生きやすい場所へ

ぼんちゃんのフリースクールの(とても面倒な)手続きも終わりに近づき、早ければ来週から通う練習が始まります。
ソーシャルワーカーさんとの面談もあったのですが、超人的読み取り能力をお持ちの方で、私の拙い言葉から的確にぼんちゃんの状態を理解してくれて、良き理解者を得られたことに感激しています。
また、私たちの住む地域の学校の先生方のLD含む発達障害への理解がほとんど進んでいないこと・フリースクールに通う子供たちの担当ソーシャルワーカーさんたちが門前払いであることも知り、担任と通級指導の先生(この春異動となってしまいました)と最後の面談時に私が渡した資料をもとに話そうとした際、担任からそれを遮られたということも納得したのでありました…

私も少し前までは学校に通った方が良いのかと悩んでいましたが、フリースクール見学後の今ではすっきりサッパリその思いもなくなり、ぼんちゃんの生きやすい場所へ通えばいい!と考えが変わりました。

型にはまった勉強は相変わらず嫌いです。
週に一度の塾に行くのも嫌がる日があるのですが、それでも先週は算数の小テストで満点を取ってきました!
元通級指導の先生の
「私がこんなこと言っちゃいけないんだけど、ぼん君にとって学校って意味があるのかな〜って思うときがあって。」
という言葉を思い出します。
もちろん、学校は勉強だけでなく社会性を学ぶ場でもあると思うのですが、それならばフリースクールで十分学べそうです。

”生きやすい場所”というのはぼんちゃんの親である私自身も長年悩み続けてきたことなので、最終的にそんな場所をぼんちゃんが自身で見つけていける力を養うことも大切なのかもしれないと思っています。

私にとっての自分が自分でいられる場所というのは、無理して誰かに迎合したり(我儘という意味ではなく、自分の意志を持つこと)、人間関係において苦手な策略を練る必要もなく、ただただ自分に嘘をつかず意志のままに生きることだと思っています。
当然のことのように思うかもしれませんが、あからさまにそれらを表明する必要はなく、一個の人間としての他者がいて自分がいる、それを念頭に、たとえ笑われても滑稽でも強い意志のもとで一度きりの人生を生き抜くのが私にとっては生きやすいようです。

今流行りの「忖度」「人間関係においての策略」というのが昔から大嫌いで、やはりNOと言うべきことははっきりNOと言いたい、などという事案があったので、ついそんなことを書いてしまいました。

ともあれ、ぼんちゃんも自分が大切にしていることは大切に、失敗をおそれず強い意志で突き進んでいってほしいものです。

[PR]
Commented by robo223 at 2017-04-17 12:52
生き安い場所を選んで行くって大切なことですよね。学校が必ずしもそういう場所でなければ、外に向かって一歩踏み出す勇気は必要だと思います!


今の時代、人間関係に翻弄されることを避けて、自分らしくいられる学び方や働き方を選択する人も増えていますし、今後はどんどんそれを許容する社会になっていくと思います。

ぼんちゃんは人よりちょっと先にその道を歩んで行っているのかもしれませんね!
Commented by suzu62taha88 at 2017-04-18 00:57
ぼんちゃんには、正しくものが見られる賢いママさんがついていて本当に良かったと思います。
見極めは大事です。
その子に必要な環境を選んであげて、
その子らしく行きていくことが大切なんだと思います。
人生自分のものですものね。

環境を変えるための境界線にいるのは、不安なものだと思います。
でも、しっかりした目で見極めて、環境の断捨離をされてますものね。

ぼんちゃんの様子、聞かせてくださいね。



Commented by icecream07 at 2017-04-19 12:29
robo君ママさん

ありがとうございます😊
まずはぼんちゃんに「楽しい!」「やって良かった!」という気持ちを持ってもらいたくて。
それは
「障害でできないから練習しなくちゃ」
という感覚とは違って、
「僕はこれが好きだから・得意だから、やってみたい」
という自発的な動機に繋がりますしね。
精神的な土台ができれば、そこで初めて苦手な分野も(イヤイヤながらでも)取り組むことができるかなーと思いました。

人間関係…たとえば、前の担任とは合わず、彼女がそばにいるだけで表情も言葉を発することも一切できなくなってしまうのですが、そうした苦手なタイプの人と接する練習はまだ先か、こうして回避することも可能だと理解してほしいです!

明後日初のフリースクールです。
楽しみです〜!
Commented by icecream07 at 2017-04-19 12:39
ありがとうございます😊
正しくものが見えているなんて言っていただけると安心します。
昨日も夫から
「根拠のない大丈夫なんていらないから」
と言い放たれたところ。とほほ…
確かに根拠はないのですが、今はぼんちゃんのことを身近な存在の私たちが無条件に「大丈夫」と肯定してあげないとガラスのハートが壊れてしまう気がしていて、そういう意味で言ったのですが、夫の方が現実的なのかもしれませんね。。

学校からは週一回でも授業に参加してみたら、という提案もいただいているのですが、なんと隣のクラスはあの前の担任で、こちらとしては学校へ戻ったとしても(前担任と合わず解離・入院までしたのに)配慮や特異な学習方法の息子のことを理解できるのかしらね、と、まだ疑いの目で見てしまいます。

というわけで、明後日からのフリースクールが楽しみです!
by icecream07 | 2017-04-17 09:30 | 登校-不登校 | Comments(4)