変わる部分も出てくるのかな…
今は先のことを考えると、とても不安になります。














[PR]
by icecream07 | 2016-09-16 22:31 | ぼんちゃんの学習