僕は僕

長らくギフテッドという言葉と共に語られる”才能”に振り回され、なかなか自分自身のこともぼんちゃんのことも「そうである」とは言い難いと感じていました。
改めて
の記事をいくつか読み、わぁぁああ!と、涙ぐんだり笑ってしまったり。

一つ前の日記で私は美しいものが好き、などと書いていますが、なぜか飛行機が大好きで、特に飛行機事故については細かく知りたい・もっと勉強ができていたらNTSB(アメリカの国家運輸安全委員会)のメンバーになりたかった、というくらいです。
日航機墜落事故について同年代の多くが「圧力隔壁」や「尻もち事故」というキーワードに対して興味を持っていないというのも、わかってはいても驚いたりして。
また、宇宙開発も大好きで、ロシアの宇宙船ソユーズは乗り心地を想像しただけでゾクゾクします。
環境汚染や食品のリスクなども興味深く、ほかにもいろいろあるのですが、どれ一つ取っても”専門家”でないところが残念なところ。
ぼんちゃんは一体何に興味があるんだろう?
海洋生物、ロック、ギリシャ神話、料理、今のところそんな具合です。
親子といえど当然ながら興味の対象は異なり、ぼんちゃんは飛行機やら宇宙は全く好きではありません。

しかし、先日二人同時に見入ってしまった番組がありました。
それはこちら。

研修医三人にベテランの医師、なんだかDr.Houseみたいです。
ホワイトボードに思いつく限りの病名を書き出し、患者に当てはまる症状・当てはまらない症状を検討し、患者の状態や家族の証言などから病気を推理し、検査方法や処置を決定していく、という番組。

最後にベテラン医師が研修医たちに

「目の前の患者さんがもし自分の家族だったら、決して最後まで諦めませんよね?救急の現場でできることは限られていますが、”諦めない”ということが大事です」

とお話され、番組終了となりました。

そこでぼんちゃんがハァと安堵のため息をつき(患者さんの病名が確定し、一命を取りとめた)、

「僕は何の役にも立てないよ!血を見ることができないから医者になることすらできない」

と、医師の言葉に熱くなりながらも自分の不甲斐なさを感じたようで、涙ぐんでいました。

(いや、それよりまず勉強してないと医師は無理^_^;)
とも思いましたが、ぼんちゃんのピュアな心がかわいくて。

ぼんちゃんも勉強しなければなりたい者にはなれない、というのは理解はしているのです。
が、今は漠然としすぎていて、どこから手をつけて良いのかわからないのでしょう。
今はフリースクールでギターだけでなくドラムも習い始めたぼんちゃん。
そして、ギリシア・ローマ古典文学の先生の講義を受講することにも意欲を示しています。
実際に先生に会い、体験を通して自分に必要なことがなんなのかわかる日がくるといいなと思いました。

***

f0364728_13325914.jpg

小説の中に登場する料理やお菓子を作るのも楽しいです。

[PR]
by icecream07 | 2017-07-28 12:10 | ギフテッド/2E