障害特性の療育とOEの対処法

ぼんちゃんがこんなサイトを見つけてきました。


このサイトは何らかの事情で飼うことができなくなったり保健所に保護されている動物の里親探しのサイトです。

ぼんちゃんはペットショップで犬や猫に会うことも大好きですが、飼うならばペットショップで”買う”のではなく、里親になってあげたいと考えています。

残念ながら我が家は夫が潔癖症なので実現しそうもないのですが…

*******

私の感じたASD/ADHDの療育とギフテッドのOEに関する対処の違いをぼんちゃんの例を挙げ、具体的に書いてみます。

入院中、ぼんちゃんの病院ではドッグセラピーの時間がありました。
ぼんちゃんは大の動物好きですから、苦しい入院生活の中でドッグセラピーは唯一楽しみにしていた時間でした。
遊びに来た犬は、ゴールデンレトリーバーとダックスフント。
そこでぼんちゃんは喜び過ぎて、看護師によると”他者を巻き込んだ”ため、厳しく叱られたのだそうです。
これは翌月のドッグセラピーの前日まで私は知りませんでした。
面会に訪れた私にぼんちゃんが泣きながら、
「明日のドッグセラピーは参加したくないから、看護師さんに伝えて欲しい」
と訴えてきて、初めてことの顛末を知りました。
看護師は厳しく、
「感情コントロールも必要な練習なので、参加は強制です」
と、泣いているぼんちゃんに言い放ちました。
私はその時、こうした心の動きを無視したものが療育なのか、と思いました。
そして、その感情コントロールに成功したらポイントが加算され、カード(ご褒美=強化子)が与えられます。

さて、この療法(ABAを用いているとのことでした)はぼんちゃんにとって奏功したでしょうか。

答えは、NOです。

ぼんちゃんは心を閉ざし、病院の犬とは仲良くしたくないと反抗的な態度セラピーに参加するようになりました。

この場合、どうしてあげたら良かったのでしょうか。


を書かれているGRさんがギフテッドのOEとその対処法について書いて(訳して)下さっています。
その感情性OEの対処法として、

・感情の激しい人は、「動揺するあまり自制がきかなくなったり身体的な症状が出ることがある」ということを知らない場合がある。そのような身体的または感情的な反応を予知する術を教え、彼らにそれらに対し備えさせると良い。頭痛、手に汗握る、胃痛など、感情のストレスに対する身体的なサインが認識できるよう協力してあげよう。そのサインを知り、早いタイミングでそれを察知して行動することにより、感情的な状況になったとき上手く対処できるようになり、自制心を失うということはなくなるだろう。

とあります。

これを読むだけでも、喜びの感情の激しさが現れた場合、それを障害特性と一括して”療法を施す”のではなく、自己の感情を知る良い機会であったはずです。
としたならば、

*感情の激しさは決してマイナスではない
*しかし、犬や周りにいる人間が驚く場合があるため、今後ソフトに接することが大事である

と落とし込まねば、ぼんちゃんにとっては逆に
”ドッグセラピー(または動物と触れ合うこと)は感情を殺さねばならない嫌な時間である”と、感じること自体がダメであると強化されるかもしれない”
という、真逆のことが起こりかねませんでした。
(影響は目に見えないため、いつかふと芽を出すかもしれませんが)

このように、”常に他者を巻き込む”わけではないぼんちゃんのようなタイプの行動について、私はまず、
原因と対策
を練ることが大切だと考えています。
良い悪いではなく、ぼんちゃんの動物好きという部分は肯定しつつ、大好きな犬を含め周囲に気を配るのが大事だと理解できるように伝えればスムーズです。

私は障害特性に対する療育/学習方法とギフテッド特有のOEに対する対処は明確に別物だと考えています。
時にそれがトラウマとなる危険さえあるため、慎重にならざるを得ません。

[PR]
Commented by suzu62taha88 at 2017-01-30 19:33
誰のためのセラピーよ!
そのプログラムがまるで働く人のノルマのように感じてしまいます。
「はい、何人参加しました。」
「○君の今日のプログラム、全て終えたことをご報告します。」
そんな声が聞こえて来そうです。
ただおとなしくことを終えたらおしまい。
夢中になって喜んだら、我慢が足りない。感情のコントロールができてない。と、ヘンテコなことを言い出す。
効果どころが逆効果です。

ぼんちゃんの繊細な心をケアするため、一大決心をされて入院を決められたことでしょう。
なのに…。
ぼんちゃんもママも、これはなんだったのだろうと疑問しか湧かないと思います。

敏感なお子さんなのです。
一般には些細なことでも、過剰なほどの反応を見せるかもしれません。
それを否定することが最も理解の無い対応だと思います。

里親でとのお気持ち、優しいぼんちゃん。
こういう感受性の強さがあるのですよ。
幾ら何でも、感情をおしつぶせとの圧力があれば、理不尽さも感じていたことでしょう。
個人的に言えば、その治療、間違ってると思います。
Commented by robo223 at 2017-01-31 08:28
私もその治療はひどすぎて、その時のぼんちゃんの気持ちを考えると胸が痛くなります。

あーちゃんママさんがアップして下さった記事の中に、意見交換の欄がありました。皆さんギフテッドのお子さんをお持ちの方が多いように感じましたが、その中に「OEはアナと雪の女王の雪の女王の全てを凍らせてしまう力のようだ。力を全開にすると、人間世界ではやってはいけないから、力をある程度コントロールする力をつけなければならないと思う。」と言うようなことが書かれていました。

私もこれに同意できます。だから、roboにOEを全開にしないようにと、自己コントロール能力をつけるために、Kメソッドのアドバイスのもと、体を一定時間止める練習をしました。(ただ正座したりするだけです。昔の子は日常的に皆やっていたこと。)

しかし、このKメソッドでは、子供の心がかき乱されて、まだ、混乱している状態の時は、大人が全面需要するべきとしています。まずは、全てを受け入れて、気持ちが落ち着いたところで、「まずは10秒から正座しましょう。まずは、10分から勉強しましょう。」とやっていきます。

ですから、入院していた頃の、心の傷を癒すべき段階でそのような対応をされては逆効果です。そんなことをしていては、いつまで経ってもぼんちゃんの気持ちは落ち着かないからです。
Commented by robo223 at 2017-01-31 08:39
スミマセン。全面受容のことを、全面需要と書いてしまいました。

ついでにですが、アナと雪の女王のことで、「力を全開にしてもやっていけないけれど、力を全く殺してしまってもやっていけない。」というような意味で書かれていたと思います。私もこのバランス関係が大事かなと思っています。

おそらく、ぼんちゃんママさんも同じ考えで、全て受容してください、と思ってらっしゃるのではなく、「全くぼんちゃんの本性を殺してしまっては、意味がない。」と思ってらっしゃるのだと思います。私もまずは何より、roboの本性の方を大切にしたいと思っています。
(長文失礼しました💦)
Commented by ガラケー at 2017-01-31 11:02 x
成人の知人が精神科に入院したのですが、
カリキュラム(ある場合)や服薬管理は本当に厳しく、
絶対に拒否は許されないとぼやいてました。
服薬も看護師が監視して、ゴミまで確認するのだそう。

とにかく規律重視なのが精神科で、
内科などの病棟ではここまでしないですよね。
精神科は独特の風土?!があるようです。

同じ精神科でも、小児と成人は全く別物なのに、
精神科としての風土は同じなのかもしれません。

あと、障害児教育の大学教授の方とお話したとき、
ABAを全肯定はできないと言ってました。
というのも、障害児教育には流派があり、
ABAがあう子供はよいけれど、あわない子供もいる、
あわない子供の二次障害はひどいので、
その先生はABAを使わず、別のアプローチをしていました。
ちなみにうちの息子もABAあわない子供です。
ぼんちゃんも、ABAあわない子供なのかもしれませんね。
Commented by icecream07 at 2017-02-08 00:12
りかこさん

専門家じゃないのでよくわからないのですが、療育ってこんな感じで行うものなのでしょうかね…
本当、機械的で、ぼんちゃんに申し訳ないことをしてしまったなと思いました😢
当時病院からはダメだしばかりで、私の中でぼんちゃんの良さのようなものがどんどんなくなってしまって、一時は「私が甘かっただけで実はとんでもない子だったのかも…」とすら思ってしまった時期もありました。
でも、再び共に過ごす時間が増えたら、その行動の背景が見え、それに付随するぼんちゃんの深い感情も理解できたため、闇雲に叱りとばすことじゃないな…と思い至りました。

ドクターを毛嫌いしていたぼんちゃん、診察打ち切りでとても嬉しそうです(苦笑)
Commented by icecream07 at 2017-02-08 00:32
robo君ママさん

アナと雪の女王のたとえ、よくわかります。
OEの激しさをコントロールできるようにすることは私も大切だと思っています。
毎回振り切れてしまうようだと本人にとっても他人にとっても良いことばかりではないので、ある程度自分で察知し対処する力を身につけてほしいと思っているのですが、それは日記に書いたような病院のやり方ではなくて、robo君ママさんがrobo君に施したように、特性を受け入れた上で徐々に理解させてあげるのが良いと思うんです。
いきなり何の説明もなしに(または、行動を否定するような方法で)納得できないまま反対の行動を取りご褒美をもらうのでは、自身が丸ごと否定されたように感じるだろうと思いました。
今思い返しても、かわいそうなことをさせてしまったなと反省ばかり!
この違和感なんだろうと考えていたんですが、多分子供に対する愛情が医師から感じられなかったのだと思います。
縁が切れてスッキリしました!

Commented by icecream07 at 2017-02-08 00:43
ガラケーさん

児童精神科も厳しく管理されていましたよ。
入院されている患者さんも多かったので、医療関係者がどうこうというより、患者同士の繋がりで強くなっていった部分が大きかったように思います。
それも狙いの一つと言われればそうなのかもしれませんが…

ABAはうまくいった部分もありました。
ゲーム時間を守ること、これは強化されたなと実感しています。
自分で管理する気持ち良さのようなものが身についたんでしょうね。
ただ、感情面では全然ダメでした。
医者をはじめ、病院自体嫌な場所とトラウマになっているので、ぼんちゃんにはまるっきり合わなかったと思います。
というより、二次障害に近いかも?
(生活習慣などの日々のルーティーンにはもしかしたら効果があるのかもしれないですね。)
by icecream07 | 2017-01-30 15:06 | ギフテッド/2E | Comments(7)