+学習障害の2E

2Eの、主に学習障害の子供たちについてわかりやすく書かれたものってないかな?と思い、ポチポチ検索してみました。
2000年に書かれた論文(?)なので、もしかしたら古いかもしれないのですが、特徴など箇条書きで書かれた箇所もあり、比較的わかりやすいように思いましたのでご紹介します。
Sarah Macfalaneさんという、現在はニュージーランドのマッセー大学(Massey University)にて准教授である方が院生時代に書かれたものです。(多分)

Gifted children with learning disabilities:A paradox for parents

こちら。
(リンクが貼れずすみません。検索してみて下さい。)

How can they seem to learn some things with no apparent effort, and yet in other areas of
learning experience so much difficulty? As noted by Sturgess (1997, p. 3): "Amazing and
creative achievements can pale into insignificance if the student is unable to remember what
was assigned for homework or where a math book was left. Understandably, parents,
teachers, and the students themselves wonder how they could be so capable when it comes to
higher level thinking and abstract concepts, and yet so incapable when they are required to
organise a written product, sequence ideas, and pay attention to detail."


というのは、常々…というには言い過ぎですが、時折ぼんちゃんに感じることです。
で、実際いろいろと悩み困惑するわけです。
ぼんちゃんには申し訳ないけれど、凹ばかり気になってしまい(やっぱり私の色眼鏡かも…)と、思う時もしばしば。
たまに深い知識や鋭い分析等をぼんちゃんから聞くと、一体どうやって学び取ったんだろう?と不思議になります。
※本当に英語は念力042.gifで読んでる節があるので、意味がズレていたらご指摘を!

GCLD(gifted child with learning disabilities)の特徴は箇条書きになっており、その中で幾つかなるほどと思ったのですが、特にこちら。

Inconsistencies in reading ability: either good comprehension but poor reading skills,
or good reading skills but poor comprehension

これは”読解力は高いが読字スキルは低い、またはその逆”という感じでしょうか。


私が悩んだのは、たとえば問題集でも国語のテストでも読解はよくできていて、読めているはずなのに、なぜか厚い本を開こうとせず、いつまでも読み聞かせをお願いされたからです。
それよりも書字の方が顕著にその凹が表れていたため、最初は気づかなかったのですよね。

先にも書きましたが、私は自身の英語力があやしいため翻訳ができず残念なのですが、学習障害でありながら何かきらりと光るものを感じると思われる方は、検索してみて下さい。
何か参考になる箇所があるかも?


にほんブログ村 子育てブログ 2Eチャイルド育児へ
にほんブログ村












[PR]
by icecream07 | 2016-09-06 23:16 | ディスレクシア