何よりの言葉

今日はお蕎麦を食べに行きました。
ぼんちゃんは迷いに迷い、鴨せいろと出汁巻きを注文。
これに熱燗をつけても不自然ではありませんでした(笑)
あーおじさんみたいで面白い。

***

ぼんちゃんは勉強(特に算数)が嫌いですが、昨日
「無理して筆算を書かなくても、答えがわかったらそれでいいよ」
と言ってみたところ、嬉しかったようで、算数のお話を初めてしてくれました。
ぼんちゃんは面積の問題が好きなのだそう。
ちょっと変わった形のものや、スイスの国旗のようにクロスにくり抜かれている部分を除いた面積を求めるのが楽しいと。
これは、f君のお母さんに感謝せねば。
そういったこと(筆算を用いず頭で計算をする)は一つの能力であるとf君のお母さんが言ってくれたよ、というのが嬉しかったのでしょう。
あと、数学脳かもよ?という言葉。
算数が楽しいなんて、初めて聞きました。
単純なのかしら?笑
いや、モチベーションが上がったのでしょうね、きっと!

ぼんちゃんはダイヤモンドの原石のようで(というのは、多くの親御さんがお子さんに対し思っていることかもしれません)、なんとなくキラリと輝くものを持っているような気がしてきたのですが、それは私が無意識にぼんちゃんに期待しているがための幻想かも?と何度も自問してきました。
(今でもそう思ってはいるのですが。)

図形の問題は通級指導の先生から理解ができるか心配と言われてきた単元だったため、私は「楽しい」という言葉をぼんちゃんから聞くことができて本当に嬉しく思いました。

しかし、↑のように、ぼんちゃんは何ができて何ができないのか、本当にわかりづらいです。
といいますか、学校の学習でできないことは漢字・ローマ字くらいで、よくよく考えると(どっぷりゲーム&YouTubeにばかり浸っているわりに)できているのに全体的にできない印象になっているのは書字及び文章が壊滅的なのと、話が通じにくい時があるからでしょうか。

モチベーションを低下させているのは、知らず識らず既存の学習方法にとらわれている私たち親の責任かもしれません。

ぼんちゃんがぼんちゃんらしく楽しく学習できたらいいな…と思います。
(ところで、今日の宿題は”割り算の筆算”でした。もうやり方覚えたからいいよ、と、マス目に沿って式を書いていくぼんちゃん。通級指導の先生からやり方を教わったのだそうです)













[PR]
Commented by mathdragon at 2016-12-01 08:42
面積の問題を求めるのが楽しいと思うぼんちゃんは、決して算数が嫌いというわけではないと思いますよ〜。
筆算を書きたくないのも、頭の中でわかっているからその必要性を感じないのだと思うし、(∫もそうでした。面倒臭かったみたい。笑)∫もだけど、多分、ぼんちゃんも算数の”計算”の部分よりも”概念”の方に興味があるんではないかと思います。
確かに筆算は内容が難しくなったら後々、必要?役に立つ?かもしれないですが、今の時点で無理強いしてしまって算数嫌いになってしまうと逆効果だと思いますしねぇ。
今はぼんちゃんの、”問題を解くのが楽しい”という気持ちを大切にしてあげてたいですよね。教育者、指導者の方達にもそれを理解して欲しいです。
Commented by suzu62taha88 at 2016-12-01 09:24
鴨せいろと出汁巻きですかぁ。
旨味の分かるお子ちゃま、うん、大人ですねぇ。

ぼんちゃんのことを理解出来る人はたくさんいますよ。
脳内黒板のお話の後、「うちの子もそうです。」というお話をたくさんいただきました。
嬉しいです。😊

ぼんちゃんは、本質がわかっているから頭の中でできるんじゃないかと思います。
単なるパターン化した解き方だけができてもつまらないです。
「だからなに?」という疑問が湧きます。

くどい話をして申し訳ないのですが。↓
例えば私のことで恐縮ですが
微積の公式に数値を当てはめて解いていた時に、「どんな意味があってこんなことするの?」と思いました。
そして、図を書いたてみて、このあいだの面積で、変化の値らしいと思ったところから本来の意味を知りました。

私のような普通の人は回りくどく到達するところ、
頭の中の黒板で組み立ててしまう人たちは、
こういう本来の意味を、手始めに理解出来てしまう能力があるのだと思います。
意味がわからなきゃ頭の中で構築できないですもの。

お勉強が楽しいという気持ちを大事にしたいですね。

お母さまからの
形にこだわらずできればいいのよ
というエールは何より安心できる言葉だったと思います。
やりたいようにやってみようと、意欲が湧いたら最高ですね。
Commented by icecream07 at 2016-12-01 22:06
あーちゃんママさん

ありがとうございます。
計算より概念!
小学1年から3年くらいまでは延々計算問題が続くので、つまらなかったみたいです。
割り算の筆算が理解できなかった時に泣いてしまったので、こんな簡単なことができないだなんて…と思っていた私😱
ああ、かわいそうなことをしてしまいました。
あーちゃんママさんとお知り合いになっていろいろ教えていただいたと思っていたのに、独自の計算方法で計算していた我が子を全然理解できてませんでした。
今はぼんちゃんの楽しいという気持ちを大切に、先生にも理解していただけるように伝えたいと思います。



Commented by icecream07 at 2016-12-01 22:56
りかこさん

りかこさんのお言葉をぼんちゃんに伝えたら、とても喜んでいました。
だから、初めて算数の話をしてくれたんだと思います。
今まで毛嫌いしていましたから…
私は自分が全く算数も数学もできないため(このままではマズイと中1数学の問題集を買ったほど。とほほ)ぼんちゃんの考え方が全くわかりませんでした。
掛け算の時も筆算を書きたくないためだけに無理やり頭で計算しているんだろうと思ってしまって😢
ちゃんと式を書いて解きなさいと言っていたのを思い出しました。
脳内黒板のお話を伺い、やっとぼんちゃんが理解していなかったわけではなかったんだと知り…今衝撃を受けています。
家庭では私に限界があるため^_^;、塾の先生にお任せしようと思っています。
楽しい気持ちを忘れないで欲しいなぁ。
ぼんちゃん、本当に嬉しかったみたいです(^^)
ありがとうございました。

※出汁巻きはいろんなお店で食べ比べをして、自分で最高の出汁巻きを作りたいんだそうです(笑)面白い子(^^;;






by icecream07 | 2016-11-30 22:03 | ぼんちゃんの学習 | Comments(4)