新たな挑戦

まず最初に…
あーちゃんママさんがギフテッドアダルトのカテゴリ申請をされたそうで!
そちらも楽しみです。
ギフテッドというと人並みはずれた能力の持ち主と考えがちですが(当然中にはそんな人も数多くおりましょう…)、基本的には”rainforest mind”(特異な脳神経の持ち主?)と考えると、なるほどと思います。
ブログ内には
もあり、子供たちのこれからを考える時にも役立ちそうです。
私が特に笑ってしまったのは(そして切なくなったのは)、

Do people tell you to lighten up when you are just trying to enlighten them?

Do your intuition and empathy tell you what family members, neighbors, and stray dogs think, feel, or need even before they know what they think, feel, or need?

という質問。
これは随分と悩まされてきた問題で、ぼんちゃんもまた然りです。
その辺りのケアも必要だなと思いました。

***

昨年はちょうど今頃入院をしていたぼんちゃん。
夕暮れ時に、
「僕は夕方って嫌いだな。入院中窓から外を見て、本当に寂しくてつらい気分になったから」
と漏らしていました。

私が発達障害かギフテッドかで悩んだのは、時として発達障害としての指導や治療がギフテッド児には大きな傷になることがあると思ったからです。

病院ではぼんちゃんの精神年齢は幼稚園児程度とされ、不安症が酷くなり、不眠→睡眠薬と抗うつ剤が一時処方されていました。
そんな中、大好きな犬がセラピーで訪れた際に喜び過ぎて周りが見えなくなった?ようで、看護師から厳しく注意を受けました。
ぼんちゃんはとてもショックだったようで、その話は私にせず、次のドッグセラピー前日にたまたま私が面会に訪れた際に、
「お願いだから明日のドッグセラピーは休ませてほしい」
と泣きながら訴えてきました。
理由を聞いても話してくれず、仕方なし看護師さんに尋ねると、
「前回はしゃぎ過ぎて周りを巻き込んでしまいましたので厳しく注意しました。明日はそのコントロールの練習も兼ねて参加してもらいます」
と。
それを聞いたぼんちゃんは更に号泣して、私は私で(なんじゃこりゃ?)と唖然としてしまったものです。

心理士から借りたアスペルガー子育ての本もあまり当てはまらなかったのでそれを心理士に伝えると、
「ギリシャ神話のクイズにこだわっていました」
と言われましたが、そりゃアンタ、私がぼんちゃんの一情報として話したからぼんちゃんに話を振ったんじゃないの〜?と思ったりして。(ほかにもいろいろ詳しいものはあるけど、心理士には話していなかった)

まぁ、これは関係ない話ですが、その本を心理士にお返しした時にちょっとしたお菓子をつけて返したのですが、それについては一切なんのコメントもなく、お礼が欲しいからというわけでは断じてないのですが、人間同士のコミュニケーションの在り方についてつい考えてしまいました。
そうした分野の研究者だろうけど、これは何か私は試されているのかしら?とも。
(受け取る/受け取らない関わらず、そこから世間話が生まれ、互いの距離が縮まり理解が進むこともあるので)

とまぁ、挙げればきりがないのですが、本当にぼんちゃんにとってはつらい体験ばかりさせてしまって、本当に申し訳なかったです。

やたらと

「母子分離ができない」

とも言われ続けてきましたが、フリースクールも2日目から一人で通うようになり、自分自身でギターやドラムレッスンを受ける申し込みをして、とても「母子分離」ができていないとは思えません。
(小学校に戻る際、発達障害により精神年齢が低く、母子分離ができていないので、「学校は必ず行かなければならない場所だ」と教えて下さい、と、私にも学校にも指導が入った)

振り返るといろんなことがありました。
入院して自尊心が低下し、鬱になり抗うつ剤を処方されることほどバカバカしいことはありません。
それゆえ、私は”誤診は深刻”だという考えに至りました。
我が子が発達障害であるなら、それはそれで良いのです。
私はあまりそういった脳の状態にはこだわっていなくて、等身大のぼんちゃんを見てほしい、ただそれだけ。
他のお子さんもそうです。
適切な対応がされず、状態が改善されない(どころか酷くなる)のが怖く、心配でもあります。

前置きがやたら長くなりました。

つらかった一年前は、いきいきとフリースクールに通うぼんちゃんなど全く想像もしていなかったので、私は信じられないような思いでいっぱいです。

そして、新たな挑戦も。

なんと、フリースクールで開催されるかもしれないキャンプ合宿に参加したい、楽しみだ!と金曜日に上機嫌で帰宅したのです。
眠る時が不安MAXで、小学校の林間学校も修学旅行も行かないと決めていたぼんちゃんが、キャンプ合宿!
実現したら、また一つ成長することと思います。

そして、もう一つ。
ついに食べログに口コミ評価を書き始めました。
「一度行ったら遠くからでも何回も通いたくなる店です」
などと書いていて、本当に面白い🤣
年配の男性のようだ、と読んでくれた姉が笑っていました。
文春のコラムみたい。真摯でいいね、と(笑)

新たな挑戦、楽しく取り組んでくれたら嬉しいです!


***

f0364728_00410550.jpg

ぼんちゃん評価のお店は私も大好きなお店です✨






[PR]
by icecream07 | 2017-07-30 23:02 | ギフテッド/2E