僕は僕

長らくギフテッドという言葉と共に語られる”才能”に振り回され、なかなか自分自身のこともぼんちゃんのことも「そうである」とは言い難いと感じていました。
改めて
の記事をいくつか読み、わぁぁああ!と、涙ぐんだり笑ってしまったり。

一つ前の日記で私は美しいものが好き、などと書いていますが、なぜか飛行機が大好きで、特に飛行機事故については細かく知りたい・もっと勉強ができていたらNTSB(アメリカの国家運輸安全委員会)のメンバーになりたかった、というくらいです。
日航機墜落事故について同年代の多くが「圧力隔壁」や「尻もち事故」というキーワードに対して興味を持っていないというのも、わかってはいても驚いたりして。
また、宇宙開発も大好きで、ロシアの宇宙船ソユーズは乗り心地を想像しただけでゾクゾクします。
環境汚染や食品のリスクなども興味深く、ほかにもいろいろあるのですが、どれ一つ取っても”専門家”でないところが残念なところ。
ぼんちゃんは一体何に興味があるんだろう?
海洋生物、ロック、ギリシャ神話、料理、今のところそんな具合です。
親子といえど当然ながら興味の対象は異なり、ぼんちゃんは飛行機やら宇宙は全く好きではありません。

しかし、先日二人同時に見入ってしまった番組がありました。
それはこちら。

研修医三人にベテランの医師、なんだかDr.Houseみたいです。
ホワイトボードに思いつく限りの病名を書き出し、患者に当てはまる症状・当てはまらない症状を検討し、患者の状態や家族の証言などから病気を推理し、検査方法や処置を決定していく、という番組。

最後にベテラン医師が研修医たちに

「目の前の患者さんがもし自分の家族だったら、決して最後まで諦めませんよね?救急の現場でできることは限られていますが、”諦めない”ということが大事です」

とお話され、番組終了となりました。

そこでぼんちゃんがハァと安堵のため息をつき(患者さんの病名が確定し、一命を取りとめた)、

「僕は何の役にも立てないよ!血を見ることができないから医者になることすらできない」

と、医師の言葉に熱くなりながらも自分の不甲斐なさを感じたようで、涙ぐんでいました。

(いや、それよりまず勉強してないと医師は無理^_^;)
とも思いましたが、ぼんちゃんのピュアな心がかわいくて。

ぼんちゃんも勉強しなければなりたい者にはなれない、というのは理解はしているのです。
が、今は漠然としすぎていて、どこから手をつけて良いのかわからないのでしょう。
今はフリースクールでギターだけでなくドラムも習い始めたぼんちゃん。
そして、ギリシア・ローマ古典文学の先生の講義を受講することにも意欲を示しています。
実際に先生に会い、体験を通して自分に必要なことがなんなのかわかる日がくるといいなと思いました。

***

f0364728_13325914.jpg

小説の中に登場する料理やお菓子を作るのも楽しいです。

[PR]
Commented by robo223 at 2017-07-28 14:52
「才能」はギフテッドの特質のほんの一部でしかないのに、その部分ばかりが一人歩きして、個人の全体像の認識をはばんでいますよね。

でも、そこに縛られることなく、ママさんもぼんちゃんも、自分達が何者で、どんな風に生きて行ったらいいのか、ということをつかむ道にたどり着けて、本当に良かったですね。

ぼんちゃんを育てて行く上で、ママさんの自己認識と自己の解放は必須事項だと思います。マイノリティ故の難しさがある子育ては、生半可な気持ちでは、やっていけないと思うので、ママさん自体の揺るぎない世界観や核のようなものが必要とされると思うからです。

ぼんちゃんは今のままでも充分、なりたいものになれそうですよね。ドラムも始めたんですね!ギリシャ・ローマの古典文学を専門の先生から学ぶなんて、さすがですね!

ぼんちゃんが何かを追究していく中で、勉強がもっと必要だと感じた時が、ぼんちゃんが猛然と勉強を始める時期なんでしょうね。すでに、出来ているので、もっと必要があれば、の話ですが。

私もアガサ・クリスティは大好きで、たくさん読みました。お菓子作りがお好きなんですね。お写真が、とってもきれいです。
Commented by suzu62taha88 at 2017-07-28 18:31
私の捉え方は偏っているのかもしれませんが、感受性の強いところにギフテッドの共通点の一片を見出しています。

それを感じると、自分のことのように心配してしまいます。
心配してはいますが、そこには、とてつもないエネルギーが潜み、希望の種を蒔くことで、大きな希望となると感じています。

希望の種など見つけようとしても見つからないと思うのですが、それほど立派なことでもなく、何気に備わった興味の中にあるのだと思います。

種なのかギフトなのかわからないけれど、確実にぼんちゃんやママさんには、それが見える気がします。
特に自分にない興味の対象を伺った時、すごいなとか、素敵だなとか、尊敬してしまうとか思います。
確かにある親子さんのギフト。
楽しみながら育てている気がして、理想的です。

ぼんちゃんのギリシャ神話の事を伺ってから、うちにあるギリシャ神話集を読みました。
はい、お子さんがこれを好きだなんて。
やっぱりぼんちゃんは深いわぁ。

す興味のある事を整理して、潤いある人生にしたいと思いました。
ありがとうございます。
Commented at 2017-07-28 18:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by icecream07 at 2017-07-28 23:59
robo君ママさん

ギフテッド=類稀な才能を持つ者というイメージがずっと払拭できませんでした。
もちろんそういった才能を持ち合わせたギフテッドは数多くいると思いますが、約20%(だったか)は学校を退学してしまったりアンダーアチーバーであるという現実を考えると、仮にポテンシャルがあったとしても何らかの原因により才能が発揮されなかったり本人も周囲もそれに気づかないなんてこともあり得るなと思いました。
ギフテッドの親御さんは自身もそうであることが多いとも聞きました。
今まで半分他人事(半分はもしかして、と思っても、私もぼんちゃんも発達障害だろう、と)だったのですが、これでぼんちゃんの向かう先もある程度自分の中で固まったように思います。
実はこんなこと5年も繰り返していたんですよ。(多分これが最後笑 やっと腑に落ちたので)
おかしいですよね。
でもそのくらい、”才能”という言葉は重いんですよね。
同じくらい、発達障害の診断も。
発達障害であると信じていたので(自身も半ば)病院や学校とも長年それをベースに話し合ってきたのですが、特に主治医や心理士との話が入院後噛み合わず、私の知るぼんちゃんではないぼんちゃんが病院では語られており、あの時は何が真実なのかわからなくなってしまいました。
ぼんちゃんの精神的な健康を取り戻すためにも最後の最後でフリースクールを選択して良かったなと思いました。

どんな状態であれ、適した支援でなければ意味がありませんものね。

robo君ママさんもアガサクリスティーがお好きなんですね!
私は若い頃はポアロ派だったんですが、最近ではすっかりミスマープル派です。
お菓子作り、あと料理も趣味ならば大好きですが、毎日となると苦痛です。とほほ…
写真も褒めて下さってありがとうございます😊

Commented by icecream07 at 2017-07-29 08:40
ふぅ君ママさん

OEがあるからこそ才能と呼ばれるものがある、まさに諸刃の刃だ、というような意味のことを以前ユアスタジオのまいこさんも書かれていましたね。
何気に備わった興味の中に希望の種がある、というのもわかります。
それにより素晴らしい結果を残す子供もいれば、何らかの理由により埋もれていく子供もおり…タイミングや環境は大事だと改めて思いました。
目の前のぼんちゃんを見ているとその希望の種を持っているとなかなか思えないのが現実ですが、時折ハッとさせられることがあります。
ギリシャ神話の講義ももしかしたら難しくて心が離れてしまうかもしれませんが、本人が参加したいというのでどこかで受講しようと考えています。
ちなみに、次週は(トロイア戦争の)トロイア総大将ヘクトールの妻について、だそうです。
その週は受講しないのですが、「面白そう!」というぼんちゃん。
何に惹かれているんでしょうね。
他人の興味関心って自分にはないものであると、凄いなぁとか、到底私にはできないな、と思うこともありますね。
Commented by icecream07 at 2017-07-29 08:51
鍵コメさん

ありがとうございます😊

何かのギフトがあったとしても、それに本人も周囲も気づかなければ人生が変わってしまうのですから、きちんと水遣りをして芽を出してあげる大切さを感じました。
ふぅ君ママさんが書いて下さっていますが、そのような感受性の強さの中に希望の種は潜んでいるように私も思います。
あーちゃんママさんご紹介のサイトではrainforest mindと書かれていましたが、本当にその通りだと思いました!
by icecream07 | 2017-07-28 12:10 | ギフテッド/2E | Comments(6)