他人の気持ちを読み取る

ぼんちゃんが本当にアスペルガーなのか私は時々悩むのですが、他のアスペルガーのお子さんに会ったことがあまりないのでわかりません。
アスペルガーだけど、他人の心の動きや特徴を捉えるのが得意だとか、そういう事例もあるのでしょうか。

先日、おかしなことがありました。
お店の定休日、翌日の支度のために私たちがお店にいると、通常の営業日の閉店間際に小学生の娘さん連れのお父さんがご来店されました。
私は奥の部屋で作業をしていたのでご来店時に気づかなかったのですが、ぼんちゃんに呼ばれて出ていくと、そのお父さんはホッとしたように商品を買って下さいました。
お会計の際に、
「今日は実は定休日で、普段でしたら他にもいろいろご用意してますので…」
とさりげなく(さりげなくないか)定休日のお知らせをすると、お父さんが娘さんにど突かれていました。
後でぼんちゃんが、

「あのお客さん、『ギリギリ間に合ったー!いいか、これが本当のラッキーって言うんだよ』って娘に言いながら入ってきたから、今日はお休みですって僕は気を遣って言わなかったのに、お母さん思いっきり言うんだもん。あのお父さん気の毒だったね」

と言うではありませんか。
お店としては定休日を伝えるのは大事なことなんで言わないわけにはいかなかったんですけど、私はぼんちゃんのその気遣いというか、自信満々なお父さんの発言に対しての戸惑いを想像すると(申し訳ないけど)可笑しくなってしまって😅

…しかし、こうしたシチュエーションは、アスペルガーの人にとっては苦手なようにも思うのですが、どうなんでしょうね。

また、他人の気持ちの変化に気づきやすいため、仲良しのお客さんがいつもと違うと
「今日◯◯さん、なんだか元気なかったね」
などと言ったりします。
その◯◯さん、翌日にもいらっしゃったので(とても元気だった)、
「そういや昨日ぼんちゃんが心配してましたけど」
と話すと、
「あ、見抜かれてましたか。実は…」
なんて、理由を話してくれたこともあり。
その理由がその日のぼんちゃんの不機嫌と同じだったので、◯◯さんとぼんちゃんは二人で大笑いです。
「やっぱりアレは厳しいですよねー!」
と。
(うまく説明できないのですが…)

同級生との間の出来事もそうです。
3年生の時、私にも礼儀正しく挨拶をしてくる少年がいたのですが、実は裏で同級生のお小遣いを巻き上げだりしていたようで、ぼんちゃんは私に
「お母さん、騙されないで。あれはお母さんの前だから仲が良いように声をかけてきただけだから」
などと顔を強張らせていました。

とまぁ、こんな具合に、ぼんちゃんの毎日は他人の気持ちの情報で溢れかえっているため、精神が疲弊しきってしまうようです。
今は少人数なので情報過多になることはあまりないのですが、久しぶりに学校に行った後はやはり不眠に悩まされておりました😢

本人の思い込みだけではないのがつらいところです。

ぼんちゃんは私から見て全く普通枠の子供ではないのですが、私が思うアスペルガーのイメージとも異なります。
見通しが立たないと不安になるのでサポートを、と指導されることもあるのですが、予定を話した時点でうんざりしてしまうこともあるので、奇襲作戦の方がうまくいったりするのですよね。

診断名が何であれ、私は構わないのですが、医療関係者や学校から合わない対応をされると本人も辛かろうと思います。


[PR]
by icecream07 | 2017-06-17 23:06 | アスペルガー