登校やめました

いろいろ悩んだ末、ぼんちゃんは親公認の(?)不登校児となりました。
担任は一生懸命理解しようとしてくれてはいますが、やはり現段階では全くぼんちゃんと合わず、先週も教室まで辿り着けなかったぼんちゃんに、
「このままだとまた入院になっちゃうのよ。わかる?」
などと言うので、私はヒヤヒヤしていました😱
(心配しての言葉なんでしょうけれど、なぜかいつもぼんちゃんが一番言われたくない言葉を掛けてくるのです…)
また、ぼんちゃんではありませんが、ある特定の児童を罰として机ごと廊下に出して叱っているようで(既に2回も)、ぼんちゃんはそれにも恐れおののいていました。

誰にも非難されず家にいることを許されたぼんちゃんは上機嫌です。

将棋を指し、
ゲームをやり、
音楽を聴いて、
ニュースをチェックし、
散歩をし、
将棋を指し、
ゲームをやり、
huluを視聴し、

というような一日。
私は暇ながらも仕事はあるため、常に相手ができるわけではありませんが、楽しそうです。

ところで、凸支援も必要だなんて書いたわけですが、ぼんちゃんの凸って一体なんだっけ?と、悩んだ私。
そんな時にrobo君ママさんにいただいたお返事を読み、ああ!その通りなのかもしれない!と励まされました。
それは、知的探究心。
テーマに一貫性がないため、なぜこんなに興味があっちゃこっちゃいってしまうんだろう!と心配していたのですが、それだけ様々なことに刺激を受けているのだろうと思いましたし、タイミングに合わせてそれらを深く掘り下げてあげることも彼にとっては刺激になるかもしれないなと思いました。

今日は病院だったので、主治医に当分学校を休む旨を伝えました。
主治医は僕の意向とは異なると。
そこで勇気を出して、
「登校しようとすると不調になってしまうのは発達障害の問題だけでなくギフテッドでもあることによる複合的な問題なのではないでしょうか?」
と聞いてみました。
すると、主治医は
「知的に高い発達障害の子の大半はそうだよ」
と。
しかし、
「文科相からインクルーシブ教育(通常級において一人一人のニーズに合わせた教育)の通達が出たばかりだから、僕は専門家もいないのにそれは不可能だろうと思っているけど、なんとか今の学校とうまくやっていかないとこの先も通えなくなるんじゃない?」
というようなことを仰っていました。
なんだか矛盾しているような気がしますが😓
とりあえず主治医も「校長含め指導法が良くないから教育委員会に言いなよ」と言っていましたが、いきなりこんな話をしても理解されるわけがないので、少しずつお話していこうかなと思っているところです。

[PR]
Commented by suzu62taha88 at 2017-01-18 01:51
子供がからだをこわすほど辛いことなら、そこから避難することは最善の策だと思います。
ここで医師の意向というのは的外れではないでしょうかね。

担任の先生はもう少し、言われるものの身になって考えないといけませんね。

ぼんちゃんは、興味を持つことが大人っぽいです。
他の子が知らないような知識をぼんちゃんはどれだけ知っているのかわからないほどですよね。
知りたい欲求を満たしていこうとすることは何よりの特技ですね。

職業に結びつく特技とそうじゃない特技って考えがちですが、実は、そんな決まりはどこにもなくて、好きなことを思う存分突き詰めていたら世界の権威になっていたなんてこともありますしね。
特技は好きなこと。
ぼんちゃんは得意の宝庫ですね。

Commented by robo223 at 2017-01-18 09:15
ぼんちゃんは深く思考することが凸だと思うのですが、同時にそれが彼を苦しめてもいると思うのです。そのあたりの事情は先生も医者もなかなか理解できないと思います。

ですから、理解してもらうのを待つ前に、親が先に動き出したということの成果は、長い目で見れば大きいと思います。

ギフテッドの人の特徴の一つに「広く強い好奇心」というものがあるようです。まさに、ぼんちゃんではないでしょうか。思考力や探求心に磨きを掛けることは、得意を伸ばすことであり、活力を生み出すことだと思います。

roboもその時々によって興味の対象が違っていたので、私はそれが全く生産性のないことでも全力で応援してきました。常にロボットへの気持ちはありながら、ブームがあって、恐竜だったり、歴史だったり、生き物だったり、ガンダムのプラモデルだったりするんです。例えば、恐竜の時は、あっちこっちの博物館に出かけて行ったり、図鑑を集めたり図書館で何冊も何冊も借りてきたりしていました。ガンダムだって、ガンダムフロントに何回行ったことか。

roboは主治医に、将来大学院に行かせて、企業の研究所でロボットを作るといいのでは、と言っていただきました。そうなるのは、かなり難しいと思いますが、一見無意味に思える、知的探求心への刺激が将来につながっていくのではないかと思っています。

また、親がこの子なら絶対できる!と信じることが大事なようです。プレッシャーを掛けるのではなく、子供はどの子も心の底で親の期待に応えたい、喜ばせたいという気持ちがあるので、親があきらめずに信じていれば、それをそれとなく感じて、モチベーションを高められるようなのです。

だから、まず、ぼんちゃんママさんがぼんちゃんの素晴らしい力を誇りに思って、堂々として、今に見てろよ、くらいに心の底で感じていれば、ぼんちゃんにじわじわ伝わると思います。勉強しなさい、とガミガミ言うより、長い目でみると、よっぽど効果的だと私は考えています。

あとは、塾に行って基礎学力は最低限身に付け、音楽を通して、友達との交流の場を持つということを続けていれば、今はいいと思うのです。

将棋も頭の体操にいいと思います。ラジオ体操でも散歩でもいいから体を動かすことができれば、パーフェクトです。いざ、何かをしようと思った時に体力が物を言いますので。
Commented by robo223 at 2017-01-18 09:22
それから、私の言葉なんかを参考にしていただき、ありがとうございます。私はすごくおせっかいで、よそ様のお子さんまで、勝手に自分の子のような気持ちになって熱くなってしまうところがあるんです。悪いクセです💦
Commented by popo at 2017-01-19 11:36 x
その担任嫌だなあ。
息子さんの気持ちになったら、とてもザワザワしちゃうかも。
その担任と離してあげただけでも、お母さん立派なお仕事を
なさったのでは。

ううん、主治医もなんだかなあ。
(気にさわったら御免なさい)
息子さんのいいところを見てくれて、サポートしてくれるお医者様と出会えると良いですね。

ゲームなどの間に、ニュースや散歩が入っているのが素敵です。心の中に、ちゃんと力があるのが分かります。
少し休んだら何か自分で始めるかもしれませんね。
Commented by 大人2E at 2017-01-20 15:43 x
お久しぶりです。
色々進展?してますね。

教室に辿り着けない段階で親公認の不登校になれて良かったです。
このまま登校を続けたら、玄関→門の前→校舎が見える道→通学路…とどんどん学校から遠ざかって拒絶反応する場所が増えていたと思います…。そして吐き気や腹痛、呼吸が苦しいなどの身体症状も出てきて、道を見ただけでパニックになったり、トラウマになって通学路を歩くことさえ出来なくなってしまう可能性も。僕のことです(苦笑)

同世代の子と関わりつつ凸の部分を伸ばせる場所は将棋教室ですかね。プロ棋士の方達は凹凸の激しい逸話が沢山ありますし(笑)
似たような子達が学校より集まっていて、指導者も慣れている若しくは当事者で凹凸どちらもサポート出来るんじゃないかなーと思います。
それから、早稲田大学のオープンカレッジは年齢も学歴も不問です。種類が少ないですがe-ラーニング講座もあります。他の大学も探せば年齢不問のところがあるかもしれません。
博物館や美術館もHPを見るとひっそりと公開講座を開催していたりします。
いつもあれは?これは?と紹介してしまってすみません💦
Commented by icecream07 at 2017-01-20 16:17
りかこさん

当分お休みになったぼんちゃんはストレスもなくなり元気になりました!
主治医がなぜ頑なにぼんちゃんにフィットしない教育システムに押し込もうとするのか理解できませんでしたが、主治医の考えよりまずはぼんちゃんです。

私は長いことぼんちゃんの幅広い知識とそれらについての考察、そして感情の動きなどを見てきて、必ずしも勉強に直結しないことも多く(そちらの方が多い)、不安になることもしばしばでした。
とはいえ、話していると思わぬところで知識を披露してくれるので楽しいのも事実。
彼にとって世界は刺激に満ちているんだろうな…と思います!
ぼんちゃんの探究心を大切にしてあげたいですし、望むならば体験学習もたくさんさせてあげたいです。
Commented by icecream07 at 2017-01-20 16:49
robo君ママさん

ああ、ぼんちゃんのことを的確に捉えてくださってありがとうございます。
まさに、深く思考することが彼の凸であり、心に大きく影響する部分でもあるのです。
でもまだ10才、なかなかうまく伝えられなくて赤ちゃんのように泣いてしまうこともたくさんあるんですが、ポツリとこぼす言葉が鋭いので、よく見ているし考えているんだなとそのたびに思います。

robo君もベースにロボットがありながら、様々なことに興味を持ってきたのですね。
私はそこが最大の心配事で(これも見方ひとつで変わることだと思いました)、小さな頃から生き物が好きなのは変わらず、危険生物や未確認生物、なぜかギリシャ神話、歴史、料理、パンクロック、と全く一貫性がありません。
不安になりながらも、私もぼんちゃんが楽しいなら!と、あちこち連れて回ったり、一緒に楽しんだりしてきました。
こんなにたくさんの事に興味を持っているのに勉強が嫌いって…なぜ!?と、頭を抱えてしまったりして。
いろいろとわかった今、仰る通りガミガミ言うのはぼんちゃんにはNGだと悟り(遅いかしら(^^;;)、基礎学力は塾で、頑張れそうなら五文字一問方式で!身につけていけばいいかな?と思ってます。

おせっかいなんて、とんでもないです。
ありがとうございます(*^^*)
Commented by icecream07 at 2017-01-20 17:04
popoさん

担任とは最初から合わなくて、今でも私は指導法としてどうなんだろう?と思っています。
3年生まで(たびたび休むことはありましたが)授業で積極的に発表をしてきたぼんちゃんが授業中小さくなって目立たないようにしていると先日聞いて、学校へ行くのをやめたのは正解だったなと思ったところです。

主治医とお仲間は、明らかに学校に対し不適応を起こしているギフテッドの子供たちを発達障害(2E)と括って、的外れな療育や既存の教育システムに押し込もうとしている部分が疑問でした。
もちろんぼんちゃんのように障害を抱える子供もいたのですが、その境目がないというか。
大学病院でしたし、全国から問い合わせが来るのだそうですよ>_<
これ以上犠牲となる子供が出ないことを祈るばかりです。

今はのんびりキン肉マンにハマっているぼんちゃんです。
将棋も上達してきました。
Commented by icecream07 at 2017-01-20 18:02
大人2Eさん

なんと!>_<
そんなつらい思いをされてきたのですね。
私はぼんちゃんのために何をしてあげたら良いのかわからないまま(と言いますか、悩み続け)、少しずつ通えるようになればいいか…と思っていたのですが、体を壊してまで行く場所じゃない!と、ようやく決断できました。
でも、それを決めるのは簡単なことではないのですね。
周囲の目線、学校や病院からのプレッシャー、様々なことを考えると、自分たちの決断が誤っているのでは?という不安にもなるため(幸い今はインターネットで情報収集ができるので、大丈夫!と思っていますが)大人2Eさんはそんな大人たちの犠牲となってしまったことが残念でなりません。

ぼんちゃんへのアドバイスもありがとうございます!
ああっ、私ったら年末年始のドタバタからの再不登校で、ご紹介いただいたアプリもまだ試していなかった!
ぼんちゃんとの時間もたっぷりできたので、試してみます。
また、将棋も今はオンライン対局のみですが、実際戦ってみるのも良いですよね。
入院中対局を楽しんだりしていたようなのですが、皆手強かったようです。
オープンカレッジも魅力的。
以前そんな話をしたことがあり(今50代で大学生となった知り合いがいるんですが、その方が誘ってくれました)、ぼんちゃんは目をキラキラさせて「大学生の中に小学生が混じってもいいのかな?」と言っていました。
興味ありそうなものがありましたら、いろいろと連れ出してあげようと思います。
Commented by 大人2E at 2017-01-22 23:17 x
実を言うと、初コメの時からぼんちゃんは不登校になると気付いていました。文章で分かりました(スピリチュアルではないですよ!w)。
以前から、知的好奇心が強い子供に学校の授業ではやらないようなお題を出したり興味を持ちそうなテーマを載せるサイトを作りたい!という妄想をしていました。本当に作ろうかと思います。のろまなので何時になるか分かりませんが…。
不登校でも周りと考え方や興味が違っても精神年齢が高くても、抑圧されない子供時代を過ごし、退屈ではない学び方をし、本来の自分のまま生きていってほしいです。
皆が辛い思いをしない社会になっていきますように。心から願っています。
Commented by icecream07 at 2017-01-24 10:19
大人2Eさん

やはり当事者にしかわからないつらさがあるのでしょうね。
私はそうは言っても乗り越えなければ(=図太さを学んでいかねば)ならないことなのかもしれない…と逡巡していたのですが、まだその素地もできあがっていないのに無理というものですよね。

サイト楽しみにしています!
安心して遊びながら学べるサイトは良いですよね。
どんなサイトになるのか楽しみです(^^)
ぼんちゃんは今マイクラで私の家を作ってくれているのですが、予想していたものとは全く違うものができあがりそうで楽しみ!
大人2Eさんのサイトもそんなイメージです。

>本来の自分のまま生きていってほしい
本当にその通りです。
自分を恥じないで、萎縮しないで、自由に生きて欲しいです。
by icecream07 | 2017-01-17 20:19 | 登校-不登校 | Comments(11)