ソーシャルワーカー&スクールカウンセラーとの面談

金曜日の夜から今日まで、ぼんちゃんはお父さんと泊まりがけでsatanicに出かけていました。
いつの間にか日本のpunk rockマニアとなったぼんちゃん。
私が聴いてもよくわからない曲をよく知っています。
そして、今日は池袋のサンシャイン水族館へ。
危険な生き物”もうどくてん”を観て、こちらも面白かったようです。
ぼんちゃん3歳の頃は東京にいたので、サンシャイン水族館もよく行きました。
(都内の水族館はほぼ制覇したのでは!)

私は今日はソーシャルワーカーさんとの月に一度の面談日でした。
ぼんちゃんは小学校の授業を久しぶりに受けた後に不眠で大変だったので、学校との繋がりを再度考えるためにスクールカウンセラーさんにも同席していただきました。
担当ソーシャルワーカーさんは私より10歳ほど年齢が若く、ぼんちゃんの好きなインディーズバンド全盛期の頃高校生だったので、ぼんちゃんの趣味を高く評価してくれています笑
「僕が一話すと十返ってくるくらい詳しい」
と。
それを真面目に頷きながら聞いてくださっていたスクールカウンセラーさん😅

いろいろお話しましたが、最終的に
「ぼん君はうっすらと自閉傾向は見られるけれど、アスペルガーではないのでは」
という話になりました。
私は、小学校からぼんちゃんがアスペルガーとして支援優先で見られることに慣れてはいましたが、 本人に合っていない指導も多々あり(たとえば、入学式の時からそうなのですが、「突然席を立ってあちらの扉から外に出たりしてはいけませんよ」とか)、何か腑に落ちないものを感じていたので、紆余曲折はあったものの、自分自身もこれからは別の視点でぼんちゃんを応援していこうと改めて思いました。
(ギフテッド、または、ディスレクシア特有の独特さ?)

ソーシャルワーカーさん・スクールカウンセラーさんともに、フリースクールで出会ったぼんちゃんと仲の良い少年についても同じようなことを言っていました。
無責任なことは言えませんが、じっくり本人と関わることで診断名と異なる印象を受けるのかも?
だとしたら、医師によって診断が異なる可能性もあり、それはより慎重に行われるべきだろうと思いました。


ぼんちゃんは内向的ではないのですが、初対面の人などには警戒心が強いです。
また、先日元高校の古典の先生に会ったのですが、ぼんちゃんは古事記について話をしたかったのにその方がほとんど知らなくて(そして、まともに取り合ってもらえなくて)、憤慨していました。
古典のテクニックではなくて、ぼんちゃんはその世界について話したかったのだと思います。
そういう時のぼんちゃんは、
「なぜこうなったかわかりますか?」
などと、反抗的にわざと難しい質問をして相手を困らせるところがあります😓
たぶん、ですが、病院の心理士に対しても同じことをしたのでしょう。

ぼんちゃんはユニークで不思議な子には変わりないですが、彼の大切にしているものを私も尊重し、ぼんちゃんの成長を見守りたいと思います。




[PR]
Commented by suzu62taha88 at 2017-06-20 07:48
ぼんちゃんは、専門的なので大人もタジタジです。
ぼんちゃんに、難しい質問されたら、早めに降参します💦
そして、サクサク調べます。

ぼんちゃんの支援があっていないとママさんが感じた時点で、実際、お門違いなことだったのでしょうね。

真実が見えてきて良かったと思います。

Commented by robo223 at 2017-06-20 18:28
私はぼんちゃんに対人トラブルがあまり(全く?)ないことが不思議でした。アスペルガーの場合、対人トラブルや友達作りの失敗などがつきものなんですが、ぼんちゃんにその問題がないから、共感性が高いのかも、と思っていました。

これで、私の方も謎が解けてすっきりしました。

診断名は関係ないけれど、より正確に実態を把握していないと、マッチしない支援をしてしまうことになるので、ある程度は理解しておきたいですよね。
Commented by icecream07 at 2017-06-21 12:20
ふぅ君ママさん

ぼんちゃんにふぅ君ママさんのコメントを伝えましたらニヤリとしていましたよ笑

今まで私は医者や心理士に意見をしたことがなくて(ディスレクシアについては言いましたが、結局それはスルーされました。診断書もあるのにー!)、医師の下した診断を受け入れない親と思われ、病院とトラブルになるのもなぁ…と思っていたのですが、今は通っているわけでもないので、もういいか!という感じです。
入院までさせてしまい、学校・病院とつらい一年を過ごさせてしまってかわいそうでしたが、少しずつ元気を取り戻しているので、楽しく日々過ごしながら様々なことを学んでいってくれたらなと思っています。
嫌いだと手をつけなかった勉強も好きな単元は進んで学ぶのだから、いずれ必要とあらば苦手でも取り組まねばならないという知恵もあると信じたいです!
Commented by icecream07 at 2017-06-21 12:40
robo君ママさん

私はアスペルガーとぼんちゃんが診断されてからいろいろ調べ、当てはまる部分もあるけれど、友達との関係が割と良好だったので(全くあてはまらなかったので)、マイルドなアスペルガーなのかしら、と思っていたんですよね。
で、実際マイルドなアスペルガーというのがあるならばそうなのかもしれないのですが、robo君ママさんが仰るように対人関係のトラブルが付きものというならば、それはゼロです。
自分の直感を過信することも専門家を過信することも危険と思ってきたのでグダグダと悩む結果となってしまいましたが、風変わりで超マイペースなぼんちゃんとしてみることが大事かと思い至りました。

どんな診断名でも私はぼんちゃんが幸せになればと取り組んできたつもりではありましたけど、それが本人にうまくマッチしていなかったのは本当に申し訳なく、そしてある意味診断が個人によるというのは恐ろしいものだと思いました。
何しろ、入院中ですら塞ぎ込んでしまったことがありましたから。。。そして、それを抗うつ剤で正常にすると。

親であることの難しさを改めて感じました。
by icecream07 | 2017-06-19 22:57 | ギフテッド/2E | Comments(4)